2012年11月

フルーツの正しい食べ方

人間は、太古の昔は果物を主食にしていたと言われています。
現在も、世界の中では果物を主食にしている地域があります。

それが、今先進国では「デザート」の位置づけで、食事の最後に食べるのが常識化しています。
しかし、この常識が私たちの健康に害を及ぼしているようです。
いきなり、果物を主食にするのは無理かもしれませんが、せめて食べ方を改めたいですね。

※以下の文章は、サンジーヴィニのヒーラーズガイドから抜粋しました。
——————————————————————————-

フルーツ-この驚異の食品
それらを間違った食べ方をすることによって、どれだけ自分に害を与えているか

人間は草食か、肉食か、雑食かについていろいろ議論がなされています。
実際には人間は果物食であるということを暗示する証拠が山のようにあります。
フルーツとナッツの組み合わせだけ食べていくことが可能ですし、
それで栄養不良に苦しむことは決してありません。
事実、私たちはそれでピンク色の健康で生きていけるのです。
しかし、世界の大半で現在食べられているフルーツは、害を及ぼすことがあります。
たいていの人々はフルーツを次のように食べます

(a)食後
(b)デザートとしてミルクとつけ合わせて
(c)料理して、煮たり焼いたりして

これは正しくありません。

・フルーツは胃が空の時に食べなくてはなりません。
・フルーツは決してミルクや穀物と組み合わせてはいけません。
・フルーツは料理しないで食べなくてはなりません。

なぜでしょうか。
果物が体の中でどのように消化されるか理解したときあきらかとなります。

口の中でよくかんだ後、フルーツは短時間(大半のフルーツは15分から20分、
バナナは30分)、胃の中に留まり、次に小腸に進みます。
そこではフルーツは自身の持っている酵素で自己消化していきます。

食後にフルーツを食べますと、フルーツはその食べ物の上にとどまり、発酵しはじめます。
なぜなら、小腸に降りていく道がふさがっているからです。
フルーツを完全に無用にするだけでなく、胃酸過多、消化不良、ガス、疝痛、便秘、
その他の病気のもととなることがあります。
この理由で他の食べ物と組み合わせて食べてはいけないのです。
他の食べ物は消化のために胃の中に数時間とどまる必要があります。

フルーツを料理すると自己消化の酵素を壊してしまいます。
それでフルーツは体にとっては負担となります。
事実、胃酸過多、疝痛、消化不良、便秘は、フルーツを少なくとも食前30分前までに食べれば、
ずいぶん助けとなります。これらの疾患に慢性的にかかっている人は、朝食に穀類、パンを食べ
るのをやめる必要があります。ただ新鮮なフルーツだけを食べるようにしてください。

飢えで死にそうなときは、フルーツが最良の選択となります。フルーツはエネルギーを非常に早
く効果的に供給してくれます。体の貴重なエネルギー資源を使わないですみます。(他の食品は
消化過程に多量のエネルギーを使います。)

震災瓦礫焼却による有害物質の拡散範囲(2012/11/29)

全国各地で始まっている、震災瓦礫焼却による、微粒子状物質の拡散範囲の目安を地図にしてくれました。

これを見ると、今までQOL回復セラピーを受けていただいた方のほとんどが、
アスベストやアルミニウムを体内に蓄積していたのがうなずけます。
当然、被災地でも焼却しているでしょうから、もう日本中逃げ場がありません。

いったいどこに非難したらいいのか?
 

20121130103311.jpg

日本人、地球、世界の動物に、癒しのバイブレーションを

今の日本には、
自分の命を守るために自由に発言したり行動する事に対し 、
自分のメンツや権威、利益を守る為に圧力をかける思想が、
どこかし こにはびこっています。
なんとも重苦しい空気に覆われています。

この状態から、どうしたら抜け出る事ができるでしょうか。
放射能が、私た ちの心に影響して、分かり合う事を妨げ、
対立を増長しています。
放射能の私たちの心に対する影響は、日に日に増すばかりで、
改善の方向性が見 えてきません。

絶望的なこの状況の中で、私たちには祈る事しかできな いのでしょうか。
神に帰依して、無私の心で、ひたすら祈るしかないのでし ょうか。

そこで、Webで無償で公開されている、
インドのサンジー ヴィニ財団のヒーリングツールを使用して、
日本人に対し、地球に対し、世 界の動物に対し、
遠隔で、癒しのエネルギーを送る事にしました。

