オフィシャルブログ

ソマチットと言う不思議な生命体

先日、お客様から「ソマチット」を補給するサプリメントのご紹介をいただきました。
ソマチットは以前から知ってはいましたが、今まで特にアレルゲンとして扱っては来ませんでした。
しかし、改めて紹介されて、慢性病アレルギーとの関わりを考えてみた時、
もしかしたら、このソマチットが大きな役割を演じているかもしれないと思い当りました。

そこで、「ソマチット」に対してアレルギーの有無を確認したところ、けっこういろいろな
アレルゲンと組み合わさってアレルギーが存在していました。また、ソマチットは、
慢性病をもたらす魔のトライアングルに直接結び付く、「慢性病アレルゲン」でもありました。
アレルギーによってソマチットの働きが妨害され、それによって慢性病が引き起こされると考えられます。

「ソマチット」を初めてお聞きになったと言う方は、以下をご覧ください。

ソマチッドは全ての生命体の免疫の 基本を担っている!!
http://activegroup-jp.com/somatid.html

(転載開始)
★ソマチットは免疫・恒常性維持機能(ホメオスターシス)を担う
★人間の体内の細胞の数(60兆個)の数百~数千倍も存在する超微小生命体である。
★動物・植物・バクテリアなど全ての地球生命体の中に存在します・
★5億年前の化石の中でも生きている事が確認されています。
★どんな条件下でも死なない生命体!1000℃や-150℃さらには、無酸素状態・
 硫酸中・硝酸中・塩酸中・超高気圧・高レベル放射能下などでも死なない生命体!
★ソマチットは、地球誕生以来増えも減りもしない、数量不変の生物です。

ソマチットは高効率の電子供給体(コンデンサー)として免疫や恒常性維持機能(ホメオスターシス)の
基本を担い、また、含水リン酸鉱物錯体として身体のさまざまな要素(血や骨、DNA、細胞膜、糖鎖、
ATP)の基礎的な原材料ともなっているようです。

(途中省略)

病気やストレス、ネガティブな気持ちの時、このソマチットは血液中で殻を作ってその中に逃げ込んで
しまいますが、健康で明るい気持ちであれば元気に活躍すると云うとても面白い変化を示します。

ソマチット-1.jpgソマチット-2.jpg


(転載終了)

これほど重要な役割を担っているソマチットですが、写真にあるように、酸性化した血液の中では殻を作って
その中に逃げ込んでしまうようです。前の記事で、体が酸性に傾いている方で、放射能を中和できなかった
ケースがあった事を書きましたが、実はこのソマチットが体内での常温原子転換に関わっているそうですので、
放射能の中和が出来なかったのは、酸性の体内環境下でソマチットが働いてくれなかった為かもしれません。

もし、ソマチットが体の中の生化学反応全てに関わっているとすれば、まず、身体を酸性に傾けない事が重要に
なりますが、その一方で、体内の酸/アルカリのバランスが良好に保たれ、ソマチットが十分に働ける環境に
あったとしても、アレルギーによってソマチットの働きが妨害されていたとしたら、同じ事になってしまいます。
前にも書いたように、ソマチットには様々なアレルゲンと組み合わさったアレルギーがたくさんあります。

以下に、ソマチットとの組み合わせでアレルギーが認められたアレルゲンをまとめてみました。

—————————————————————–
(体の器官)
前頭極、海馬
椎骨動脈神経節、上頸神経節、中頸神経節、星状神経節

(体内生成物)
胃酸、胆汁、酸化蛋白質分解酵素(OPH)

(常在菌)
鉄酸化菌、溶血性連鎖球菌

(経口アレルゲン)
卵白、カゼイン
ウコンの精油成分(シオネール、カンファー、アズレン、クルクメン)
遺伝子組換え食品、及び(↓その残留化学物質)
 ポリエトキシレート、タロウアミン界面活性剤(POEA)

(医薬品)
サルファ剤、ニューキノロン系抗菌剤
テトラサイクリン系抗生物質 マクロライド系抗生物質
—————————————————————-

▼リストの上の方のアレルゲンからは、体にどんな作用を及ぼすかが推定できます。

●前頭極と海馬は、大脳皮質に書き込まれた記憶を再生、つまり思い出す時に
中心的な役割を果たす器官です。
●椎骨動脈神経節は、脳の血流をコントロールし、その他の3つの神経節は、
全身の血流をコントロールします。
●胃酸と胆汁は、消化管での消化・吸収に大きな役割を果たします。
●酸化蛋白質分解酵素は、老化した蛋白質を分解・除去して体をきれいに保ちます。
●鉄酸化菌は、体内での電気の生成に深く関わっています。

