2014年06月

「蚊に刺されにくい体」に改造中!

■2014/06/24 「蚊に刺されにくい体」に改造中!
私は、東京の府中市に約30年住んでいますが、ずっとエアコンのない生活をしています。5階建ての集合住宅の5階なので、窓を開けておくと結構風も通るので、「夏が暑いのはあたりまえ」との強がりを言いながら、なんとか生活しています。まだまだ、エアコンを付けようとは考える事はありません。

そんな生活の中で、この時期になると何とかしたいと考えるのが、「蚊に刺される」事です。どうも私は他の人より「蚊に刺されやすい」ようなのです。夕方うす暗くなる頃から足に何か所か刺され、その後腕や首にも刺されることがあります。夜寝ている時には、「ブ~ン」と言う蚊の飛ぶ音が聞こえてくると、もう寝ていられなくなります。

世の中には、同じような事に悩んでか、蚊に刺されやすい人と、刺されにくい人の違いを研究している人がいるようです。以下、関連したブログを以下に上げてみます。

蚊に刺されやすい人とは?
http://www.gaityu.jp/bitten.html

この中で、O型の男性は刺されやすい傾向があるようですが、実は私もO型です。「じゃあ仕方ないね」と言って諦めるのも癪なので、ダメもとで、アレルギーを減感作して、蚊に刺されにくい体に改造できないか試してみる事にしました。

まず、「蚊に刺されやすい」に反応するアレルゲンの組合せを探索したところ、以下の組合せが見つかりました。

(第1,2,3,4,5,6,7チャクラ)+鉄酸化菌、鉄還元菌、硫黄還元菌、金属歯科材料、装身具、
   (椎骨動脈、上・中頸、星状、腹腔、上・下腸間膜動脈、仙骨、三叉後根)神経節

このアレルゲンの組合せを見る限り、体から出ている電磁波が「蚊に対する刺されやすさ」に関わっている事が推定されます。体から出ている電磁波を平たく言うと「オーラ」になると思いますが、もし「オーラ」が原因だとすると、「蚊に対する刺されやすさ」を現代科学で解明出来ないのも納得がいきます。

今、上記のアレルゲンの組合せを自分の体で減感作してみて、経過をみているところです。今日で、ちょうど1週間になりまが、減感作した前日にあった、「蚊に刺されて痒くて痒くてたまらない」と言う状況はその後発生していません。このまま、この夏を乗り切れたらうれしいのですが。

一方で、このアレルゲンの組合せを減感作してから、明らかに体に変化が出て来ました。具体的には、足がとても温かくなったのです。そして、その変化はずっと持続しています。慢性病基本のコースで減感作するアレルギーは、体のより深い部分に作用して、体を少しずつ変えて行く実感がありますが、今回の減感作での変化は特に分かりやすいものでした。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
すこやかの庄
http://www.taikosui.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都府中市押立町2-1-1 車返団地1-8-503
TEL:090-8109-9101
—————————————-
Facebook:http://p.tl/TXE8
Twitter:http://p.tl/jaXn
mixi:http://p.tl/tF0f
アメブロ:http://p.tl/ac8R
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

重症のアトピーを治療中のお客さまからの感想。

■2014/06/22 重症のアトピーを治療中のお客さまからの感想。
以前にもご紹介した事のある方から、その後の感想をいただきました。このお客様は、東京都にお住まいの30代の男性の方で、重症のアトピーをお持ちの
方です。QOL回復セラピーから、アレルギー総合セラピーの基本栄養素、慢性病基本を経て、症状別減感作を7回目終了した時に、以下のご感想をいただきました。

(7回目終了時の感想)
————————————————————————–
6回目、7回目と、前日&当日あたりに寝込むほど体調が悪化。この際に出てくる症状が、眼の奥の痛み(結膜炎?)、風邪っぽい、胴体の痛み、集中力が無くなる、感情的に落ち込む、イライラする、依存心か強くなる、夢見が悪いなど。(ネガティブエネルギー?)アトピー性皮膚炎という症状より、本質的な何かに働きかけているカンジです。

