アレルギーセラピー

私の宿便との格闘の歴史と、アレルギーセラピーの可能性

前の記事で、アレルギー治療の基本は、まず日本人の体質に合った「食事」だ
と書きましたが、食事を変えても、長年溜まりに溜まった毒素は、簡単には
排出できません。

私の事例でお話しします。
私がサラリーマンだった頃、夜遅くまで仕事をして、11時過ぎに食事をして
家に帰るのが常でした。そのとき、夜遅くまで食事を食べられるお店は限られていたので、
だいたいいつも「とんかつ屋」で食事をしていました。
今思えば、最悪の生活パターンだったと、悔んでいます。

ヨガの教えでは、もともと肉を食べるのは控えるように言っていますが、肉の中でも
豚肉が一番が害が大きいとありました。おまけに、豚カツを揚げる油が問題です。
長時間高温に保たれた油にはトランス脂肪酸が生成されますが、それを豚カツと一緒に
身体に取り込む結果になりました。

そして、15年位前、健康診断で、コレステロール値が高いと注意され、その影響を知る事になりました。
それを機会に、私は、一念発起してベジタリアンに移行することになりました。
それでも、コレステロール値は、何年も高いまま正常値には戻りませんでした。
たぶん、長年溜めて来た毒素が宿便として身体の中にずっと残っていたのだと思います。

50歳を機に、脱サラして新しい仕事を模索していた時、今を逃したらもう2度と
出来ないだろうと思って、1ヶ月間断食した事があります。7年前の事です。
これで宿便がきれいに出て、すっきりした身体になれるかなと期待して臨みました。
断食の途中に、コールタールのような真っ黒な便が出るには出たのですが、
1か月断食しても、宿便が出切ったと言うすっきり感は得られませんでした。
その時、まだ身体の中に残っているに違いないと思いました。

宿便と言うと、なにか腸の中に溜まっているような印象があるかもしれませんが、
決して腸の中に溜まっている訳ではないようです。ですから、内視鏡で探しても決して見つかりません。
だから、宿便なんて存在しないと言う人もいますが、私は経験していますから、宿便はあると
断言できます。でも、普段は腸の中にはないようです。

ヨガの集まりの時に、宿便は実は血液だと教えてもらった事がありました。
おへそのあたりを指で強く押した時、ドックン、ドックンと脈打つものがあったら、
宿便があるのだそうです。その時は、その説に心から納得と言う訳ではありませんでしたが、
最近、千島学説で、血液の汚れが限界に達すると、生命維持システムが、癌を作ってその中に
汚れを閉じ込める、と言う話を聞いて、宿便も同じ事かも知れないと思いました。

千島学説では、断食などの極限状態の中では、がん細胞は血液に戻ると言っています。
宿便も断食した時に出て来ますから、メカニズムとしては、癌と同じかもしれません。
つまり、断食などの極限状態の中で、おへそあたりに閉じ込められていた宿便が血液に戻り、
肝臓にまわり、胆汁となって十二指腸に排出される、と言う訳です。

このように、断食は体の中に蓄積した毒素を排出するのに、とても有効な手段のように
思われます。併せて食事の好みをリセット出来ますので、復食する時に、計画的に
食事の内容と量を変えて行けば、それで食事の習慣が定着できます。
食習慣の切り替えの時に、毒素排出と併せてうまく活用するといいと思います。

手軽な3日断食から、2週間断食くらいなら仕事をしながらでも可能な範囲です。
私の場合は、りんご断食が好きですが、酵素断食なども最近人気があるようです。
復食の時の注意事項、1口30回かんで、量は少しずつ増やして行く事を守れば、
1人でも危険なく行う事が出来ます。

あと、今は、長年に渡って蓄積された毒素を排出する為の、アレルギーセラピーを
研究しています。それが可能になれば、つらい断食をしなくても、毒素を排出できるようになりますからね。
ちなみに、私の身体には、トランス脂肪酸に対するアレルギー反応がまだ残っていました。
断食しても排出されない毒素を、アレルギーセラピーで排出出来たらうれしいですね。
 

