塩の豆知識

日本人は古くから塩を重視

人間の生命を維持する為に必要な食材と言えば、まず「水」ですが、水の次にあげるとしたら「塩」かもしれません。日本人の食生活では古くから塩が重要視されていて、醤油や味噌といった調味料をはじめとして身近な食材の多くに使用されています。こちらでは、人間の体と塩の関係に注目しています。

命をつなぐ「塩」

日本人が昔から口にしてきた塩は、おそらく海水塩だと思います。太古、海で誕生した生物が、後に地上に上がった時に、海の環境を体内に模倣したと考えられる事から、それは理にかなった事だと言えます。

これに対して、純度99%のNaCl(精製塩)では、海の環境を体内に作り出すことは出来ません。
近年言われている、塩の摂り過ぎによる害は、この「精製塩」の摂りすぎの事を指していると思われます。
同じ「塩」と名のつくものでも、命をつなぐ塩と、命を縮める塩があるのです。
塩分は、精製塩ではなく、味噌や醤油などの発酵食品から摂取するのが理想的です。

人間の体に果たす役割

人体に対する塩の働きをまとめると、次のようになります。(一倉定著「生食と人体」より)

A)細胞の新陳代謝を活発にする
食べ物の消化・吸収をうながす/栄養分を細胞へ供給する/老廃物を細胞から取り去る/不要物を体外へ排出する
B)体内の有毒物質を解毒する
C)熱を発生させる
D)筋肉を強くする

何となく体調がすぐれない、元気が出ないなどの場合は塩不足か、塩を薄める食品を多くとっていないかを考えてみた方がよさそうです。体のたるみ、低体温、手足の冷え、便秘、貧血は、すべて塩が不足すると起こるそうです。

塩に結びついたアレルギー

塩は体の中で、フル回転で働き続けていますので、どうしてもアレルギーを生みやすいようです。
慢性病アレルギーの種類の中に、「塩に結びついたアレルギー」がありますが、それらのアレルギーは上記の塩の働きを阻害します。具体的に阻害される働きは、アレルゲンの組み合わせによって、以下の6つに分類できます。

(1) 酸/アルカリのバランス
(2) オーラの強さ
(3) 免疫力
(4) 自然治癒力
(5) 毒素排出力
(6) 生命力

これらの「塩に結びついたアレルギー」があると、体は塩不足の時と同じ状態になり、元気が出なくなります。多くの人は、このアレルギーにより、たとえ塩分の摂取が十分でも、体は塩不足の状態になっている事が多いのです。
例えば、多くの方は健康の為には体を弱アルカリ性に保つ事が重要だと理解していると思いますが、塩に結びついたアレルギーの為に、体を弱アルカリ性に保つ塩の働きが阻害され、体を酸性に傾けてしまうのです。
酸性に傾いた体は食生活を変えてもなかなか改善できませんが、塩に結びついたアレルギーを減感作してやるとすぐに改善します。

すこやかの庄でも、アレルギーの治し方をお探しの方や放射能が心配という方からのご相談を承っています。
根本的な原因を知りたい方などは、お気軽にお問い合わせください。


「コラム・掲載記事」のメニューに戻るにはこちら