2016年04月

有機フッ素化合物のアレルギー群の蓄積と松果体の石灰化の関係

■2016/04/05 有機フッ素化合物のアレルギー群の蓄積と松果体の石灰化の関係
人間、歳を重ねると身体の中の幾つかの臓器が石灰化してくる事があるようです。これを、生理的石灰化と言うようですが、当然脳にも起こっていて、以下の部位に見られるようです。

■頭蓋内の生理的石灰化の部位
 ・硬膜,小脳鎌,大脳鎌,テント  ・脈絡叢
 ・松果体      ・手網交連  ・基底核
 ・小脳歯状核    ・血管(動脈硬化)
 ・錐体床突起靭帯  ・床突起間靭帯
 WolfgangDahnert:Physiologic intracranial calcification Radiology
 Review Manual Fourth Edition:P190.より引用,改変

脳の石灰化は頭部CT検査で発見できるようですが、たいがい「誰にでも起こる事だし健康上にも問題ないから大丈夫ですよ」と先生から言われるようです。

頭部CTで脳の生理的石灰化はどこに起こる?
http://遠隔画像診断.jp/archives/16802

これに対し、健康上に問題が生じる可能性のある、「病的な石灰化」もあるようです。以前はファール(Fahr)病と呼ばれていたようですが、最近は「特発性基底核石灰化症」と呼ぶようです。

特発性基底核石灰化症
http://www.nanbyou.or.jp/entry/3669

そして、この病気の原因遺伝子として、以下の3つの遺伝子が報告されています。

 SLC20A2
 PDGFRB
 PDGFB

ところがこの遺伝子、今セラピーを受けておられる方の多くが、強いアレルギーを持っていました。今セラピーを受けておられる方は、アレルギーの蓄積がとても多い方です。と言う事は、「アレルギーの蓄積」と「脳の石灰化」になにやら関係があるかもしれません。もしかしたら、「アレルギーの蓄積」=「脳の石灰化」である可能性もあります。

また、イギリスのサリー大学のジェニファー・ルーク博士による緻密な研究によって、松果体が、体の中の器官の中で、フッ化物が最初に蓄積する器官であることが分かったそうです。とすると、アレルギーの蓄積の一番下にある有機フッ素化合物のアレルギー群は、松果体の石灰化に関係しているかもしれません。つまり、「有機フッ素化合物のアレルギー群の蓄積」=「松果体の石灰化」であるかもしれません。

松果体の石灰化によって、私たちは「第三の目」を使えなくなっているそうです。この松果体=第三の目を使えず、2つの目でしか見ないので、肉体や物質(=見えるもの)だけを意識するようになってしまい、ハートや真我(=見えないもの)を意識することなく、本来あるはずの能力が絶たれてしまっているのです。でも安心して下さい。有機フッ素化合物のアレルギー群を減感作する事によって、松果体の石灰化は解消できるはずです。

『第三の目』松果体を活性化する方法
http://oneness555.com/how-to-clean-up-and-activate-pineal-gland


さて、「アレルギーの蓄積」=「脳の石灰化」と仮定すると、アレルギーを蓄積するきっかけとなったのは、以下の3つの遺伝子の変異と考える事ができます。

 SLC20A2
 PDGFRB
 PDGFB

この3つの遺伝子を変異させたものは一体何だったのか?それを解き明かす為に、上記の遺伝子に結びついているアレルゲンを探索してみたところ、以下のアレルギーが見つかりました。

(1)(SLC20A2、PDGFRB、PDGFB)+アンフェタミン+有機フッ素化合物
(2)(SLC20A2、PDGFRB、PDGFB)+(PSE、サイロシン)+(レモン、TBZ)
(3)(SLC20A2、PDGFRB、PDGFB)+ブルセラ菌+塩素酸ソーダ
(4)(SLC20A2、PDGFRB、PDGFB)+ブルセラ菌+アネトール

 アンフェタミン:覚せい剤
 PSE(プソイドエフェドリン):風邪薬に含まれている覚せい剤の親戚
 サイロシン:キノコに含まれるアルカロイドで、幻覚 作用を持つ。
 TBZ:アメリカなどから輸入されるレモンなどに塗られている防ばい剤
 ブルセラ菌:ケムトレイル由来の細菌
 塩素酸ソーダ:枯葉剤
 アネトール:植物由来の芳香成分、エストロゲン様物質として不妊の原因ともなる。