アレルギー治療の基本は、まず日本人の体質に合った「食事」

病気で苦しんでいらっしゃる方がおられたら、少しでも楽にしてあげたい。
それは、セラピストとして当然の思いかもしれませんが、
最近、ただそれだけでは、どうも片手落ちだな、と言う気がしてきました。

1年前に「QOL回復セラピー」を始めた時は、放射能による健康被害は、
被曝した人に責任がある訳ではない、とにかく、3.11の前の状態に戻してあげたい、と言う想いでした。
その後、震災瓦礫の焼却が始まって、アスベストやダイオキシンの体内蓄積が
認められるようになってからも、その想いは変わりませんでした。

しかし、季節がめぐり春になり、花粉が飛び、黄砂が飛来してくると、少し見方が変わって来ました。
どうも、今まで放射能や震災瓦礫の焼却によって健康被害が出ていた方たちは、
圧倒的にアレルギー体質の方が多かったように思えたのです。
それもそのはず、原発の爆発によって飛散した放射性元素には、
ほとんどの人が初めて接触した訳ですから、アレルギー体質の人の方が敏感に反応したのは当然と言えます。

【“カナリア”の皮膚感覚/敏感な人ほど影響が早い】
http://www.mdsweb.jp/doc/1221/1221_08t.html

福島第1原発の廃炉完了まで、政府は40年と言っていますが、もっと伸びると言う専門家もたくさんいます。
その間、福島第1原発からは放射能がずっと放出され続けるのです。
だとしたら、「QOL回復セラピー」も単に3.11以前の状態に戻すのではなく、
アレルギー体質を解消するところまで踏み込んで行く必要があるのではないかと考えています。

アレルギー体質の方は、日常生活における生活の質が低下するだけでなく、
将来の「癌」発症リスクも高くなると考えられます。
以下の研究データは、アレルギー体質の子供の小児白血病の発症リスクが、
健常児に比べ3倍高かったというものです。

放射線感受性についてのブロスの説 (09-02-07-05)
http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_No=09-02-07-05

アレルギー体質を解消するのに、有効なセラピーはもちろんあちますが、セラピーだけでは無理です。
と言うか、基本は「ライフスタイルの改善」であって、セラピーはそれをサポートする位置づけになります。
ライフスタイルを変えて行くのには、意志の強さが必要になり、その為には、
なぜアレルギー体質になったかを、十分に納得していただく必要があります。

「ライフスタイルの改善」を具体的に言うと、まず「食事」が上げられます。
食事を日本人の体質に合ったものに変える事で、アレルギーは改善されます。
以下の本は、とても分かり易くてお勧めできます。

猫が家の中にいっぱいいても、アトピー・喘息が完治
http://www15.plala.or.jp/ichi-akiko/

「アレルギーは自力で治る!」
 ある主婦のアトピー・ぜんそく・鼻炎完治絵日記
 市川晶子 著&マンガ  ハート出版

著者の市川さんの当初の症状は、
アトピーはかかと以外のほぼ全身に痒みの症状。
布団に横になると、咳、痰がひどく、夜は寝る事が出来ない。
やっと寝ても、明け方四時ごろ必ず起こる喘息の発作。
息が吸えず「死ぬかも・・・」と思う事たびたび。
そのほか、風邪を引きやすく、引くとなかなか治らない。
などなど・・・・。

