免疫系受難の時代

免疫系受難の時代

免疫系受難の時代

免疫系受難の時代

一般にアレルギーと言うと、免疫細胞などの働きによる「抗原抗体反応」の事を指しているようです。つまり、身体は外部からの侵入者(細菌やウイルス、放射能など)=「抗原」に対して、それを撃退する「抗体」を作ります。この「抗体」が作られた後に、再度「抗原」が侵入すると、抗原と抗体の戦いが始まり、時に生体に有害な反応(鼻水や目のかゆみ、蕁麻疹など)が現れます。通常「抗体」は、私たちの身体に害を及ぼす可能性のある種類に対してのみ作られるはずですが、花粉や食材など、本来害を及ぼさないものにも作ってしまった場合をアレルギーと呼ぶようです。

しかし、「すこやかの庄」では、「抗原抗体反応」に限らず、「生体のエネルギーを低下させる作用」全般をアレルギーと認識しています。この認識によれば、私たちの身の回りにある全てのものが「アレルゲン」になりえますし、同時に「全ての病気はアレルギーによる生体エネルギーの低下によって生じる」と捉える事ができます。今、「すこやかの庄」にはアトピーなどの重症の慢性病を抱えているお客様が多いのですが、そのほとんどが尋常でない数のアレルギーを蓄積しているようです。

恐らく、アトピーなどの慢性病の原因はピンポイントで説明できるものではなく、様々なアレルギーが組み合わさって影響しあい、発症しているのだと考えられます。つまり、一つひとつのアレルギーが少しずつ生体のエネルギーを低下させ、その集合がアトピーなどの慢性の症状を表に出して固定化するのだと思います。

免疫系受難の時代

それでは、アトピーなどの慢性病の原因と考えられる「尋常でない数のアレルギーの蓄積」はどうして起こるのでしょう。その原因もやっぱりアレルギーで、その原因となっているアレルギー群は、アレルギーの蓄積の一番下に隠れていました。具体的には、免疫機構の根本を司る遺伝子(Menin遺伝子、Bach2遺伝子、Fezf2遺伝子)の働きを阻害するアレルギー群です。これらのアレルギーによって免疫機構が混乱を来し、必要のないアレルギーをどんどん生んでしまったのだと推定できます。

この一番下に隠れていたアレルギー群に共通していたアレルゲンが「マイコプラズマ」でした。このマイコプラズマが身体に入って来た事によって、マイコプラズマと免疫機構の根本を司る遺伝子(Menin遺伝子、Bach2遺伝子、Fezf2遺伝子)が結びついたアレルギーが生まれ、それによって3つの遺伝子の働きが阻害され、免疫機構の混乱が生じたと考えられます。そして、このマイコプラズマがどうやって体内に入って来たかを、マイコプラズマに結びついていたアレルゲンから推定すると、どうもそれは「ワクチン」と「ケムトレイル」である可能性が高いと考えています。これらにより、現代人は多かれ少なかれ「アレルギーを生みやすい体質」に変化してきていると言えます。

マイコプラズマは、免疫機構の根本を司る3つの遺伝子以外にも、実に多くの遺伝子と結びついたアレルギーを作っていました。「癌の抑制遺伝子」「自己免疫疾患の原因遺伝子」「自閉症の原因遺伝子」「ウィリアムズ症候群の原因遺伝子」などの遺伝子です。マイコプラズマと結びついたこれらの遺伝子の機能が阻害される事が、多くの慢性病の発症に関わっていると推測できます。

免疫系受難の時代

ショップ名 すこやかの庄
所在地 〒183-0012 東京都 府中市 押立町 2-1-1
TEL / FAX 042-365-7421 / 042-365-7421
メールアドレス info@taikosui.com
ホームページ http://www.taikosui.com/

お役立ちコラム