オフィシャルブログ

千島学説(5)癌も血液から作られ、血液に戻る

今までご紹介して来た、千島学説の、第一原理から第五原理によれば、
現在の癌についての認識も大きく転換します。
癌細胞も他の細胞と同様に、血液から作られ、血液に戻ります
癌は突然変異で出来る訳ではなく、生命維持システムが自ら作るのです。
ですから、自分自身でコントロールできる範囲のものなのです。

癌が出来たら感謝しなければいけません。
もし癌が出来なかったら、血液が汚れすぎて死んでしまったかもしれません。
血液の汚れをきれいにする為に、癌が汚れの中間貯蔵庫として作られるのです。
私たちの体は、生命維持システムによって、常に守られているのです。
生命維持システムに感謝しましょう。

癌細胞は無限に分裂を繰り返すと言うのは間違いです。
生命維持システムが、汚れた血液から癌細胞を一つひとつ作り出します。
また、癌は転移する事もありません。最初からそこにゼロから作られます。
癌がいくつも出来るのは、それだけ血液の汚れがひどい証拠です。
あくまでも、自分の生命維持システムが、癌を作っているのです。

癌は血液の汚れの中間貯蔵庫です。血液中の汚れの排出が間に合わず、
肝臓などへの貯蔵も限界になると、仕方なく癌を作ってその中に汚れを貯蔵します。
でも、癌は決して最終処分場ではありません。
血液の汚れがなくなると、逆に癌が血液に戻り、体はその中にあった汚れを処分できます。

汚れを周りから隔離している中間貯蔵庫は、決して壊してはいけません。
メスで切っても、放射線を当てたり、抗がん剤で破壊してもいけません。
現在の癌の3大療法は、いずれも間違いです。
治すどころか、逆に寿命を縮めます。
癌を治すのは、あくまでも自分自身です。

癌を小さくするには、血液をきれいにする事です。
血液は小腸で造られますから、まず、食べる物を見直す事です。
そして、腸内細菌のバランスを正す事が大切です。
さらに、心も血液を汚しますので、エゴやネガティブな感情とは縁を切る事です。
血液がきれいになれば、癌は自然に消えてゆきます。
癌も、他の病気と同じように、自分自身の過去の生活を見直すきっかけとして
前向きにとらえていきましょう。