セラピー毎に薄皮を剥ぐように良くなってきています。
4月にQOL回復セラピーを開始した時の辛さを10とすると、現在は6くらい?
まだ、治っているとは言い難い状態で、日々のストレスになっています。
————————————————————————–

このあと、もう2回症状別減感作を行ってから、2週間ほどお休みをして現在に至っています。

ちなみに、症状別減感作9回の内訳は、以下となります。
 アトピー関連で5回
 結膜炎    1回
 慢性鼻炎   1回
 脳の血流不足 1回
 手足の冷え  1回

そして、再び症状別減感作を再開するに当たり、症状別減感作の感想を寄せていただきました。

(今回の感想)
————————————————————————–
 手足の冷えで、人に触る機会が多いのですけど、手が暖かいと言われることが多くなりました。

 顔のアトピーは、汁が出なくなり、肌質が目に見えて安定してきました。
ただ、まだ、湿疹、角質化、痒み、赤みなど、地味にしつこい症状が残っています。
非常にしんどかった寝起きの痒みに関しては、一度劇的になくなりました。
その後、別の寝起きの痒みが若干起きています。

 脳の血流不足に関しては、すっきりした感じがあります。脳の回転が少し早い?というか、
疲れにくくなったというか。
————————————————————————–

この方のように、アレルギーの蓄積が非常に多い人の場合には、改善の歩みも決して一直線ではなく、良くなったと思ったら暫くしてまたぶり返す、と言う事を繰り返すようです。これは、表面のアレルギーを減感作する事によって、今まで陰に隠れていた他のアレルギーが表に出て来る為と考えられます。それが好転反応として出て来る訳ですが、好転反応がきつい場合には、下の感想にもあるように少しセラピーをお休みするなどの工夫も有効かもしれません。

(追加の感想)
——————————————————————–
 前の感想に書き忘れましたが、セラピー1回毎に結構体力を消費するので、一気に治そうとするのではなく、8回程度やったら、2週間ほど休む、というペースで行こうと思っています。

 いや、意外と早く治ってしまう可能性もありますが、

 そうそう、地味に6/11のネガティブエネルギーの減感作が効きました。
——————————————————————–

アレルギーの蓄積の多い方には、症状に対する減感作をすると同時に、アレルギーの蓄積量を減らすセラピーも並行して行っていますが、後者のセラピーだけでも、上の感想にあるように体の変化を実感できる事もあるようです。いずれにしても、アレルギーの蓄積量をゼロにするまで、根気よくセラピーを続けられる事をお勧めします。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
すこやかの庄
http://www.taikosui.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都府中市押立町2-1-1 車返団地1-8-503
TEL:090-8109-9101
—————————————-
Facebook:http://p.tl/TXE8
Twitter:http://p.tl/jaXn
mixi:http://p.tl/tF0f
アメブロ:http://p.tl/ac8R
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

「我がまま」もアレルギーの症状でした。

■2014/06/19 「我がまま」もアレルギーの症状でした。
「人は老いると子供に戻る」と言われますが、素直な子供に戻るのであれば周りの人も楽なのですが、「我がまま」な子供に戻った時には、周りの人には様々な苦難が待ち受けています。そんなお悩みをお持ちのご家族の方から相談を受け、おばあちゃんの「我がまま」の減感作をする事になりました。今までやった事がなかったので、うまくできるか自信はありませんでしたが、肉体の病気と同じやり方で問題ないだろうと考えました。

まず、最初に「我がまま」に関わっているチャクラを探索してみると、やはり「第7チャクラ(頭頂のチャクラ)」でした。次に、「我がまま」に関わっている内分泌腺を探索してみると、該当するものはありませんでした。その次に、「我がまま」に関わっている神経節を探索してみると、「翼口蓋神経節」がヒットしました。翼口蓋神経節は、翼口蓋窩にあり、涙腺や鼻の腺の分泌を司る器官のようです。なんとなく納得です。

さらに、「我がまま」に関わっているアレルゲンを探索した結果、感情とホルモンがヒットしました。具体的には、感情では「恐れ」「愛」「羞恥」「きまり悪い」「無視」「孤独感」の6つと、ホルモンでは、睡眠ホルモンの「メラトニン」がヒットしました。探索結果を整理して書いてみると以下のようになりました。

