ホーム>掲載記事

掲載記事

注目企業.com の取材を受けました。

top_title.jpg

 

PROFILE
50歳のとき、32年勤めた会社を退職。もともと健康に関する分野に興味があったことからセラピストを志す。仕事が軌道に乗るまでは何度も寄り道を経験。福島県内のホテルで勤務中、東日本大震災が発生。その後1年ほどホテルの仕事を続ける中で体調不良を感じたが、放射線被ばくの負荷を解消するセラピーにより体調が改善する。その体験を機に、セラピストとして活動してゆく覚悟を決め、放射能の健康被害撲滅に専念。

 

COMPANY DATA

すこやかの庄
住所 〒183-0012
東京都府中市押立町2-1-1 車返団地1-8-503
URL http://www.taikosui.com/

 


石黒 「すこやかの庄」の開業当初は軌道に乗らず、苦労されていたそうですね。

taidan_pic.jpg山田 ええ、警備の仕事や、友人の会社の事務を手伝っていたこともあります。転機になったのは、東日本大震災でした。大震災が発生したときも福島県内のホテルで働いており、そのときの経験が今のセラピーを始める直接のきっかけになったのです。

石黒 詳しくお聞かせ頂けますか?

山田 大震災後1年が経過した時、妙に体が重く、腰痛にも苛まれるようになりました。ただの疲労かと思いきや、念のため「スターライト」という波動機器で体を調べてみると、放射線被ばくによる影響を受けていることが分かったのです。そこで、それを取り除くセラピーを行ったところ無事に回復し、その効果に感銘を受けまして。これまでの経験と学びを活かし、放射能に不安を覚えている方の役に立ちたいと思い、今のセラピーを始めた次第です。

石黒 ご自身の体の変化を実感され、使命感を持たれたのですね。現在は、主にどんなセラピーを?

山田 まずは、放射能被ばくによって低下した生活の質を回復する“QOL回復セラピー”を行っています。これは、体の中に蓄積されている放射性元素及び有害化学物質を体外へ排出すると同時に、放射能によって生じた癌などの病気の“芽”を摘み取るものです。驚くことに、体内から放射性元素がなくなるだけで心も体も一気に軽くなります。このQOL回復セラピーを行う中で、何らかのアレルギーをお持ちの方ほど、より強く放射能の影響を受けていることが分かってきたので、アレルギー自体を除去する“アレルギー総合セラピー”を1年後に始めました。このセラピーには、基本栄養素、慢性病基本、症状別減感作の3つのコースがあります。

石黒 私も子どもがいるので、アレルギーには関心があります。最近は学校でも食物アレルギーの問題が注目されているようですね。

山田 お母様とお子様にご一緒にセラピーを受けて頂くこともありますが、お母様のアレルギーがそのままお子様に引き継がれているケースが多いようです。アレルギーを持ったお子様の数は年々増える傾向にあるようですが、それはアレルギーが自然に消えることは無く、世代をまたいで蓄積される一方であるためだと思われます。“アレルギー総合セラピー”は、世代をわたって蓄積されたアレルギーのリセットを目指しています。

石黒 そして、これらのセラピーは遠隔で対応されていると伺いました。

山田 はい。セラピーは、被災地をはじめ日本全国の方に受けて頂きたいですからね。遠隔ともなると半信半疑の方もいらっしゃるかと思いますが、セラピーをお申し込み頂くお客様は圧倒的にお母様が多いんです。しかしその後、効果を実感してご家族全員で受けて頂くケースがほとんどです。
 1人でやれることには限界がありますので、当面は同じ志を持った仲間を探したいと思っています。そして今後も多くの方、特に次世代を生きる子どもたちのために、私にできることからお力になれたら何より嬉しく思います。

ishiguro.jpg

GUEST COMMENT

石黒 彩

アレルギーというと花粉症や食物アレルギーなどが思い浮かぶのですが、山田さん曰く慢性病や老化現象もアレルギーの蓄積が原因だと考えられているのだとか。私も子どもが産まれてから、食べ物など色々な部分で気を配るようになりましたので、山田さんの取り組みはとても興味深かったです。

 

<2015年8月掲載>

ページの先頭へ戻る