ホーム>すこやかな日々 > 食物アレルギーとサプリメントのアレルギー

食物アレルギーとサプリメントのアレルギー

■2015/03/22 食物アレルギーとサプリメントのアレルギー
アレルギー総合セラピー:慢性病基本の中では、ある程度継続的に使用して来た薬やサプリメントをお知らせ頂き、アレルギーがあった場合には減感作しています。慢性病基本を受けられるお客様の場合、お知らせ頂いた薬とサプリメントにはたいがいアレルギーがあります。それだけアレルギーを生みやすい身体になっていると言う事だと思います。

そこでよく質問があるのが、「セラピーで減感作した薬やサプリはまた飲み続けていいのでしょうか?」と言うものです。アレルギーのいやらしい所は、他の様々なアレルゲンと組み合わさってアレルギーを作るところです。その組み合わせの可能性は無数に存在しますので、全ての組み合わせを減感作する事は不可能です。ですので、減感作した後にさらに飲み続ける事は「お勧めしません。」とお答えしています。

ただ、アレルギーを溜めこんでいる方は、もともと薬やサプリが大好きだからこそ、それだけアレルギーを溜めこめた訳で、「お勧めしません。」と言われても、そう簡単にはやめられないんだろうなとは思っています。でも危険性についてははっきり申し上げておきます。今後、「認知症」予防を謳い文句にしたサプリメントが世の中に溢れてくると思われますが、特に複数のサプリメントを並行して摂取した場合には、逆に認知症を誘発する可能性が大いにありますのでご注意ください。

一方、食物アレルギーについては、基本栄養素のコースの中で減感作していますが、同じく「減感作後に食べさせても問題ないですか?」と聞かれる事があります。食物アレルギーの場合は、サプリメントのアレルギーとは考え方が別になります。本来、必要な栄養素は「食品」からバランスよく摂取すべきで「サプリ」に頼るのはお勧めしません。

ですから、アレルギーのある食物を避けるのではなく、普通に食べてアレルギーが出たら、それを減感作して行く事を繰り返して、アレルギーが出なくなるまでそれを繰り返す事をお勧めしています。時間と費用がかかるかもしれませんが、これから生きて行く長い人生の事を考えれば、安い投資だと考えています。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
すこやかの庄
http://www.taikosui.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都府中市押立町2-1-1 車返団地1-8-503
TEL:090-8109-9101
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/TXE8
Twitter:http://p.tl/jaXn
mixi:http://p.tl/tF0f
アメブロ:http://p.tl/ac8R
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ページの先頭へ戻る