 第7チャクラ+翼口蓋神経節+(恐れ、愛、羞恥、きまり悪い、無視、孤独感)+メラトニン

まずまず、うなずける結果になったと思いました。それで、さっそくこの組合せを減感作してみました。何日か後に、ご家族の方からご報告を頂きました。それまでの「我がまま」は影をひそめ、とても穏やかになって、ご家族を気遣ってくれるほどまでになったとの事でした。

アレルギーは、人が持っている本来の能力を発揮させないように邪魔しています。人は歳を重ねる毎にアレルギーを蓄積して、どんどん本来の能力を殺していきます。でも、そのアレルギーを減感作する事によって、人は再び本来持っている能力を発揮出来るようになるのです。周囲の人を思いやる能力は、人が本来持っているすばらしい能力です。その能力を発揮する事は、本人にとってもとても幸せな事ですし、周囲の人にとっても幸せな事になるはずです。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
すこやかの庄
http://www.taikosui.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都府中市押立町2-1-1 車返団地1-8-503
TEL:090-8109-9101
—————————————-
Facebook:http://p.tl/TXE8
Twitter:http://p.tl/jaXn
mixi:http://p.tl/tF0f
アメブロ:http://p.tl/ac8R
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

アロマオイルも「薬」との併用は危険!

■2014/06/18 アロマオイルも「薬」との併用は危険!
先日、アレルギー総合セラピー:慢性病基本を受けておられる30代の女性の方が、1回目のセラピーの後に、1年以上使っていなかったフェイスオイル(100%自然由来の植物性アロマオイル)を付けたところ、赤い発疹が出たとの事。前日まで使っていて問題の無かったフェイスオイルと成分を比較してみたところ、どうも「ミルラ」が原因かもしれないとの事でした。

さっそく確認してみると、確かに「ミルラ」単独でもアレルギーが見つかりましたが、以下の組合せでアレルギーが見つかりました。

○(第1,2,3,6チャクラ)+副腎+性腺+卵巣+ミルラ+クルクメン+カフェイン+ALEs+リパーゼ+ホモシステイン+GPx+GSH+GR
○ ミルラ+クルクメン+カフェイン+9種類のホルモン

なんとも複雑な組合せです。

上記のアレルゲンの組合せからすると、どうもステロイド薬などの薬との併用で生まれたアレルギーかもしれません。以前から、「薬」はアレルギーを生む元凶と申し上げていますが、即効性の高い「抗生物質」「ステロイド薬」「麻酔薬」などは、その典型的なものです。副作用のない「薬」はない、と言われますが、その副作用と言うのが、すなわちアレルギーを生む事だと考えています。

最近のアロマブームで、アロマオイルをお使いの方も増えて来ていると思いますが、アロマオイルの中には植物から抽出した精油成分が含まれています。その精油について様々な効能がうたわれていると思いますが、その効能がアレルギーを生む原因にもなります。「100%自然由来の植物性」と言うとなんとなく体に優しそうなイメージがありますが、とんでもありません。

アロマオイルも、毎日同じものを使わない事。
そして、アロマオイルと塗り薬の併用は、絶対に避ける事。
それが、アレルギーを生まない原則になります。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
すこやかの庄
http://www.taikosui.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都府中市押立町2-1-1 車返団地1-8-503
TEL:090-8109-9101
—————————————-
Facebook:http://p.tl/TXE8
Twitter:http://p.tl/jaXn
mixi:http://p.tl/tF0f
アメブロ:http://p.tl/ac8R
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

鼻血の原因は、黄砂とケムトレイルの組合せでした。

■2014/06/16 鼻血の原因は、黄砂とケムトレイルの組合せでした。
先日、東京の武蔵村山市にお住まいの方から、小学生の娘さんを持つお父さんから、娘が最近鼻血を出すので見て欲しいとの依頼がありました。それで今日確認してみたところ、どうも原因は「黄砂」と「ケムトレイルに含まれるアルミニウム&ケイ酸バリウム」の組合せのアレルギーでした。お父さんは、「放射能の影響か?」ともおっしゃていましたが、どうも放射能は関わっていなかったようです。

