アトピーの原因を考える

アトピーの原因を考える

アトピーの原因を考える

アトピーの原因を考える

アトピー原因は、ピンポイントでは説明できません。大元は、「アレルギーを生みやすい体質」に変化した事から、「尋常でない数のアレルギーを蓄積」してしまった事が原因と考えられます。「アレルギーを生みやすい体質」は、ありとあらゆるものをアレルゲンとしてアレルギーを作ってしまいます。いやらしいのは、体内や自分の身体が作り出した物質にアレルギーを作ってしまう事です。

湿疹が出る原因としては、「立毛筋」と「体内静電気」が組み合わさったアレルギーがあります。その湿疹が慢性化するに従って、「乾皮症」「脂漏性皮膚炎」「剥脱性皮膚炎」「ビダール苔癬」「強皮症」などに関わるアレルギーを生むようになります。アトピーは、様々な皮膚疾患の組み合わさったものでもあるようです。さらに、アトピーの方のほとんどは、治療にステロイドを含めた様々な「薬」を使用しているようですが、この「薬」がすでにあるアレルギーに結びついて、アレルギーをより複雑にしてしまいます。

また、アレルギーの基本的な作用として、「アレルゲン」を様々な組織に「隔離」して身動きができないようにする働きがあります。その働きによって、「アレルゲン」は体内に隔離され、表からは見えない形で蓄積して行きます。アトピーの不可解な症状として「浸出液」がありますが、この「浸出液」の量を増やしているアレルギーとして、「浸出液」と「塗り薬など」の組み合わさったアレルギーがあります。本来、浸出液は体液の流れに吸収されて行けば、一所に溜まる事はないはずですが、このアレルギーによって体液の流れから「隔離」され、皮下に溜まってしまうようです。

アトピーの原因を考える

お子様がアトピーになるのは、生まれた時からすでに「尋常でない数のアレルギーを蓄積」していたためと思われます。もちろんそのアレルギーの蓄積は、ご両親から遺伝によって引き継いだものに他なりません。お子様には何も罪はないのです。かと言ってそれがご両親の責任かと言えば、ご両親もまたそのご両親から遺伝によって引き継いだアレルギーであるケースも多く見られます。時代を遡って、アレルギーの蓄積の原因を探って行くと、そもそもの原因として「ワクチン」と「ケムトレイル」に行きつきました。

そもそものアトピーの原因が「ワクチン」と「ケムトレイル」であったとして、本人に全く責任がないかと言えば、それも違うようです。と言うのは、「尋常でない数のアレルギーの蓄積」の中で、半分以上は漢方を含めた「薬」と「サプリメント」に結びついたアレルギーだったからです。もともと「アレルギーを生みやすい体質」の方が、毎日食事の後まじめに「薬」と「サプリメント」を使用したら、加速的にアレルギーを生んでしまうのです。

身体のために良かれと思ってした事が、結果的に身体を害する事になるのですが、その害が現れるのはずっと後になってからです。細菌やウイルス、放射能という外部からの浸入に備え、「アレルギーを生みやすい体質」に変化している事を認識して、アレルギーを生まない生き方を考えてゆく必要があります。

アトピーの原因を考える

ショップ名 すこやかの庄
所在地 〒183-0012 東京都 府中市 押立町 2-1-1
TEL / FAX 042-365-7421 / 042-365-7421
メールアドレス info@taikosui.com
ホームページ http://www.taikosui.com/

お役立ちコラム