ホーム> 化学物質としてのたばこ

 化学物質としてのたばこ

たばこに含まれる化学物質

現代人のライフスタイルを考えた時、化学物質過敏症が心配な方もいらっしゃるのではないでしょうか。放射能などの様々な化学物質が考えられますが、身近な化学物質として私たちに影響を及ぼしているのが「たばこ」です。たばこは、一般的な病院にも禁煙外来が設置されるなどの検査対象や「治療」するものとしての意識が高まっています。

たばこには、様々な化学物質が含まれています。
その数は有害とされるだけでも200種類以上があり、その内発がん性物質は60以上にもなるといわれています。
有害なものとして特に有名なものが、ニコチンやタール、一酸化炭素です。

他にも、アンモニアやベンゾピレン、ベンゼン、ホルムアルデヒドなど、名前を聞いただけでも健康を害する原因になりそうなものばかりです。害が認められないとされる物質の中にも、化学物質過敏症の方が反応してもおかしくない物質がある可能性は決して否定できません。

想定される健康被害

たばこの影響で考えられる健康被害には、様々なものがあります。
例えば、肺ガン・咽頭がん・心筋梗塞・脳卒中・胃潰瘍・十二指腸潰瘍は、直接的且つ重大性も高い影響を持ち、症状も命に関わるものが多いです。他にも、ビタミンCの欠乏や免疫機能の低下などが挙げられます。
また、たばこに含まれるニコチンは依存性のある化学物質だということが分かっています。

現在、喫煙者の間でニコチン依存症として認められる方は、ヘロインやコカインといった麻薬と比べても決して劣らない数です。特に、うつ病治療の必要がある方の喫煙は、メンタルヘルスに大きく関わる可能性があることが指摘されています。

最も怖い受動喫煙

たばこによる健康被害への対策をより広範なものにするべき理由が、非喫煙者の受動喫煙です。
例えば、喫煙者の隣で副流煙を吸引した場合、非喫煙者の健康被害は喫煙者本人よりも大きいといわれています。
また、妊娠・授乳中の女性がたばこを吸っている場合、胎盤や母乳に含まれる有害物質が胎児・子供に与える影響も懸念されています。

喫煙は、化学物質過敏症の原因となりうる化学物質の中でも毒性が強いにも関わらず、最も身近といえるものです。禁煙外来などでの治療と合わせて、すこやかの庄も是非ご活用下さい。

ページの先頭へ戻る