2012年10月

<QOL回復セラピーで摘み取っている病気の芽>

原発事故から1年半以上経過し、エネルギー体に現れた病気の芽はどんどん 増えて来ています。
放射能由来の病気だけでなく、瓦礫焼却由来の病気も加わり ました。
2012年6月時点では、たった4つだったのに、今後どこまで増えていくことやら。

【内分泌・免疫系】
「脳下垂体の障害」、「松果体障害」、「副腎の障害」、「甲状腺腫・がん」、 「扁桃腺腫瘍」、「腺機能障害」、「あらゆる種の感染症」、「あらゆる種のウ イルス感染」、「更年期障害」、「Q熱・ライム病」

【神経系】
「結合組織の腫瘍」、「アルミニウム中毒」、「心身症、神経症、ノイローゼ」 、「多発性硬化症」、「神経痛」

【循環器】
「頻脈」、「狭心症」、「心臓の機能不全」

【呼吸器】
「結核」、「気管支がん」、「肋膜炎」、「鼻腔のポリープ」

【消化器】
「喉のポリープ」、「食道がん」、「大腸がん」、「胃腸機能障害、鼓腸」、「 十二指腸潰瘍・胃潰瘍」、「急性・慢性胃炎」

【肝臓・腎臓・膵臓・脾臓】
「胆石」、「腎臓結石」、「腺筋腫症」、「肝硬変」、「胆汁性肝硬変」、「肝機能障害」、 「膵臓疾患」、「糖尿病」

【皮膚】
「皮膚がん」、「水腫、湿疹、脳の過敏症」、「痒み、湿疹、皮膚病」、「皮膚 病、痒み、非継続的な睡眠」、「結合組織の防御機能の活性化」

【骨・関節】
「骨膜炎・骨軟骨腫」、「筋肉痛及び関節痛」

【生殖器】
「子宮筋腫」、「子宮内膜炎」、「卵巣の包嚢」

貴重なご縁をいただいた事に感謝いたします。

最近、私のホームページやブログを見て、「QOL回復セラピー」をお申込み いただく方が徐々に増えて来ました。
Webサーフィンで、私のホームペー ジやブログにたどりつく確率は、とても低いのではないか
と思われますが、 貴重なご縁をいただいた事に感謝いたします。

それは、申込んでいただ いたお客さまも同じお気持で、
「このような貴重なご縁をいただきまして、 心より御礼を申し上げます。」
と言うような、言葉を頂く事もめずらしくあ りません。

具体的に、「体に不調が出てきた」と言う方もいらっしゃれ ば、「なんとなく不安で」と言う方
もいらっしゃいますが、「なかなか放射 能の話しは話しづらい空気がある」ので、Webサーフ
ィンで探す方が増え ているのだと思います。

でも、毎日セラピーをしていて、確実に「体に 不調が出てきた」と感じておられる方が
増えてきているように感じます。そ れには、被曝から1年半以上経過したと言う事と、
震災瓦礫の焼却が始まっ たと言う事の、両方の要因があるのではないかと思います。

放射能由来 の病気の芽は日を追うごとに増えてきますし、
それにこの夏から突然、震災 瓦礫の焼却によるアスベストやアルミニウム由来の
病気の芽が加わり、それ を合わせると、もう20近い病気の芽を、ほとんどの方が
抱えている状況に なりました。

たくさんある病気の芽の中でも、「体に不調が出てきた」 と言う人が多いのは、
どちらかと言えば、震災瓦礫の焼却によるアスベスト やアルミニウム由来の病気
の方だと考えられます。

以前、知り合い から「今年の夏ごろからおばあちゃんが急に体調を崩し、
痴呆の症状も出て きた。」と聞いた事がありました。
その時は、放射能の影響でそうなるのか な、と漠然と考えていましたが、
今、はっきりと震災瓦礫の焼却の影響だと 理解できました。

「QOL回復セラピー」では、放射性元素やアスベス ト、アルミニウムなどを
体外に排出する同時に、それらが生み出した病気の 芽を全て摘み取ります。
でも、今までより排出する物質が増え、摘み取る病 気の芽の数が増えた事で、
セラピーに要する時間が大幅に増えてしまいまし た。
心ならずも、11月からセラピーの料金を値上げせざるをえなくなりま したが、
どうか、ご理解をいただき、より多くの方にご縁をいただけたらと 思っています。