巷では、4月28日発売の「ビッグコミックスピリッツ22・23合併号」(小学館)に掲載された「美味しんぼ」について、福島第1原発の見学から帰ってきた主人公らが原因不明の鼻血を出したとする描写に対し、風評被害を招いているとして批判が集まっているようですが、確かに、「鼻血」と「放射能」を短絡的に結びつけるのは誤りのようです。「鼻血」を出したのは 事実としても、その原因を特定するのは現代科学では不可能かもしれません。本当の原因がわからないので、「放射能の影響だ」「いや、そうじゃない」と言う、不毛な議論がいつまでも続く事になります。困った事です。

ちなみに、私の、「鼻血」の原因の見つけ方を説明します。
(1) まず、「鼻血」がアレルギーの症状なのかを判定します。
(2) アレルギーの症状であれば、次に、そのアレルゲンの組合せを探索してゆきます。
 ※もし、アレルギーが原因でなければ、私は調べる事はできません。

今回のお子様の場合、「鼻血」はアレルギーの症状でした。

そして、アレルゲンの探索では、まず「放射能」を確認してみたところ、反応はありませんでした。次に、「黄砂」を確認してみると、こちらには反応がありました。ただ、「黄砂」単独のアレルギーは、QOL回復セラピーで、すでに解消していますので、今回アレルギーの症状が出たとすると、「黄砂」単独ではなく、他のアレルゲンが組み合わさったものと考えられました。

であれば、すぐに「ケムトレイル」を疑ってみる事にしました。そして、「ケムトレイル」を確認してみると、案の定、反応がありました。では、ケムトレイルの中のどの成分なのかを、引き続き探索してみたところ、「アルミニウム&ケイ酸バリウム」に反応がありました。

と言う訳で、このお子様の鼻血の原因は、「黄砂」と「ケムトレイルに含まれるアルミニウム&ケイ酸バリウム」の組合せである事がわかりました。この2つのアレルゲンは、いずれも単独のアレルギーはすでにQOL回復セラピーで減感作していますので、たまたま、この2つのアレルゲンを同時に吸い込んだ時に、「鼻血」が出たものと考えられます。

ここまで原因が特定できれば、もう何も不安を抱く必要はありません。このアレルギーを減感作してやれば、もう「鼻血」の心配は無くなるのです。「めでたし、めでたし」でした。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
すこやかの庄
http://www.taikosui.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都府中市押立町2-1-1 車返団地1-8-503
TEL:090-8109-9101
—————————————-
Facebook:http://p.tl/TXE8
Twitter:http://p.tl/jaXn
mixi:http://p.tl/tF0f
アメブロ:http://p.tl/ac8R
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

アレルギー総合セラピー、2年目の課題

■2014/06/02 アレルギー総合セラピー、2年目の課題
アレルギー総合セラピーが、この6月に2年目を迎えました。アレルギーに対する考え方はNAETをベースにして、その上にセラピーでの経験をもとに、自分なりの理論を積み重ねて来ました。その間、何回かバージョンアップを繰り返し、アレルギーの完全解消のゴールに、あと1歩のところまで来ている感じがしています。

でも、あともう一つ、ブレークスルーが必要な感じです。今は、最後のブレークスルーの前のもがきの状態かもしれません。そのブレークスルーとは、「人はなぜ病気になるのか?」に応えるもののような気がしています。テクニカルな領域ではなく、スピリチャルな領域の課題だと思っています。

私は、病気はその人の霊的な学び・成長をうながす神様からメッセージだという考えに賛成します。病気を治すのは、病気にかかったその人自身であり、セラピーが治す訳ではありません。セラピーに出来る事はあくまでも、邪魔をしているものを取り除くだけです。あとは、病気を抱えた人が、神に与えられた学びの課程を、最後まで全うする事です。

この事は、私がセラピストを目指した時からずっと抱えている課題でもあります。まだしばらく悩み続ける事になるかも知れません。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
すこやかの庄
http://www.taikosui.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都府中市押立町2-1-1 車返団地1-8-503
TEL:090-8109-9101
—————————————-
Facebook:http://p.tl/TXE8
Twitter:http://p.tl/jaXn
mixi:http://p.tl/tF0f
アメブロ:http://p.tl/ac8R
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