ホーム> アトピーについて

 アトピーについて

アトピーとは

アトピーとは、ダニやハウスダスト、食事や花粉など一定の物質に過敏に反応して気管や鼻、目や皮膚などに炎症が生じる事をいいます。気管支喘息やアレルギー性鼻炎と並んで三大アレルギー疾患の一つとなっているのがアトピー性皮膚炎です。現在その患者数は、子供大人問わず増加傾向にあり、問題視されています。

アトピー性皮膚炎の現れ方

アトピー性皮膚炎は何といっても湿疹による強いかゆみを生じるのが特徴です。かゆみを我慢できずにかいてしまうと皮膚組織が壊れ、さらにかゆみが増すという悪循環に陥ってしまいます。炎症が現れる部位は、年齢によって変わります。乳幼児期は頭部や顔を中心に出現しやすいです。

小児期になると肘や膝の裏側や関節部にできるようになります。そして全身が粉をふいたように乾燥してしまうのです。思春期になると上半身を中心に四肢にもできるようになります。乾燥すると赤みをおび、厚く硬い皮膚へと変わります。

アトピー性皮膚炎の原因

アレルギー疾患でもあるアトピー性皮膚炎ですが、そのアレルゲンは上記のようにハウスダストやダニなど物質が原因と考えるのが一般的かもしれません。もしくは遺伝だから仕方ないと諦めている方もいらっしゃるでしょう。
しかし、こうした見解とは違う次元として、すこやかの庄では「慢性病アレルギー」が原因とする捉え方でセラピーを行っております。

ジオパシックストレス、マイコプラズマ属、アグロバクテリウム・リゾゲネスの「慢性病を引き起こす魔のトライアングル」をベースに、様々なアレルゲンが結びついたアレルギーを「慢性病アレルギー」と呼んでいます。
アトピー性皮膚炎の方は、この慢性病アレルギーをおそらく数千~数万かかえています。

アトピー性皮膚炎は、その多くの慢性病アレルギーの蓄積の上に発症している訳ですが、アトピー性皮膚炎を発症させるトリガーとなるのは血液の汚れだと考えています。具体的には、肝臓・腎臓・小腸の解毒機能を阻害する慢性病アレルギーが生まれる事がトリガーとなっていると考えています。

もう一つのトリガーは「ストレス」のようです。ストレスによって、皮膚の毛根と真皮との間に存在する“立毛筋”という平滑筋が収縮し、周りの体液循環を阻害し皮膚を栄養不足に陥らせ、カユミを生みます。それを掻く事によって肌が荒れ、皮膚の毒素排出器官としての働きも相まって湿疹が生まれ進行して行くのだと考えられます。

「親の期待」なども子供にとっては大きなストレスであり、アトピー性皮膚炎発症の原因となる可能性があります。アトピー性皮膚炎が慢性化してゆく過程においては、更に異なる要因が関わってきます。
その中にハウスダストやダニもありますが、カビや細菌・ウィルス・寄生虫などと、痒み止めなどの「薬」も症状悪化に関わっているようです。

一向にアレルギーが良くならないという方は、病院の漢方や薬の治療だけでなく、すこやか庄のセラピーを試してみませんか。他にも、アンチエイジングや放射能による健康被害予防に、どうぞすこやか庄のセラピーをご利用下さい。

アトピー性皮膚炎の現れ方

アトピー性皮膚炎は何といっても湿疹による強いかゆみを生じるのが特徴です。かゆみを我慢できずにかいてしまうと皮膚組織が壊れ、さらにかゆみが増すという悪循環に陥ってしまいます。炎症が現れる部位は、年齢によって変わります。乳幼児期は頭部や顔を中心に出現しやすいです。

小児期になると肘や膝の裏側や関節部にできるようになります。そして全身が粉をふいたように乾燥してしまうのです。思春期になると上半身を中心に四肢にもできるようになります。乾燥すると赤みをおび、厚く硬い皮膚へと変わります。

アトピー性皮膚炎の原因

アレルギー疾患でもあるアトピー性皮膚炎ですが、そのアレルゲンは上記のようにハウスダストやダニなど物質が原因と考えるのが一般的かもしれません。もしくは遺伝だから仕方ないと諦めている方もいらっしゃるでしょう。しかし、こうした見解とは違う次元として、すこやかの庄では「慢性病アレルギー」が原因とする捉え方でセラピーを行っております。

ジオパシックストレス、マイコプラズマ属、アグロバクテリウム・リゾゲネスの「慢性病を引き起こす魔のトライアングル」をベースに、様々なアレルゲンが結びついたアレルギーを「慢性病アレルギー」と呼んでいます。アトピー性皮膚炎の方は、この慢性病アレルギーをおそらく数千~数万かかえています。

アトピー性皮膚炎は、その多くの慢性病アレルギーの蓄積の上に発症している訳ですが、アトピー性皮膚炎を発症させるトリガーとなるのは血液の汚れだと考えています。具体的には、肝臓・腎臓・小腸の解毒機能を阻害する慢性病アレルギーが生まれる事がトリガーとなっていると考えています。

もう一つのトリガーは「ストレス」のようです。ストレスによって、皮膚の毛根と真皮との間に存在する“立毛筋”という平滑筋が収縮し、周りの体液循環を阻害し皮膚を栄養不足に陥らせ、カユミを生みます。それを掻く事によって肌が荒れ、皮膚の毒素排出器官としての働きも相まって湿疹が生まれ進行して行くのだと考えられます。

「親の期待」なども子供にとっては大きなストレスであり、アトピー性皮膚炎発症の原因となる可能性があります。アトピー性皮膚炎が慢性化してゆく過程においては、更に異なる要因が関わってきます。その中にハウスダストやダニもありますが、カビや細菌・ウィルス・寄生虫などと、痒み止めなどの「薬」も症状悪化に関わっているようです。

一向にアレルギーが良くならないという方は、病院の漢方や薬の治療だけでなく、すこやか庄のセラピーを試してみませんか。 他にも、アンチエイジングや放射能による健康被害予防に、どうぞすこやか庄のセラピーをご利用下さい。

ページの先頭へ戻る