2015年03月

慢性病アレルギーを表から見えなくする仕組み

■2015/03/29 慢性病アレルギーを表から見えなくする仕組み
今、食物アレルギーを持った子供たちが増えて来ているようです。お客さまから聞いた話では、あまりに増えてしまった為、食物アレルギーに対するお母さまたちの考え方も変わって来ているとの事でした。今までならアレルギーが出ないように、排除食を食べさせるなどかなりの神経と労力を費やすのが普通だったのに、最近は、「どうせ大人になったら治るから」と言って、あまり排除食にこだわらなくなったとも聞きました。

子供の頃のアレルギーが大人になって改善したと言う話は良く聞きます。でも、それを「アレルギーが治った」と勘違いするのは誤りです。症状が出なくなったのは、上に別の新しいアレルギーがかぶさった為に見えなくなっただけの事なのです。アレルギー自体はちゃんと下に隠れて残っています。その証拠に、セラピーで上にかぶさっっていたアレルギーを減感作してやると、下に隠れていたアレルギーが表に出て来て、子供の頃に出ていた症状がまた出て来ます。

このように、アレルギーの中にも他のアレルギーを覆い隠す役割のアレルギーがあるようです。表に出てくる症状はあまりないようですが、水面下でより重篤な病気の原因を作り出しているようです。たとえば、「慢性扁桃腺炎」「慢性虫垂炎」「憩室症」に関わるアレルギーがそれに該当するのではないかと考えています。慢性扁桃腺炎、慢性虫垂炎、憩室症は、スターライトセラピーでは、セラピーの冒頭で解消するように指示されているものです。

どんなアレルギーなのか、具体的にアレルゲンの組み合わせを見てみましょう。

慢性扁桃腺炎:耳、鼻、義歯

慢性虫垂炎:肋骨、胸骨、尾てい骨、坐骨、中手骨

憩室症:
(ニューキノロン系抗菌剤、アミノグリコシド系、キノロン系、グリコペプチド系、リネゾリド系、リファンピシン系抗生物質)
(ACTH、チロキシン、GnRH)(アミノグリコシド系、リファンピシン系抗生物質)、迷走神経下神経
※上記を減感作した後に以下のフラワーエッセンスがヒットするようになります。
ワイルドローズ:「どうにかしたいという意欲がまったく湧かない、深い深い無気力感 」
ホーンビーム:「何をやるにも無理やりやらされている感じで、人生が重苦しい 」
オリーブ:「何をやるにしても楽しめないで、疲労感だけがつのる 」
オーク:「必死で頑張らないと駄目になってしまうという感情に襲われ、必死で頑張ってしまう 」

(抗重力筋)、中手骨、マイクロRNA、(交感神経節セット)
(抗重力筋)、第1頸椎、(脳神経、亜鉛)(交感神経節セット)
(抗重力筋)、第7頸椎、(場所細胞、脳脊髄液、鉄酸化菌)(交感神経節セット)
(抗重力筋)、尾椎、(卵黄、胆汁)(骨Mix)(交感神経節セット)
※上記を減感作した後に以下のフラワーエッセンスがヒットするようになります。
バーベイン:「自分の考えを異常な熱心さで説明し、他人を説得したがる 」
オリーブ:「何をやるにしても楽しめないで、疲労感だけがつのる 」
セラトー:「他人の判断に身をまかせて生きたい」
ホリー:「他人や自分の些細な言動までもが腹立たしく思えてくる 」

慢性扁桃腺炎、慢性虫垂炎、憩室症については、スターライトにホメオパシーのレメディとして用意されていますので、QOL回復セラピーの中でまとめて解消しています。慢性扁桃腺炎、慢性虫垂炎はそれでほとんど解消されている感じですが、憩室症には様々な組み合わせのアレルギーが解消されずに残っていました。

この憩室症は、「癌」にも関わっているようです。もしかしたら癌と根は同じで、癌と一緒に成長しているのかもしれません。根底には、「人生を楽しめていない」事があるようです。そこに抗生物質の多用などが重なる事で生まれるのではないかと思います。その後、成長させるには様々な生活習慣が関わって来るようです。

さて、冒頭の話題に戻ると、そもそも、子供の食物アレルギーは親から受け継いだもので、子供には何の責任もありません。かと言って、全てが親の責任かと言うとそうでもなく、実は親もその親から引き継いだのかもしれませんし、日常生活の中でアレルゲンとなる毒物から無縁で生きる事はほとんど不可能です。それでも、なるべくアレルギーを生まない生き方はあります。薬・ワクチン・手術など、極力現代医療とは無縁でいる事です。それを知っているか知らないかで、今後のその家族とその子孫の健康状態が大きく左右される可能性があります。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
すこやかの庄
http://www.taikosui.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都府中市押立町2-1-1 車返団地1-8-503
TEL:090-8109-9101
—————————————-
Facebook:http://p.tl/TXE8
Twitter:http://p.tl/jaXn
mixi:http://p.tl/tF0f
アメブロ:http://p.tl/ac8R
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ニュートン医学とアインシュタイン医学

