ホーム>出張・遠隔セラピー

出張・遠隔セラピー

出張セラピーのご案内

出張セラピーのご案内

現在、以下の出張セラピーを承っております。
ご自宅への出張の他、新宿、千歳烏山のレンタルスペースでも可能になりました。
ご希望の日時をいくつかお知らせ下さい。
 

スターライトセラピー

《料金》1回  7,000円 + 交通費が1,000円を超える場合、超過分の実費

※スターライトセラピーについて詳しくは こちら

気導術エネルギー整体

《料金》1時間 7,000円 + 交通費が1,000円を超える場合、超過分の実費

※スターライトでも、腰痛や肩こりを解消する事は可能ですが、骨のように硬く固まった筋肉を溶かすのは短時間では無理です。 それに対して「気導術」は、「気」の力をかりて、短時間で硬く固まった筋肉を溶かすことが可能です。 「体がつらくて眠れない」というような方には、とくにお勧めします。

 

驚きの効果を生む、“3Step”

① 骨でなく
筋肉に注目
気導術では、腰痛・膝痛の原因は骨の変形ではなく、骨を支える筋肉の異常が原因だと考えています。気導術ではまずあなたの体の筋肉の異常に注目します。
② 隠れた本当の
痛みを探し出す
普段痛みを感じている所にその痛みの原因はありません。本当の原因はもっと離れた所の奥深くに隠れています。それをあなたと施術者の共同作業で探し出し、あなたの脳に知らせます。
③ 気エネルギー
が筋肉を修復
最後に「気エネルギー」を施術者の体を通してあなたの体に注入します。あなたの脳はこのエネルギーを痛みのある場所に送りそこの筋肉を修復します。その結果痛みは解消します。

 

申込み・お問合わせ

スターライト遠隔セラピー

スターライト遠隔セラピー

「スターライト」は、肉体ではなくエネルギー体に対し働きかけます。
エネルギー体に働きかける場合には、
距離は関係なくなり、遠隔でも対面と全く同じ作用があります。

  • 電話やスカイプなどは使いませんので、普段通りに生活していただいて結構です。
  • いつセラピーをやるかは、メールで事前にお知らせいたします。
  • セラピーのご報告は、基本的にメールとさせていただきます。
  • セラピー後の注意事項として、3日間は1日に2リットル以上、
    水(お茶やコーヒーを除き)を飲んでいただきます。

  ⇒スターライトを使った遠隔セラピーについては、こちら

<遠隔セラピーの原理と仕組み>

私たちの生活の中でも、古くから遠隔セラピーは存在しています。 たとえば、近くの神社で6月と12月の末日に行われる大祓いに、 当日神社に行けないので代わりに、 人型形代(かたしろ)に住所・氏名・生年月日を書いて神社の窓口に出しておく と、 神社では、当日あなたの代わりに形代に対してお祓いをすることで、 あなたの穢れを祓ってくれます。

遠隔セラピー_人形形代

スターライトでの遠隔セラ ピーも、原理的には全く同じです。 「QOL回復セラピー」で使用している形代は、以下の写真のものを使っていま す。 個人を特定する情報としては、住所・氏名を用いています。 人型を印刷していますが、これは、スターライトのユニークなセラピーである、 傷跡セラピー(手術やけがの傷跡を見えないように消すセラピー)を遠隔で行う 為に、 実際に傷のある場所を特定するように入れています。

遠隔セラピー_QOL回復セラピー形代

スターライトでは、手足の指のツボをプローブで測定して、 ツボに繋がっている臓器に問題があるかを判定します。 これを遠隔で行うには、スターライトに接続されたカップに被験者の形代を入れ て、 測定者は、測定者自身の手足の指のツボを測定します。 カップに何も入っていなければ、測定者自身の測定をする事になりますが、 カップに被験者の形代を入れる事によって、被験者の測定が可能になります。

遠隔セラピー_形代をスターライトのカップに

その原理は、テレビでチャンネルを選択するのと同じです。 私たちの生活空間には数多くのチャンネルの電波が混在しています。 テレビでチャンネルを選択すると、そのチャンネル固有の周波数の電波がかすか に発生します。 すると、そのチャンネル固有の周波数に同調した電波だけがテレビに入ってきま す。

私たちのエネルギー体はみんな、生命エネルギーの海の中にあります。 スターライトのカップに形代を入れると、形代から被験者固有の周波数がかすか に発生します。 すると、被験者固有の周波数に同調したエネルギー体が、カップを通してスター ライトに入ってきます。 これによって、測定者自身を測定する事によって、被験者の測定が可能になりま す。

測定の結果、臓器の問題を修正するレメディが選択出来たら、 今度はそのレメディを被験者に流してあげます。 対面のセラピーでは、ガラス棒を被験者の両手で握ってもらい、 手のひらから身体にバイブレーションを流しますが、 遠隔の場合は、被験者の形代をガラス棒の間に挟んで、バイブレーションを流し ます。 これによって、被験者のエネルギー体へのセラピーが可能になります。

遠隔セラピー_形代をスターライトのガラスに

「QOL回復セラピー」では、スターライトの他に、レヨメータと言う器機 も使用します。 こちらの、ドイツ生まれの波動機器にもカップがつけられ、 このカップの中に形代を入れることで、遠隔セラピーが可能になります。

遠隔セラピー_レヨメータ

 

⇒スターライトを使った遠隔セラピーについては、こちら

ページの先頭へ戻る