オフィシャルブログ

なんとかしなければ。でも、もうあまり時間は残されていない。

放射能による健康被害の原因は、放射能による内部被曝です。
つまり、体の中に蓄積した放射能により周囲の細胞が傷つけられる事によって病気が発生します。
ですから、症状を抑える前に、まず体内に蓄積した放射能を体外に排出しないと、
もぐら叩きのように、抑えても抑えても、次から次に症状が出て来ます。
これは、QOL回復セラピーをやっていて分かって来た事です。

今後、放射能による健康被害がもっと表に出てきたら、どんな状況になるでしょうか。
すでに誰もが60以上の病気の芽を持っていますから、1人で複数の病気をかかえる
のがあたりまえの世の中になるだろうと思われます。

それでは、医療機関の対応はどうでしょうか。
それぞれの診療科では、それぞれの病気に対して、その症状を抑える薬を処方します。
さらに、薬には副作用がありますから、その副作用を抑える薬も処方されて、
薬は雪だるま式に増える一方です。
また、病気が違えば、診療科が異なりますので、複数の診療科をはしごする事になります。
それぞれの診療科で長時間待たされたら、病院に行くのがほとんど1日仕事になってしまいます。
それでも病気が治ればいいのですが、薬はあくまでも対症療法であり、原因を解消しません。
ですから、一旦症状が改善されたとしても、再発するか、別に新たな病気が出て来るかのどちらかです。
これでは、今ある医療機関はすぐにパンクしてしまいます。

これに対し、正しい対処方法は、実にシンプルです。
まず、原因である放射能を体外に排出します。
あとは、放射能を再度体に取り入れないようにしていれば、体自身が自然に病気を治してしまいます。
もっと早く治したかったら、スターライトでサポートする事も出来ます。

問題は、現代医学では放射能を体外に排出する事ができませんし、体に入ってくる事を防御もできません。
それでも、現代の医療機関は、薬を処方する事によって利益を得ているのですから、
それ以外の事はやろうとしないでしょう。

なんとかしなければならない、とは思いますが、自分に何ができるだろうか?
もうあまり時間は残されていない。