■2015/03/26 ニュートン医学とアインシュタイン医学
先日、米国の有名女優が、将来癌になるリスクを避ける為に、乳房の切除をしたのに続いて今度は卵巣と卵管を切除したとの報道がありました。「いたい何考えているんだろう?!」、開いた口がふさがりませんでした。さらに、その行為に対して肯定的な反応の方が多いように報道された事にも驚きました。世の中、旧態依然とした「ニュートン医学」の考え方に染まってしまっているなと強く感じました。

「ニュートン医学」の古い考え方の中に一石を投じるのが「アインシュタイン医学」になりますが、私の考え方もこちらの考え方です。一口にこれらの医学の考え方の違いを表現すると、

<ニュートン医学>
 人間は肉体と言う機械であり、故障したパーツを修理することで病気を治す。

<アインシュタイン医学>
 人間は万能の生き物で、外から正しい情報を与えるだけで、あとは自ら修正して治癒する。

と言う違いです。

ニュートン医学の主要なツールである「薬」は、強引にパーツを操作する事でその場をしのぎますが、後に、アレルギーと言う厄介なお土産を置いて行きます。そのアレルギーと言うお土産は、親から子供に次々に引き継がれ、雪だるま式にどんどん膨らんで行きます。このままでは、人類に未来はありません。人類はひたすら絶滅の道を歩んで行く事になります。

これに対して、アインシュタイン医学の主要なツールは「情報」になります。外から正しい情報を流してやる事によって、自ら間違っている情報を書き換えるのをサポートしてやります。あまりおせっかいもしませんので、特にお土産も残しません。お金儲けが好きな人にとってはとても無愛想に感じるかもしれません。

仮に、癌になる原因が遺伝子の誤りにあると言うのなら、遺伝子を修正すれば済む話です。なのに何故、必要な臓器まで切除すると言う決断になってしまうのか?  それは、「薬」では遺伝子が書き換えられないからに違いありません。本来、人は外から正しい情報を受け取れば、自ら遺伝子を書き換える能力を持っているはずですが、恐らくニュートン医学では、そんなことは理解できないでしょう。

蛇足になるかも知れませんが、アインシュタイン医学では癌も含めてあらゆる病気の予防が可能だと考えています。すこやかの庄では、その実現の為に日々研究を続けています。

今月、新たに10頁のコンテンツをホームページに追加しました。左のサイドメニューの一番下にコンテンツのタイトルを表示しています。よろしかったらご覧ください。ちなみに、今回のテーマに関係するコンテンツは以下になります。

新たなる予防医学の幕開け



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
すこやかの庄
http://www.taikosui.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都府中市押立町2-1-1 車返団地1-8-503
TEL:090-8109-9101
—————————————-
Facebook:http://p.tl/TXE8
Twitter:http://p.tl/jaXn
mixi:http://p.tl/tF0f
アメブロ:http://p.tl/ac8R
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

食物アレルギーとサプリメントのアレルギー

■2015/03/22 食物アレルギーとサプリメントのアレルギー
アレルギー総合セラピー:慢性病基本の中では、ある程度継続的に使用して来た薬やサプリメントをお知らせ頂き、アレルギーがあった場合には減感作しています。慢性病基本を受けられるお客様の場合、お知らせ頂いた薬とサプリメントにはたいがいアレルギーがあります。それだけアレルギーを生みやすい身体になっていると言う事だと思います。

そこでよく質問があるのが、「セラピーで減感作した薬やサプリはまた飲み続けていいのでしょうか?」と言うものです。アレルギーのいやらしい所は、他の様々なアレルゲンと組み合わさってアレルギーを作るところです。その組み合わせの可能性は無数に存在しますので、全ての組み合わせを減感作する事は不可能です。ですので、減感作した後にさらに飲み続ける事は「お勧めしません。」とお答えしています。

ただ、アレルギーを溜めこんでいる方は、もともと薬やサプリが大好きだからこそ、それだけアレルギーを溜めこめた訳で、「お勧めしません。」と言われても、そう簡単にはやめられないんだろうなとは思っています。でも危険性についてははっきり申し上げておきます。今後、「認知症」予防を謳い文句にしたサプリメントが世の中に溢れてくると思われますが、特に複数のサプリメントを並行して摂取した場合には、逆に認知症を誘発する可能性が大いにありますのでご注意ください。

