ホーム> アレルギーを消すセラピー

 アレルギーを消すセラピー

どんな病気にも共通して見られる事

現在、様々な慢性病でお悩みの方がおられると思いますが、症状は様々な種類が有りますが、共通して見られる特徴があります。 それは、多くの慢性病アレルギーを身体の中に蓄積していると言う点です。
特に重い慢性病をお持ちの方は、おそらく数千~数万の慢性病アレルギーを蓄積しているのではないかと思われます。 生まれてから現在に至るまでずっと蓄積し続けて来たのだと思います。

まだアレルギーの蓄積が少ないうちは、身体は簡単にアレルギーを作りません。 それでも、抗生物質のような切れ味の鋭い薬がまずアレルギーを作り出すと思われます。 病気の時に、人は様々なネガティブ感情を抱くと思われますが、そのネガティブ感情が新しく生まれたアレルギーに結びつきます。 その後、違う抗生物質を使うと、新しく使った抗生物質を追加し、ネガティブ感情の数も増やして、新しいアレルギーが生まれます。 そして、だんだん複雑なアレルギーに成長してゆくのです。

このようにして、ネガティブ感情に結びついたアレルギーが増えてゆくと、身体はアレルギーを生みやすくなります。 そうなると、今度は風邪薬でもアレルギーを作るようになり、アレルギーの蓄積は飛躍的に増加してゆきます。 おそらく、現在重症の慢性病を抱えている方は、そんな経過を辿って来たのだろうと想像します。 通常、慢性病アレルギーは自然に消える事はありません。慢性病を完治するには、セラピーで蓄積している慢性病アレルギーを減らして行く必要があります。

アレルギーの根治に向けて

アレルギーの情報は、DNAの中のアレルギースイッチに記憶されていると考えられます。
アレルギーを解消するには、このDNAのアレルギースイッチをONからOFFに切り替える事が必要ですが、その作業を減感作と言っています。 そして、減感作こそアレルギーを解消できる唯一の方法なのです。
しかし従来は、優れた減感作手法でも、1回のセラピーで1つのアレルゲンしか減感作できませんでした。 それでは、数千~数万蓄積していると考えられる慢性病アレルギーを全部減感作するのに、いったいどれだけ時間がかかるのでしょうか。 そこで、すこやかの庄ではスターライトを用い、1回のセラピーで従来に比べ格段に多い数のアレルギーを減感作する事を可能にしました。 また、減感作の手順にも工夫を加え、より効率的に減感作出来るようになりました。
それを「アレルギー総合セラピー:慢性病基本」で行っており、慢性病の根治に目途が立ってきたと考えています。

セラピーでは、長年悩まされているアレルギーを緩和へと導きます。現代は、ストレス社会といわれる時代です。ストレスによるアレルギー発症は、大きな問題となっています。薬や病院での治療ではなかなか効果が出ないという方も、もしかしたらストレスが大きな要因になっているかもしれません。

アレルギーに悩まされているという方は、是非すこやかの庄のセラピーをご利用下さい。アレルギーの他、放射能汚染でお悩みの方のための中和や予防方法もご提供しております。若々しい体づくり、若返りを目指すという方も、お気軽にご相談下さい。

ページの先頭へ戻る