オフィシャルブログ

人は腸で発電した電気で動いている!?

現在、アレルギー総合セラピーの中で、「体内常在菌」の減感作を行っていますが、
「体内常在菌」の中でも、多くの方に「腸内細菌」に対する強いアレルギーが見られます。
一口に「腸内細菌」と言っても、その種類は100種~500種もあると言います。
いったい、強いアレルギーがある細菌とは、何なんでしょう。ずっと気になっていました。

その前に、「腸内細菌」とは、いったい何なのかを、おさらいしてみたいと思います。

人間の細胞の数は60~70兆、これに対し腸内細菌は何と100兆と言われています。
私たちは、常に人間を中心に考えてしまうのですが、腸内細菌のような微生物は、人類誕生のずっと前から
変わらずに地球上に存在していました。その数知れない微生物と共生する形で人類は誕生したのです。
ですから、現在も人間は微生物の働きなくして存在できない生き物なのです。

微生物と聞くと下等な生き物とバカにする人がいますが、人間の未熟な科学では不可能と考えられている事を、
いとも簡単にやってのける微生物がたくさんいるそうです。
一応、今の科学で解明できている腸内細菌の役割として、以下の項目が上げられます。

<腸内細菌の役割>
1.ホルモンやビタミンの産生
2.免疫系の賦活
3.脂質代謝の活性化
4.消化・吸収・代謝
5.有害物質や発癌物質の排泄
6.腸内PHの調整
7.腸の蠕動の活性化
8.病原菌・有害菌の感染防御
9.各種臓器の機能の活性化や保全

以前のブログで、「人間も電磁波によって誤動作する」と書きましたが、その時は、
誤作動を引き起こす電磁波の発生源は、金属歯科材料や装身具であると考えました。
でも実は、金属歯科材料や装身具がなくても、身体の中から電磁波を出すものがいたり、
仕組みがあって、それが誤動作の原因になっている可能性も考えていました。

そんな事を考えながらウェブを検索していたら、以下のブログに行き当りました。
このブログでは、腸内で電気を溜めている微生物として、「鉄酸化菌」の事が紹介されていました。
ただ、電気を溜めると言うのは執筆者個人の仮説であって、今の科学ではまだ証明されていないとの事です。

第17章 ヒトの健康と湧水
http://sutooffice.jimdo.com/%E8%87%AA%E7%84%B6%E7%A7%91%E5%AD%A6%E8%AA%BF%E6%9F%BB-%E9%A0%88%E8%97%A4%E6%8A%80%E8%A1%93%E5%A3%AB%E4%BA%8B%E5%8B%99%E6%89%80/%E8%87%AA%E7%84%B6%E7%A7%91%E5%AD%A6%E3%81%AE%E5%BF%9C%E7%94%A8-%E2%85%A2-%E7%B6%9A%E7%B7%A8/%E7%AC%AC%EF%BC%91%EF%BC%97%E7%AB%A0-%E3%83%92%E3%83%88%E3%81%AE%E5%81%A5%E5%BA%B7%E3%81%A8%E6%B9%A7%E6%B0%B4/

(転載開始)
鉄酸化細菌は電気合成を図るために、アリの活動と同じように体内全域で電気を収集し腸内(小腸は体温が高い)
に蓄電しているものと推測されます。鉄酸化細菌は生命体の電力を創り出す非常に有益な細菌です。

鉄酸化菌.jpg
【鉄酸化細菌】
鉄を食べて生きている微生物、酸化することで生育に必要なエネルギーを得ています。
「鉄酸化菌」(もしくは「鉄酸化細菌」、「鉄細菌」、「鉄酸化バクテリア」、「鉄バクテリア」)と呼ばれ、
酸化された鉄は、不溶性酸化鉄(錆)となって沈殿します。山中の湧水池などで赤茶けた錆が見られる場所には、
鉄酸化菌が生息していることが知られています。実験室内で培養することが極めて難しい微生物であり、
その生態はほとんどわかっていない。・・・ネット情報
(転載終了)

これを読んで、とても興味を持ったので、さっそくセラピーで、「鉄酸化菌」に対するアレルギーの有無を確認してみると、
単独で強いアレルギーがあると同時に、「金属歯科材料」との組み合わせでも強いアレルギーがありました。
とすると、上の「体内全域で電気を収集し腸内に蓄電している」との仮説も
あながち間違っているとは言えないかもしれません。

さて、もっと他に記事がないかと探してみたところ、「鉄酸化菌」の反対の働きをする「鉄還元菌」が
「微生物燃料電池」に使われているとの記事がありました。

日比野庵 本館 2.微生物燃料電池
http://kotobukibune.at.webry.info/201203/article_12.html

(転載開始)
微生物電池.jpg
代表的な異化的鉄還元細菌として、ジオバクター(Geobacter)菌やシュワネラ(Shewanalla)菌などがあり、
これらの菌は、空気中の酸素を嫌い、地中や海底、沼底など、酸素のほとんどない環境で生息するのだけれど、
世界各地の河川等から発見されている。
(転載終了)

とても役に立ちそうな細菌ですが、何を隠そうこの「鉄還元菌」たち、人間の腸内にもちゃんといるんですね。
「鉄酸化菌」と「鉄還元菌」、お互いにどう関わり合っているのかは、まだ良く分かりませんが、
身体を正常に動かす為の電気を生んでくれているのではないかと思われます。

改めて、100~500種類もいると言う腸内細菌が、どう言う働きをしてくれているのか?
私たちの未熟な科学では伺い知る事の出来ないものがあると痛感しています。
地球の主人は人間などではなく、まちがいなく微生物です。
人間がしゃしゃり出るより、微生物を応援して任せておいた方がきっとうまくきます。

「アレルギー総合セラピー」では、「鉄酸化菌」及び「鉄還元菌」のアレルギーと、
「金属歯科材料」「装身具/衣料」「硫黄」との組合せでのアレルギーの減感作を
行うようにしました。これによって、電磁波による誤作動の可能性は更に減ると思われます。


●アレルギー総合セラピー:基本栄養素<4回コース>
 料金:7,500円(QOL回復セラピーと同時申込で、6,000円、お子さまは、3,000円)
アレルギー総合セラピー(12回コース)の中から、全ての方に必須の減感作をピックアップしました。
あらゆる毒素を蓄積しない身体作りを、リーズナブルな料金で実現できます。
従来、QOL回復セラピーを定期的にお受けになっておられた方は、今後受ける必要が無くなります。
1回目:ジオパシックストレスの減感作。神経系、及び、ホルモン系の主要アレルゲンの減感作。
2回目:基本栄養素1~8の減感作。
3回目:基本栄養素9~15の減感作。
4回目:主要10アレルゲンの減感作。(ワクチン保存料、農薬、吸入性アレルゲン、経皮吸収アレルゲン、
    にがり、放射能、電磁波、食物漂白剤、遺伝子組換え食品、ケムトレイル)

●アレルギー総合セラピー:基本栄養素 のお申込みは、まず
「QOL回復セラピー」に申込み、通信欄に「アレルギー総合セラピー:基本栄養素 希望」とご記入下さい。