オフィシャルブログ

今の時代、取り越し苦労は、ほどほどに!(アレルギー総合セラピー)

前の記事では、「アレルゲンに付帯している感情」について書きましたが、
今回は、アレルギーの本質を表す「取り越し苦労」について書きます。

アレルギーは、遺伝子の中のアレルギースイッチを誤って「ON」に書き換えてしまう事から生まれ、
アレルギースイッチが「ON」になっている、物質、事柄、感情などを、全てアレルゲンと呼びます。
アレルギーを根治するには、遺伝子のアレルギースイッチを「OFF」に書き換えてやりますが、
その事を「減感作」と言っています。

「アレルギー総合セラピー」で、減感作の対象となる項目は約80ほどありますが、
このあいだ、すべてのアレルゲンに付帯している事柄を見つけました。

それは、「取り越し苦労」というものでした。
つまり、全てのアレルゲンに、「取り越し苦労」と言う事柄が付帯していたのです。
と言う事は、この「取り越し苦労」こそ、アレルギーの本質を表した事柄に違いありません。

「取り越し苦労」とは、
「どうなるか わからないことをあれこれ心配すること。杞憂(きゆう)。」
と辞書にあります。

でも、考えてみれば、これは人間に限らず、全ての生命体に備わっれいる
「自己防衛本能」の働きそのものです。
身の危険を察知したら、危険には近づかないようにする、と言うのは、
生命体が身を守る為の最低限の知恵です。

初めて出くわした物が、危険なのか安全なのか分からないので、とりあえず、
危険なものとして、遺伝子の中のアレルギースイッチを「ON」に書き換える、
と言うのも、「取り越し苦労」と言う、自己防衛本能の働きと考えられます。

おそらく、100年位前までは、それで全然問題なかったと思うのですが、
この100年の間に、人間が新しく作り出したものが膨大になり過ぎました。
初めて出くわした物全て、遺伝子の中のアレルギースイッチを「ON」に書き
換えたら、身の周りが危険なものに埋め尽くされ、ついに生活できる場所が
なくなってしまいました。

それで、困った、困った、と言っているのが現在の状態です。
ではいったい、どうすればいいでしょうか?

一旦、遺伝子の中のアレルギースイッチが「ON」になっているものを、
クリアして「OFF」にしてやるしかありません。
とは言っても、全てを減感作する訳にはいきませんので、
「アレルギー総合セラピー」では、当面、生活に支障が出ない範囲まで
減感作を行っています。


余談ですが、10年程前に聞いた、日本超科学会の橋本健理学博士の、
「運を好転させる方法」を語っている、インスピレーションテープでは、
「取り越し苦労」は諸悪の根源だと強調されていました。

日本超科学会の橋本健 理学博士
http://www.alphacoil.com/index.htm

今の時代、「取り越し苦労」は、ほどほどにするのがいいようです。


「アレルギー総合セラピー」のお申込みは、
まず「QOL回復セラピー」に申込み、
通信欄に「アレルギー総合セラピーモニタ希望」とお書き下さい。