オフィシャルブログ

こんなに簡単にアレルギーが治ってしまったら逆に困るかな?

「QOL回復セラピー」を始めてから、そろそろ1年。
その間は、まさにびっくりするような気づきの連続でした。
そして最近は、アレルギーについて探求して来た結果、人の免疫システムの成長過程が見えて来たような気がします。

スターライトセラピーで、アレルギーの有無を判定するツボがあります。
スターライトのカップの中にアレルゲンを入れて、このツボを測定した時に、
そのアレルゲンに対しアレルギーがあれば、測定の音が落ちます。
花粉症の原因になる花粉の種類を特定する時などによく使います。

しかし、このツボで確認できるのが、アレルギーの有無だけではない事に最近気が付きました。
それは、本来、身体に必要でない物質は、免疫力によって体外に排出されるはずなのですが、
全く初めて身体に入って来た物質は、身体がどう処理すべきか分からずに、
本来必要ないものでも、一時棚上げされて身体に蓄積されているようなのです。
その、一時棚上げされているかどうかを、このツボで確認する事が出来るのです。

たとえば、放射能で見ると、原発事故で放出されたような人工放射能は、
ほとんどが、一時棚上げされた状態になっている事が分かりました。
「人工放射能は、自然放射能と違って、自然排出されない。」と言われているのは、
そのせいなのかと納得がいきました。

ところが、これはスターライトでアレルギーセラピーを行う事によって、
免疫システムが身体に必要ないものだと学習して、せっせと排出してくれるようになるようです。
たとえて言えば、現在の放射線廃棄物の状態と同じで、今は、最終処分地や中間保管地が決まって
いないために、除染で出た破棄物の行き場がない状態ですが、これが、最終処分地が決まり、
中間保管地も決まってくれば、廃棄物が片付くと言う訳です。

つまり、スターライトのアレルギーセラピーは、
免疫システムに最終処分場までの道筋を付けると言う役割を果たしてくれるのです。
これによって、自然排出されないと考えられていた人工放射能が、免疫の力によって
排出されるようになれば、内部被曝の軽減につながり、健康被害に対する不安も軽減されると思われます。

あと、放射能と同様、「アスベスト」「ダイオキシン」「黄砂」「PM2.5」なども、軒並み、一時棚上げされた状態になっていました。
そして、同じくスターライトでアレルギーセラピーを行う事によって、排出が促進されるようになるようです。

ご存知のように、以前は「ダイオキシン」がなかなか排出されなくて、植物繊維の助けを借りても、
4回くらいのセラピーを必要としていたものが、アレルギーセラピーを併用する事で、
2回のセラピーで排出出来るようになりました。 すばらしい!!

となると、上記以外にも「化粧品」や「薬」「洗剤」「シャンプー」「食品添加物」などなど、
上げていったらきりが無いほど、一時棚上げされて体内に蓄積しているものがあるはずです。
体内毒素が、ある限界を超えた時に、アレルギーが発症すると言う考えに従えば、
それらが、すべて排出出来れば、今アレルギーの症状に苦しんでいる人も、
簡単にアレルギーが治ってしまうかもしれません。

でも、個人的には、そんなに簡単にアレルギーが治ってしまってはちょっと困るかなと思っています。
それは、アレルギーを通して、「いかに自然と調和した生き方をする事が大切か」に気がついて欲しいからです。
でないと、人類は近い将来滅亡してしまうかもしれません。