ホーム>耳より情報 > 日本人の2人に1人が癌になる時代を招いたのは「ワクチン」か?

日本人の2人に1人が癌になる時代を招いたのは「ワクチン」か?

■2016/11/08 日本人の2人に1人が癌になる時代を招いたのは「ワクチン」か?
今まで紹介したワクチン由来の有害物質と、培地を整理してみると以下のようになります。2つの「癌ウィルス」と、4つの「マイコプラズマ」になります。

<ワクチンに混入している有害物質> <培地>
ラウス肉腫ウィルス ニワトリ胚細胞
SV40ウィルス サル腎細胞
マイコプラズマ・ニューモニエ 感染マウス
マイコプラズマ・ファーメンタンス ヒト二倍体細胞
マイコプラズマ・ベネトランス 酵母
マイコプラズマ・ホミニス ウサギ腎細胞


これらの有害物質は、いったいどんな病気に関わっているのか? その手掛かりは、アレルギーとして結びついている遺伝子にありそうです。それぞれの有害物質に結びついてアレルギーを作っていた遺伝子は以下のようになります。


がん
ラウス肉腫ウィルス、c-myc遺伝子(がん遺伝子)
SV40ウィルス、ERCC1遺伝子(DNA修復遺伝子)
マイコプラズマ・ホミニス、(B-raf遺伝子、KIT遺伝子、TRIM28遺伝子)(がん抑制遺伝子他)

がん、認知症、他
マイコプラズマ・ファーメンタンス、8つのオートファジー関連遺伝子

<疾患> <関連遺伝子> <オートファジーにおける機能>
Vici症候群 EPG5 オートファゴソームの成熟及び分解
SENDA病 WDR45 オートファゴソームの形成
クローン病 ATG16L1 オートファゴソームの形成
パーキンソン病 PARK2 マイトファージの誘導
パーキンソン病 PARK6 マイトファージの誘導
がん BECN1 オートファゴソームの形成
がん SQSTM1 オートファジーに選択的な基質

免疫システムの混乱
マイコプラズマ・ニューモニエ、(Menin遺伝子、BACH2遺伝子、Fezf2遺伝子)

先天性魚鱗癬・アトピー
マイコプラズマ・ベネトランス、(ALOXE3遺伝子、STS遺伝子、TGM1遺伝子)


これを見ると、「がん」や「認知症」など、近年急激に増加して来ている重篤な疾患の原因は実は「ワクチン」ではなかったのかと疑ってしまいます。もちろん、「ワクチン」だけが原因と言う訳ではなく、「ケムトレイル」や「黄砂」も複合的に関わっているとは思うのですが、影響の大きさから言うと、ワクチンが最も強烈と言わざるをえません。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
すこやかの庄
http://www.taikosui.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都府中市押立町2-1-1 車返団地1-8-503
TEL:090-8109-9101
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/TXE8
Twitter:http://p.tl/jaXn
mixi:http://p.tl/tF0f
アメブロ:http://p.tl/ac8R
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ページの先頭へ戻る