コンテンツ

よくあるご質問:遠隔セラピー

Q. 遠隔セラピーってまゆつばものではないですか?
A. はい、まゆつばではありません。古来、遠隔は神社のお祓いや、気功や霊気(Reiki:レイキ)など、生活の中であたりまえに行われて来ましたし、エネルギーセラピーの世界では、遠隔セラピーは常識となっています。
とは言え、『遠隔なんて言うと信用を失うから言わない方がいいよ』と忠告して下さる方もおられます。ですが、「QOL回復セラピー」は、対象者が日本全国にわたりますし、一番受けて頂きたいのは福島のかたです。その時に、対面のセラピーでは受けて頂くのが不可能になってしまいますので、勇気を出して遠隔を表に出す事にしました。
Q. 遠隔セラピーは電話とかスカイプと使用しますか?
A. スターライトの遠隔セラピーでは、電話やスカイプは使用しません。
遠隔セラピーを始める前にメールでお知らせしますので、普段通り過ごしていただいていて結構です。敏感な方は、セラピーのエネルギーを感じられるようですが、多くの方は何も感じないようです。ただ、セラピー中眠くなる事がありますので、後でちょうどセラピーの時間だったと納得される方もいらっしゃいます。
Q. 遠隔セラピーの原理を教えてください?
A. 私たちの生活の中でも、古くから遠隔セラピーは存在しています。
たとえば、近くの神社で6月と12月の末日に行われる大祓いに、当日神社に行けないので代わりに、人型形代(かたしろ)に住所・氏名・生年月日を書いて神社の窓口に出しておくと、神社では、当日あなたの代わりに形代に対してお祓いをすることで、あなたの穢れを祓ってくれます。
 その原理は、テレビでチャンネルを選択するのと同じです。私たちの生活空間には数多くのチャンネルの電波が混在しています。テレビでチャンネルを選択すると、そのチャンネル固有の周波数の電波がかすかに発生します。すると、そのチャンネル固有の周波数に同調した電波だけがテレビに入ってきます。
 スターライトでの遠隔セラピーも、神社と同じように形代(かたしろ)を用いて行います。スターライトで使用する形代には、個人を特定する情報として、住所・氏名・生年月日などを記入して用いています。そして、この形代を、測定時にはカップに入れ、波動調整時にはガラス棒に挟んで、本人の代わりにセラピーします。
Q. 対面のセラピーと遠隔セラピーで効果に違いがありますか?
A. セラピーの効果に違いはありません。ただし、対面の場合には、問診の内容や、目から入ってくる情報を、レメディ選択の参考にできるメリットがありますし、遠隔には時間にとらわれず、じっくり取り組めるメリットがあります。
Q. 遠隔セラピーに必要な情報は?
A. 個人を特定できる情報をお知らせ頂いております。具体的に、セラピー申込フォームでは、「住所」、「氏名」、「性別」、「生年月日(年齢)」の4項目をお伺いしていますが、「性別」、「生年月日(年齢)」は、セラピー時に参考にする必要から含めているもので、必須ではありません。基本的には、「住所」、「氏名」と言う事になります。
Q. 長期出張で自宅にいない場合の住所はどちら?
A. 自宅の住所で大丈夫です。これは、病気で入院している時も同じです。旅行で国内、海外を回っていても、いちいちお知らせ頂く必要はありません。
Q. 海外に住んでいても可能ですか?
A. 海外でも大丈夫です。セラピーのご報告をメールでお送りしていますので、メールの届く範囲と言う事になります。
Q. 遠隔セラピー中はどんな事をしていてもいいですか?
A. セラポー中、とくに安静にしている必要はありません。通常の生活をしていて頂いて結構です。ただし、セラピー中眠くなる事がありますので、車の運転をされる方は事前にその旨お知らせください。運転しない時間にセラピーをさせていただきます。
Q. セラピー後の体調の変化はお知らせした方がいいですか?
A. セラピー後の体調の変化はできるだけお知らせください。対面で実際に見たり、お話を伺う事ができませんので、お客様からのフィードバックだけが頼りになります。効果的なセラピーにする為にもご協力をお願い致します。もしアレルギーが原因で出て来た症状であれば、それはアレルギーを除去しないと改善しませんので、あまり我慢する必要はありません。


TOPに戻る