ホーム>耳より情報 > ムチウチ症に関わる放射能のアレルギー

ムチウチ症に関わる放射能のアレルギー

■2015/06/12 ムチウチ症に関わる放射能のアレルギー
経絡は氣の通り道として、人体の恒常性維持の為に重要な役割を果たしていると考えられますが、手術や事故などによって断裂してしまう事があります。中でも、首の部分の経絡の断裂は、いわゆる「ムチウチ症」を引き起こす原因だと考えられています。そして、2012年にQOL回復セラピーを始めた時、ほとんどの人が首の部分の経絡が断裂している、いわゆる「ムチウチ」状態になっている事がわかりました。おそらく、福島の原発事故によって日本全国にまき散らされた放射能が、人体に吸いこまれたあと甲状腺に集積し、首の部分の経絡を断裂させたものと考えられます。そこで、QOL回復セラピーでは、首の部分の経絡の断裂を修復するようにしています。

ところが、QOL回復セラピーでつなげたはずの首の経絡が、その後再び断裂してしまっている人がいました。調べてみると、それらの人はアレルギーの症状が重い方で、以下のアレルギーを持っていました。

(甲状腺、ヨウ素、セシウム)+47個の感情
(セシウム、プルトニウム、ストロンチウム)+47個の感情

QOL回復セラピーでは、放射性元素単独のアレルギーは減感作しますが、複数のアレルゲンが組み合わさったアレルギーまでは減感作していません。その為、その組み合わせのアレルギーによって再び放射能が甲状腺に集積して、首の部分の経絡を断裂させたものと思われます。

QOL回復セラピーを受ける前と受けた後で、体に蓄積した放射能の量をホールボディカウンターで測定して比べた方がいると聞きました。その方の結果を伺ってみると、QOL回復セラピー後、放射能の量は半分に減少したけれど、ゼロにはならなかったとの事でした。ゼロになっていなかったというのは私にとって少しショックでしたが、考えてみれば当然の事だとうなずけました。QOL回復セラピーでは放射性物質単独のアレルギーのみを減感作しているだけなので、もし組み合わせのアレルギーがあったならゼロにならないのは当然の事なのです。

上記のような組み合わせのアレルギーは、誰もが持っている訳ではなく、強いアレルギー体質の方のみが持っています。その為に私も今まで気づかずにいたのです。このアレルギーがある事に気が付いてから、調べてみると、どうもこのアレルギーが、他のアレルギーを覆い隠してしまっていた事も分かってきました。減感作出来るアレルギーは全て減感作したはずなのに、なかなか症状が改善しないと言う方で、この組み合わせのアレルギーを減感作した事によって、隠れていたアレルギーが見つかり、それを減感作する事によって症状の改善に結びついたケースもありました。

放射能の傷痕は、まだまだ隠れているかもしれません。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
すこやかの庄
http://www.taikosui.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都府中市押立町2-1-1 車返団地1-8-503
TEL:090-8109-9101
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/TXE8
Twitter:http://p.tl/jaXn
mixi:http://p.tl/tF0f
アメブロ:http://p.tl/ac8R
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ページの先頭へ戻る