2012年09月15日

最近、年配の女性が心配になってきました。

「QOL回復セラピー」は、小学生以下の方は無料で行っています。

先日、小学生のお子様、1人だけのお申込みがありました。
初めてのケース でしたので、
こういうお客さんばかりになったら、生活できないな、とちょ っと不安でした。

でも、2回目のセラピーが終わった直後に、
大人 のご家族4名の追加申込みがあり、やれやれと安心しました。


「Q OL回復セラピー」を最初にお申込みいただくのは、
だいたいお母様お1人 か、お母様と子供のケースが多いです。
そして、そのあとに、お子様、ご主 人と、ご家族で受けて頂けます。

それだけ、効果を実感していただいて いるんだと、うれしく思います。

でも、反面、ご家族以外の方へのご紹 介は、少ない感じです。
どうも、ご家族以外の方に、放射線の話題を出す事 がしずらい雰囲気があるようです。
政府と自治体の「安全宣言」の影響かも しれません。


さて、「QOL回復セラピー」をやっていると、
内部被曝の状況が日々変化してきているのが分かります。
3か月前と比べて 、現在は明らかに深刻度が増して来ています。

その中で、子供は当初か ら、感受性が高いので心配する人が多いのですが、
最近は、私は年配の女性 が心配になってきています。
私の母も含めて、けっこう具合の悪い方が目に つくのです。

周囲に、最近元気のなくなった方がおられたら、
是非 、「QOL回復セラピー」を勧めていただきたいと思います。