ペット向けの「QOL回復セラピー」始めます。

「QOL回復セラピー」を受けられた方から、
「ペットも出来ますか?」 と言う質問をいただきました。
確かに、ペットも内部被曝しているはずです から、ご心配ですよね。

という事で、ペット向けにも「QOL回復セラ ピー」を始める事にしました。
ペットの場合は、名前と、写真をメールでお 送り下さい。
料金は、大人と同じ1,500円とさせていただきます。

 

「アスベスト」と「アルミニウム」の排出セラピーを考えています。

福島原発事故により、日本中の人が放射能被曝したうえに、
今度は、瓦礫 の焼却によりアスベストなどの有害物質を撒き散らす。
震災以降の行政のや る事には、あきれて物が言えません。

私は東京都府中市に住んでいます が、すぐ近くのクリーンセンター多摩川という
ゴミ焼却場で、10月から震 災瓦礫の焼却が始まりました。

私も瓦礫焼却なんて、あまり身近に考え ていなかったのですが、
1か月位前にブログで読んで愕然としました。知ら ないと言うのは恐ろしいですね。

10月2日から焼却が始まったようで すが、
私自身の自覚症状としては、目がしょぼしょぼするかなって程度でし た。
しかし、「QOL回復セラピー」のクライアントさんを診ていた時に、
たまたま川崎に住んでおられる方が2人いて、
その2人ともに、肺と膵 臓の経絡に問題があり、肺経には「アスベスト」、
膵臓経には「アルミニウ ム」のレメディがヒットしたのです。
もしやと思って、自分を診てみたら、 案の定同じ状態でした。

それで、「アスベスト」と「アルミニウム」が 、
震災瓦礫の焼却のせいだと理解できました。

アスベストは、20 年から40年の潜伏期間を経て、胸膜中皮腫や肺がんを
引き起こすと言われ ていますが、吸い込まれた時点から何らかの悪さをする
と考えた方が自然で はないかと思っています。
アルミニウムは、痴呆やアルツハイマーの原因に なるとの見方がありますが、
はっきりとは分かっていないようです。

いずれにしても、何らかの毒となる可能性があるので、
この「アス ベスト」と「アルミニウム」を排出するセラピーを考えようと
思っています 。

「QOL回復セラピー」近々値上げ予定です。

「QOL回復セラピー」を始めてから、3か月が経過しましたが、
クライ アントさんの内部被曝の状況は、日に日に深刻になりつつあります。

特 に、自家菜園の野菜を食べているご家庭が要注意です。
私の諏訪の実家の母 も、春から具合が悪かったのですが、最初は放射能の影響とは
思いませんで した。でも、放射能を体から抜く、ととたんに回復したんです。
実家では、 畑の野菜や、裏山の山菜など、結構食べていたようです。

時間の経過に 伴い、エネルギー体に現れる病気の兆候も、日に日に増えてきています。
6 月頃は、「結核」「胆石」「子宮筋腫」「甲状腺腫」のみでしたが、
現在で は、
「頻脈」「食道がん」「大腸がん」「皮膚がん」「結合組織の腫瘍」「 腺機能障害」
などが出てきています。
今後、更に兆候として現れる病気 の数が増えてくるかもしれません。

これに伴って、「QOL回復セラピ ー」の所要時間が伸びる状況が出て来ました。
スターライトで、1回のセラ ピーで入れられるレメディは、最大8つまでなので、
現在は、2回に分けて やっています。1回のセラピーに10分かかりますので、
その分が、最初の 頃より余計に時間がかかるようになりました。

更に、セラピー後3日た っての確認で、病気の兆候が解消していないケースが
増えてきました。たぶ ん、内部被曝の状況がより深刻になってきている為だと思います。
1回のセ ラピーで解消できなかった場合には、追加のセラピーをやっておりますので、
更にセラピー全体の所要時間が伸びる傾向にあります。
このような状況 から、近々値上げするかもしれません。ご了承下さい。

お申込みは以下 のURLから
http://taikosui.com/