オフィシャルブログ

不妊のセラピー後、すぐに懐妊したとの報告をいただきました。

■2015/04/19 不妊のセラピー後、すぐに懐妊したとの報告をいただきました。
今日、以前「不妊」の症状別減感作4回コースを受けて頂いた方から、セラピーをした周期にめでたく懐妊したとのご報告をいただきました。実は「不妊」の症状別減感作は初めてだったのですが、こんなに早く効果が出るとは私も驚きでした。まあ、「不妊」もアレルギーのなせる技で、他の症状とアプローチの仕方は変わらないのですから、驚く事もないかもしれません。

この方のセラピーの内容を以下にご紹介します。
最初に「不妊」をキーワードにしてアレルギーを探索したところ以下の2つ組み合わせと1つのフラワーエッセンスが見つかりました。

●(中頸、星状、上腸間膜動脈、三叉後根、上)神経節
●肝細胞、ABC輸送体、P-糖タンパク質、マクロファージ+バファリン、(交感神経節セット)
●ブラック・アイド・スーザン:「気持ちが内面に向かい、穏やかになる、内なる安らぎを得る」

この方は、手足の冷えも訴えられていましたが、一番上の神経節の組み合わせのアレルギーは「血のめぐり」に関係していると思われます。2番目のアレルギーは、肝臓で「バファリン」が解毒されないアレルギーになりますが、「バファリン」が「不妊」に少なからず影響していた事を伺わせます。3番目のフラワーエッセンスは、今まで「穏やかさ」「安らぎ」が欠けていたのが不妊の原因であった事を示しています。

次に、「抗重力筋」と結びついたアレルギーを探索したところ以下の2つの組み合わせが見つかりました。

●(卵巣、子宮、筋肉、歯、トローチ)+(抗重力筋)+迷走神経下神経+(交感神経節セット)
● 帝王切開+(抗重力筋)+尾椎+(交感神経節セット)

上の組み合わせでは、やはり「トローチ」が気になります。知らないうちに卵巣や子宮に悪い影響を与えているかも知れません。下の組み合わせでは、第1子の出産が緊急帝王切開だったと言う事で、それが第2子の不妊に影響していた事を示唆しています。

上記のアレルギーを減感作した後では、以下のフラワーエッセンスがヒットしました。セラピーを通して身体が徐々に変化して行きますが、それに応じて身体が必要とするエッセンスも変化して来ます。セラピーの中では、最後の仕上げとしてフラワーエッセンスがヒットする事がよくあります。

●ポー・ポー:「何かに抑圧されている状態、問題を解決できない時、決断の重荷を背負っている状態」
●シー・オウク:「女性性のバランスが崩れている状態、身体的な理由もないのになかなか妊娠しにくい状態」

身体が自然な状態から外れた状態を「病気」と言うとすれば、自然の状態から外すのは「アレルギー」です。ですから、アレルギーを解消してやれば、すぐに身体は元の自然の状態に戻ります。いたって単純な話で、それはどんな重篤な病気であっても同じことなのです。重篤なのは、それだけアレルギーの蓄積が多く、元に戻るのに時間がかかるだけの話です。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
すこやかの庄
http://www.taikosui.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都府中市押立町2-1-1 車返団地1-8-503
TEL:090-8109-9101
—————————————-
Facebook:http://p.tl/TXE8
Twitter:http://p.tl/jaXn
mixi:http://p.tl/tF0f
アメブロ:http://p.tl/ac8R
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