サンジーヴィニの遠隔ヒーリング1
日本人に対しては、放射能から身を守ると同時に、
放射能によって傷つけられた傷を癒すバイブレーションを

地球に対 しては、人がエゴから地球環境を破壊し続けて来た、
虐待の傷跡を癒すバイ ブレーションを

世界の動物たちには、人が食物や装飾品にするために行 ってきた、
残虐な行為、その虐待の傷跡を癒すすバイブレーションを

24時間休まず送り続ける事にしました。



近い将来、 今の日本の医療体制では、とても対応できない状況が
来るかもしてません。 そんな時は、あなたが無私の精神で
このヒーリングシステムを活用して下さ い。
以下のURLから、無償で入手できます。

エネルギーセラピー 研究所
http://www.ethera.org/index.php?FrontPage

左のメニュー から「サンジーヴィニ」をクリック。

一番下の「ヒーリングガイドブッ ク 」のセクションの
リンクからダウンロードできます。
 

腎臓さん、しばらくご苦労かけます。尿の出が悪くなったら要注意!!

今年の夏ごろから、全国各地で震災瓦礫の焼却が始まった事により、
放射 能はもちろん、他にも様々な有害物質が広域に飛散し、人体に取り込まれていま す。
どんな有害物質が取り込まれているのかを、体の反応から検証してみる と、
今分かっているものでは、「アスベスト」と「アルミニウム」の2つが あります。

アスベストは、20年以上の潜伏期間を経て、中皮腫と言う 疾患が発生すると言われています。
しかし、どの程度以上のアスベストを、 どのくらいの期間吸い込めば、中皮腫になるかとい
うことは明らかではあり ません。

このアスベストが呼吸器系に吸入されると、異物としてマクロ ファージ(大喰細胞)に取り込
まれ、痰となって体外に排出されるそうです が、長さが大きいものは、そのまま肺内に残るそ
うです。
アスベストが 体外に排出される経路は、一般的には痰となって排出される事しか説明されてい
ませんが、肺から血液・リンパに乗って全身をめぐり、最後は腎臓で尿に濾 されて排泄される
経路があると考えられます。

それは、「QOL回 復セラピー」での、クライアントさんの身体の反応の変化を見れば分かり
ま す。つまり、アスベストの反応が出始めてから、内分泌、肺、リンパ、静脈、腎 臓、膀胱の
経絡で問題が見られるようになったからです。アスベストが肺の 中だけに留まっていたら、こ
んな事にはならないはずです。

全身に アスベストが巡る事によって、具体的には「あらゆる種類の感染症」や「皮膚病 」と言
う病気の芽が出て来ています。アレルギーを持っておられる方は、あ たかもアレルギーが悪化
したかのような症状として出る事もあるようです。 体がだるくなって、微熱が出る事もあるよ
うです。

「QOL回復セ ラピー」では、このアスベストの体外への排出を促進しているのですが、予想
以上に腎臓に負担がかかる事がわかりました。それは、あるクライアントさ んで、セラピー後
尿の出が悪くなった方がおられた事でわかりました。要す るに、アスベストは微細な繊維です
ので、血液を濾す腎臓が詰まってしまっ たのではないかと考えられます。そこで、「腎臓結石
」のレメディを追加で 流したところ、尿の出は回復しました。

震災瓦礫の焼却はあと2年位続 くのでしょうか。行政は、煙突から出る時に10万倍に希釈さ
れるので健康 には何ら影響はありませんと言っていますが、微量でも毎日吸いこんでいたら、
確実に体内に蓄積されていきます。頼りは、腎臓さんになりますが、サポー トしてやらないと
、きっと押しつぶされてしまいます。

原発事故を終息に向かわせる為に「祈り」ましょう。

元東電社員が、東電の会社の実情を明かしているビデオの書き起こしが以下の サイトにありまし

た。

【驚愕】元東電社員の内部告発
http://www.qetic.jp/bl og/pbr/archives/3652

このインタビューで、その元社員が最後に言 っていた言葉が下の内容です。
————————————— —————————————–
何かチェルノブイリの30キロ 圏内にあるすごいきれいな泉を守った長老たちがいるらしいんです
。ど うやって守ったかっていうと、僕、こんなに原子力のこと勉強して、物理のこと とかもある
程度勉強したけども、目に見えない力ってのも絶対あるんで す。その30キロ圏内にあった泉を守
った長老たちは、逃げなかったんで す。逃げずにその泉をどうやって守ったか。祈りです。だか
ら、そう言 っちゃうと信じる人も信じない人も、どのぐらいの割合でいるかわかんないけど も、
もしちょっとでも信じてもらえるんだったら、朝、まず、福島第一 が穏やかに眠りにつきますよ
うにって祈りと、あと、出てしまって、僕 たちが使った放射能じゃないですか。電気のもとだか
ら。それが、愛と 感謝の思いによって消滅して、無毒化するようにという祈りで、何とかみんな
で力を合わせて、次の世代に伝えてもらえたらなって思います。
– ———————————————————————– ———