一方、食物アレルギーについては、基本栄養素のコースの中で減感作していますが、同じく「減感作後に食べさせても問題ないですか?」と聞かれる事があります。食物アレルギーの場合は、サプリメントのアレルギーとは考え方が別になります。本来、必要な栄養素は「食品」からバランスよく摂取すべきで「サプリ」に頼るのはお勧めしません。

ですから、アレルギーのある食物を避けるのではなく、普通に食べてアレルギーが出たら、それを減感作して行く事を繰り返して、アレルギーが出なくなるまでそれを繰り返す事をお勧めしています。時間と費用がかかるかもしれませんが、これから生きて行く長い人生の事を考えれば、安い投資だと考えています。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
すこやかの庄
http://www.taikosui.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都府中市押立町2-1-1 車返団地1-8-503
TEL:090-8109-9101
—————————————-
Facebook:http://p.tl/TXE8
Twitter:http://p.tl/jaXn
mixi:http://p.tl/tF0f
アメブロ:http://p.tl/ac8R
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

放射能由来の病気の芽を隠す憩室症

■2015/03/21 放射能由来の病気の芽を隠す憩室症
原発事故から丸4年が経過しましたが、放射能被ばくの傷痕は、事故直後の大量被ばく時のものが最も大きいようです。事故から1年後にQOL回復セラピーを始めた時には、ヨウ素の被ばくを連想させる甲状腺腫の他に、結核、胆石、子宮筋腫などの病気の芽が出て来ていました。その後、上記以外の癌の病気の芽も徐々に出てくるようになり、事故から2~3年後には、あらゆる癌の病気の芽が出て来ていました。そして、事故から3年後には一転して、癌の病気の芽が隠れてしまい、その代わり「胆嚢変性」が多くの人に見られるようになりました。それが事故から4年後の今は、「胆嚢変性」も隠れてしまい、「憩室症」が多くの人に見られるようになりました。

憩室症は大腸の腸壁の外側に小さな袋が飛び出す病気ですが、通常自覚症状は何もないようです。スターライトのセラピーでも、「憩室症」は通常のセラピーの前段で解決しておく必要のある病気だとされていました。「憩室症」があるままだと、身体の本当の姿が隠されてしまってセラピーがうまく行かないのです。と言う事は、QOL回復セラピーのケースで考えてみれば、放射能由来の病気の芽が「憩室症」の陰に隠れて見えなくなってしまっていると言う事になります。

かくして、放射能被ばくの傷痕は奥に隠れて見えなくなりつつありますが、慢性病の進行の上では着実にステップを登って来ているようです。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
すこやかの庄
http://www.taikosui.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都府中市押立町2-1-1 車返団地1-8-503
TEL:090-8109-9101
—————————————-
Facebook:http://p.tl/TXE8
Twitter:http://p.tl/jaXn
mixi:http://p.tl/tF0f
アメブロ:http://p.tl/ac8R
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

「黄砂、PM2.5、ホルムアルデヒド」の組み合わせ

■2015/03/12 「黄砂、PM2.5、ホルムアルデヒド」の組み合わせ
以前の記事で「黄砂到来、花粉症と同じ症状なので勘違いする人が多いようです。」と書きましたが、このところ一度セラピーを受けられた方で、花粉症及びアトピーの症状が酷くなって来たと言う方が多くなって来ました。調べてみると、花粉ではなくやはり黄砂が原因のようですが、以前より複雑な組み合わせが見つかりました。

ベースになっているのは以下の3つのアレルゲンの組み合わせでした。PM2.5も、最近よくニュースで耳にするものですが、中国で黄砂に付着して一緒に飛んで来ているようです。ホルムアルデヒドはおそらくPM2.5に含まれているのでしょう。

(黄砂、PM2.5、ホルムアルデヒド)

これが外から一緒に身体の中に入ってくるのですが、身体の中に入ってから更に他のアレルゲンと結びついていました。まずは「卵黄」ですが、最もポピュラーな食物アレルギーのアレルゲンです。卵を食べた後に、アトピーの症状が強くなったと言う方がおられたので、調べてみたら結びついていました。

(黄砂、PM2.5、ホルムアルデヒド)+卵黄

そして、これらが更にABC輸送体と結びつく事によって、上記のアレルゲンが血液の中に流れ込んで症状を強くしているようです。その場合には、花粉症やアトピーの薬なども結びつき、より複雑な組み合わせになっていました。

ニュースなどでは、花粉情報ばかりが報道されていますが、もっと黄砂に目を向けて行くべきだと思うのですが。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
すこやかの庄
http://www.taikosui.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都府中市押立町2-1-1 車返団地1-8-503
TEL:090-8109-9101
—————————————-
Facebook:http://p.tl/TXE8
Twitter:http://p.tl/jaXn
mixi:http://p.tl/tF0f
アメブロ:http://p.tl/ac8R
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