なにやらNWOの影が見え隠れしている感じにも見えます。
 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
すこやかの庄
http://www.taikosui.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都府中市押立町2-1-1 車返団地1-8-503
TEL:090-8109-9101
—————————————-
Facebook:http://p.tl/TXE8
Twitter:http://p.tl/jaXn
mixi:http://p.tl/tF0f
アメブロ:http://p.tl/ac8R
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

たかが風邪薬、されど風邪薬

■2016/04/01 たかが風邪薬、されど風邪薬
アレルギーの蓄積は何層にも重なっていますが、その層と層の間に「薬」や「サプリメント」に結びついたアレルギーが潜んでいて、下の層のアレルギーを隠している事が間々あります。この状態では下の層にあるアレルギーが見えませんので減感作する事が出来ません。そこで、潜んでいる「薬」や「サプリメント」に結びついたアレルギーを探索して減感作してやると、下の層のアレルギーが表に出て来て、減感作が可能になります。アレルギー総合セラピーは、この作業を繰り返しながら、アレルギーの蓄積を上から順番に解消して行きます。

「薬」や「サプリメント」に結びついたアレルギーを探索する為に、過去にある程度継続的に使用して来た「薬」や「サプリメント」をあらかじめお知らせ頂く事にしています。そして、下の層のアレルギーが表に出て来てくれない時には、お知らせ頂いたリストの「薬」や「サプリメント」に結びついたアレルギーがないか探索してみます。たいがいは、このリストの中の「薬」や「サプリメント」に結びついたアレルギーが見つかるのですが、時々、見つからない事もあります。

そんな時にはどうするかと言うと、「風邪薬」に結びついたアレルギーを探索してみます。すると、かなり高い確率で「風邪薬」に結びついたアレルギーが見つかるのです。もともと「風邪薬」を「過去に使用して来た薬」としてお知らせ頂ける方は多くはありません。風邪薬は「薬」の範疇に入らないと考えている方が多いのかもしれません。ところがどっこい、実際にはほとんどの人が「風邪薬」にアレルギーを持っているのです。風邪薬には、様々な症状に対応した様々な成分が含まれていますので、アレルギーを作っている成分も1つだけではないと思われます。

以前の記事で、アレルギーの蓄積の一番下に、有機フッ素化合物に結びついたアレルギー群が何層も重なっていると書きました。その有機フッ素化合物の下の方の層には、覚せい剤や麻薬に結びついたアレルギーが隠れています。以前の記事では、以下の覚せい剤に結びついたアレルギーが隠れていた事をご紹介しました。

アンフェタミン
メタンフェタミン
PPA(フェニルプロパノールアミン)
PSE(プソイドエフェドリン)

その後のセラピーの中では、更にその下に以下の「麻薬」に結びついたアレルギーが隠れている事が分かって来ました。

コデイン
ハシッシュ
ヘロイン
コカイン
サイロシン

えっ、そんな麻薬摂ったことないよ!
と思われる方が多いと思いますが、上記の麻薬は自然界にある植物由来の麻薬ですので、遠い祖先から引き継がれて来ている可能性があります。

そして、上記の覚せい剤や麻薬に結びついているアレルギーを、「風邪薬」のアレルギーが隠してしる事が結構あるのです。と言う事は、その「風邪薬」のアレルギーは、覚せい剤や麻薬に近い成分のアレルギーであると推測されます。実際、風邪薬の中には微量ですが、下記のような覚せい剤や麻薬の成分が含まれているものがあります。

鼻づまり
プソイドエフェドリン塩酸塩

鎮咳作用
dl-メチルエフェドリン
リン酸ジヒドロコデイン

これらは法律で禁止されている覚せい剤や麻薬に比べると、中枢神経への作用や中毒性が弱いとされていますが、とてもあなどれません。風邪をひいたら「とりあえず風邪薬でも飲んでおくか」と言う考えは、とても危険です。

整体法の創始者、野口晴哉氏は、著書「風邪の効用」の中で、「風邪は治すものでなく、経過するもの」と言っています。風邪の症状がそのまま療法になっているのだから、中断せずに経過するのを待つことが重要と言っているのです。私も、風邪をひいたら、「何も食べずにひたすら寝る」ことをずっと実践しています。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
すこやかの庄
http://www.taikosui.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都府中市押立町2-1-1 車返団地1-8-503
TEL:090-8109-9101
—————————————-
Facebook:http://p.tl/TXE8
Twitter:http://p.tl/jaXn
mixi:http://p.tl/tF0f
アメブロ:http://p.tl/ac8R
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