これを読んで、そう、今必要なのは「祈り」なんだと再確認 しました。

東京電力や政府、お抱え学者の言動に、腹を立てどうしの毎 日ですが、
社会を動かすには、怒りと対立を乗り越えて、愛の次元に昇る必 要があります。
地球を愛のエネルギーでくるみ、宇宙の愛と共鳴する為に「 祈り」ましょう。
「祈りは山をも動かす」ほどパワーを秘めています。


祈り方がわからないと言う方は、以下の詩をお使い下さい。
こ の詩は、鴨川の林良樹さんと言う方が、原発事故直後に書かれた詩です。

————————————————————— ——
「光の雨」


光の雨を降らせましょう。
みんなで光の 雨を降らせましょう。
ただ、心の中でイメージすれば良いのです。
する と、この見えない光の雨が空から降り注ぎ、
破壊された原子力発電所を冷ま し、
汚染された水と大地と空気と傷ついた人を癒やします。


そ れは、本当に降るのです。

だから、みんなでイメージしましょう、
東北地方に、
日本中に、
光の雨が降るイメージを。

キラキラと まぶしく輝く光の雨がこの島に、降り注ぎます。

1人より2人、
2 人より3人、
5人より10人、
10人より100人…、
日本中の人 がイメージすれば、大量の光の雨が降り注ぎます。

そして、この島は光 に包まれ発光し、太陽のように輝き、
みるみる汚染された自然が蘇って行き ます。

本当に、自然が蘇って行きます。
奇跡が起こりました。

神はいました。

奇跡を起こした神は、天高く遠いところにいる のではなく、
私たち一人ひとりの心の中にいたのです。

光の雨を降 らせましょう。

心の中でイメージすれば、その光の雨は無限に降り注ぎ ます。
私たちの心は、無限の力を持っています。

光の雨を降らせま しょう、私たちの愛する日本に。
光の雨を降らせましょう、私たちの愛する 自然に。
光の雨を降らせましょう、私たちの愛する人類家族に。
光の雨 を降らせましょう、私たちの愛する地球に。

私たちは、無限の力を持っ ています。

—————————————————– ———-

心の中でイメージし易いように、以下の写真が助けになりま す。

●降り注ぐ光のイメージ写真
円明院ホームページ
http://www.yenmiyouin.jp /cn19/Shine.html

そして、自分自身を、福島の子供たちを、原発で 働く作業員を、癒すために
以下のワークも役立ちます。

●放射能を 抜くワーク
梅舎茶館 / MEISHACHAKAN
http://meishacyakan.jugem.jp/?eid=486

●祈りの力から 生まれた「中和カード」
http://taikosui.com/hpgen/HPB/entries/72.html
 

視力回復セラピーの無料体験モニター募集します

放射線被曝の影響で、チェルノブイリでも視力低下が現れたとの
報告があ りますが、日本においても同様の傾向が出て来ているようです。

従来よ り、波動セラピーで視力を回復させるのは難しかったのですが、
先日、サン ジーヴィニのヒーリングにある、視力回復のレメディを、
私自身に使ってみ たら、結構結果が良いのです。

そこで、「QOL回復セラピー」の終了 後のオプションとして、
「視力回復セラピー」を考えて行こうと思っていま す。

つきましては、
もし目が悪く、視力を回復したいとの希望をお 持ちでしたら、
無料体験モニターとしてご協力いただけないでしょうか。

どのくらいのセラピーの回数で視力が回復できるのか分かりませんので 、
当面、5回程度のセラピーを、3日おきに受けていただくよう考えていま す。
そして、変化が現れたらその都度メールでお知らせ頂ければと思ってい ます。

こんな内容でご協力頂けるようでしたら、是非お願いいたします 。


なお、無料モニターにご協力いただくのは、「QOL回復セラピ ー」終了後
になりますので、まず「QOL回復セラピー」にお申込み頂く必 要があります。
「QOL回復セラピー」の料金は3,000円になります。