これを見ると、ソマチットが体内のライフラインに深く関わっている事が伺えますし、
アレルギーでその働きが邪魔された場合、体全体に影響が出て来る事が予想されます。

▼一方、リストの下の方のアレルゲンからは、どんなものがアレルギーを引き起こす
かが分かります。

●基本栄養素の中では、「卵白」と「カゼイン」。食物アレルギーの定番です。
●ウコンの精油成分である、4つの成分。精油は、植物が作り出した天然の化学物質
である有機化合物が集まってできたものですが、特にウコンに含まれる精油成分が、
ソマチットと深く結びついています。
ウコンに限らず、サプリメント全般にアレルギーを生む可能性があるかもしれません。
●食品では、遺伝子組換え食品と、栽培時に使われた除草剤の残留化学物質として、
2つの界面活性成分があります。これらは、ずっと以前から体に入り込んで来ていて、
ソマチット以外にも、様々なアレルギーを作り出しています。
現実問題として、遺伝子組換え食品を食卓から排除する事は不可能かもしれませんが、
極力体に取り込まない努力は怠ってはいけないと思います。
●最も影響が大きいと考えられるのが、医薬品です。特に、サルファ剤と
ニューキノロン系抗菌剤は、様々な副作用を引き起こす事で知られています。
その副作用の大元が、ソマチットとの組合せのアレルギーである可能性があります。
よく効く薬は必ずアレルギーを生みますので、不用意に多用するのは避けた方が賢明です。


ソマチットに関わるアレルギーは、目に見える症状が表に出て来るのでなく、
体の中のライフラインを徐々に脆弱にしてゆくものです。
ソマチット以外の慢性病アレルギー全般にも言える事ですが、これらのアレルギーは
歳を重ねるごとに強化されて行きます。ある意味、老化とイコールと見る事も出来ます。

ですので、慢性病アレルギーを減感作する事は、アンチエイジング、若返り、に通じると
考えています。現に、私自身も慢性病アレルギーを減感作してみて、体の変化を徐々に
感じ始めています。肌がしっとりとして来ると同時に、体も少しスリムになった感じです。
さらに、今後の変化を楽しみにしています。



●「アレルギー総合セラピー:症状別減感作(慢性病基本)」1回コース 2,500円 は、
 3月から
 「アレルギー総合セラピー:慢性病基本」4回コース 7,500円 として、
  従来の、症状別減感作の (酸/アルカリ)も含めたコースに、リニューアルいたします。

 ※慢性病アレルゲンの数が、60項目を超え、1回の施術では難しくなった事と、
  (酸/アルカリ)も、慢性病と切っても切れない関係にある事から、
  セットにして、よりリーズナブルな価格とさせて頂きました。
 ※アレルギー総合セラピー:基本栄養素をお受けになった方が対象になります。

●QOL回復セラピー<3回コース>
 料金:3,000円(小学校以下のお子様は無料)
1回目:身体の中に溜まった放射能の中和
2回目:放射能由来の病気の芽の摘み取り
3回目:サンジーヴィニの放射能から身体を守るヒーリング

●アレルギー総合セラピー:基本栄養素<4回コース>
 料金:7,500円(QOL回復セラピーと同時申込で、6,000円、お子さまは、3,000円)
アレルギー総合セラピー(12回コース)の中から、全ての方に必須の減感作をピックアップしました。
あらゆる毒素を蓄積しない身体作りを、リーズナブルな料金で実現できます。
従来、QOL回復セラピーを定期的にお受けになっておられた方は、今後受ける必要が無くなります。
1回目:ジオパシックストレスの減感作。神経系、及び、ホルモン系の主要アレルゲンの減感作。
2回目:基本栄養素1~8の減感作。
3回目:基本栄養素9~15の減感作。
4回目:主要10アレルゲンの減感作。(ワクチン保存料、農薬、吸入性アレルゲン、経皮吸収アレルゲン、
    にがり、放射能、電磁波、食物漂白剤、遺伝子組換え食品、ケムトレイル)

●アレルギー総合セラピー:基本栄養素 のお申込みは、まず
「QOL回復セラピー」に申込み、通信欄に「アレルギー総合セラピー:基本栄養素 希望」とご記入下さい。
/contents/category/contact/