• すこやかの庄
  • すこやかの庄
  • すこやかの庄
  • すこやかの庄
  • すこやかの庄

放射能による健康被害を、未然に防ぐ事ができるんですね!

生命の神秘を解き明かす、“バイオフォトン”とは?

今から約40年前、ヨーロッパの科学者によって、細胞が発する光:バイオフォトン の特性と、生体内での役割が突き止められました。その後の研究により、バイオフォトンは、細胞と細胞との間の情報交換の仲立ちをすると同時に、生体内での生化学反応をコントロールしていると考えられています。現代医学で一般的に行われている血液・細胞検査などに代わり、バイオフォトンの情報を読み取り修正して行く事で、容易に病気の予防が可能になってきました。
クリンクハルト博士の五層体療法(バイオフォトン)のブログ記事参照

病気を治療するバイオフォトン
病気を治療するスターライト

バイオフォトンの理論を応用した治療器機“スターライト”

「スターライト」は、オランダの生化学者・ホメオパシー医師・鍼灸師のヨハン・ボスウィンクル博士により開発された、生体内で最も精微なエネルギーであるバイオフォトンを、光量子共鳴を利用して測定し、かつ修正する、先進の波動機器です。安全で有効性が高いことから、アメリカFDA認定機器、ニュージーランドエイズFoundation認定治療機器、冬季オリンピックスイスナショナルチーム専用治療器、世界最大の製薬会社チバガイギースイスの実験機器として、ヨーロッパ諸国はじめ世界各国で治療機器として使用されています。

エネルギーセラピーを総動員して、放射能による健康被害を予防・治療していきます

放射能による健康被害が、この先あるのかないのか? 専門家の意見は分かれていますが、予防医学の立場からすれば、ある事を前提に防御してゆく必要があると考えました。そこで、2012年6月から、「QOL回復セラピー」を始めました。まず、体内に蓄積した37種の放射性元素を排出するのには、ドイツ振動医学の「レヨメータ」と言う治療機器を用いています。60を超える病気の芽を摘み取るには、「スターライト」を用いています。また、新たな被曝から体を守るために、インドのサンジーヴィニ財団のヒーリングも用いています。まさにエネルギーセラピーを総動員したセラピーになりました。

●37種の放射性元素を体から排出する ●震災瓦礫焼却で飛散した有害物質を排出する
●エネルギー体に出た60種の病気の芽を摘み取る ●新たに放射性元素を取込まない

※原発事故から1年半が経過した頃から、「QOL回復セラピー」で摘み取る病気の芽の数が急激に増え始めました。セラピーを始めた頃は、4つだったものが、現在は60を超えています。ちょうど同じ時期に、震災瓦礫の焼却が全国各地で始まり、それによる病気の芽が出てきたのも、増えてきた要因と考えられます。そして、すでに誰もが、病気のデパート予備軍となってしまいました。

アレルギー総合セラピー
アレルギー総合セラピー「QOL回復セラピー」をやっていて、放射能の影響を強く受けておられる方に、アレルギー体質の人が多いのに気が付きました。 アレルギーは、外敵から身体を防御し、生命を維持する為の最も基本的な働きで、その情報は遺伝子に記憶されています。 その情報の誤りが積み重なるとあらゆる病気に進展する可能性があります。実は、放射能の被曝により、アレルギーの情報の誤りを引き起こします。アレルギー性疾患をお持ちの方はもちろん、全ての方にお勧めします。

QOL回復セラピー

体の中に蓄積されている放射性元素の排出を促進し、エネルギー体に出た病気の芽を摘み取ります。同時に、オーラを強化して放射線被ばくからの影響を受けにくくし、ます。

スターライトセラピー

「スターライト」という波動器機を用い、体のアンバランスの原因である、エネルギー体のアンバランスを読み取り、修正します。すこやかの庄における中心的なセラピーです。

フラワーエッセンス

花のもつそれぞれのエネルギー(波動)を水に転写して作られたフラワーエッセンスで心のアンバランスを解消します。ミニボトルの形でお送りします。

ミッション占い

ご自分のお名前の音を数値に変換し、その合計数値「ソウルナンバー」から、人生の目的や使命を読み解いていきます。

ページの先頭へ戻る