そんな市川さんが、
薬も飲まず、医者にもかからず、しかも猫9匹と同居していたにもかかわらず、
わずか1年余りで、上の症状からほぼ完全に解放されてしまったのです。

その秘密は?
ただ、「食事」を、日本人の体質に合ったものに変えただけです。

身体は食べ物でできている
病気の身体も食べ物がつくっている
ならば食べ物を正せば
身体が変わり病気も治る

と言う原則に納得して、それを実践し続けた結果なのです。
たかが食事、されど食事ですね。

あと、ちょっと気になる本をご紹介します。

「乳がん患者の8割は朝、パンを食べている」    幕内秀夫著
 がんに負けないからだをつくる日本の「風土食」のすすめ

著者の幕内秀夫先生は、がん患者の食事指導を長年行なっており、
「乳がんほど食生活の影響の大きい病気はない」という結論に達しました。
そして乳がんの診断をする人は多くても、食生活まで見ている人は少ないという事実。
 

原発事故がなぜ日本で起きたのか分かった気がします。

前の記事で、アレルギー体質の人は、体内毒素を打ち崩す「Sutoxol」と言うホメオパシーのレメディが
反応すると書きました。これは、ほとんど限界まで体内毒素が蓄積してしまっている事を示唆しています。
そしてつい最近、ブッシュフラワーの「エンジェル・ソード」と言うレメディも反応する事を見つけました。
このレメディは、「ハイヤーセルフとつながっていない状態、スピリチュアルな面で混乱した状態 」を表しています。

私たちの身体は、今までに出会った事のない物質が身体に入って来た場合、それが何なのか、
ハイヤーセルフ、集合的無意識、魂と呼ばれる領域に問い合わせをしていると考えられます。
ところが、ハイヤーセルフと通信できないと、その得体の知れない物質を処理する事ができずに、
身体の中に一時保管したまま、ほっとかれてしまうようです。
ですから、ハイヤーセルフとつながっていない事は、体内毒素を蓄積する1つの原因になり、
ゆくゆくはアレルギーにつながると考えられます。

一方、アレルギーの人の精神的な面を見てみると、ドイツの振動医学の知見では、17.50Hzの「生きる喜び」
と言う感情が強く反応するようです。
また、サンジーヴィニのヒーリングの、心のレメディの中でも、やはり「内なる喜びの微笑み」という感情が強く反応します。
つまり、アレルギーの人は、「生きる喜び」や「内なる喜びの微笑み」が欠ける傾向にあると言う事のようです。

そもそも、「生きる喜び」は、どんな時に感じるでしょうか?
私は、自分自身の使命、才能を知り、それを十分に発揮できている時の様な気がします。
その、自分自身の使命を知るには、ハイヤーセルフとコミュニケーションする事が必要です。
つまり、ハイヤーセルフとつながっていない事が、「生きる喜び」を感じられない1つの原因と言えると思います。

どうやら、「ハイヤーセルフとつながっていない状態」が、アレルギー体質と、「生きる喜び」を感じない心
を作り出していると言えます。

「ハイヤーセルフとつながっていない状態」をもう少し分かり易く説明してみます。
「ハイヤーセルフ」は、「自然」と言い換えることが出来るかもしれません。
人は自然の中の一員にすぎないのに、人が自然を支配できると勘違いして、
自然とコミュニケーションする事を忘れてしまった状態と言えるかもしれません。

産業革命以降、人は自然の恵みに感謝する事を忘れ、手っ取り早く儲ける為に、
自然に似せたものをでっち上げ、自分で作ったものの方が優れていると宣伝してきました。
しかし、自然の一部である私たちの身体は正直でした。
身の回りに溢れる人工物を受け入れる事が出来ずに、アレルギーを引き起こし、悲鳴を上げはじめました。

つまり、アレルギーは、自然から遠ざかって生きている、私たちの現在のライフスタイルが
招いている症状だと言う事ができます。
私たちのライフスタイルは、自然のバランスを崩すもので、いたるところに歪みが生まれました。
その歪みを修正する為に、反作用として自然災害が引き起こされます。

世界の中でも、最も自然と調和して生きて来たのは、私たち日本人です。
その日本人が、明治維新以降急速に西欧化して、自然から遠ざかってしまいました。
だから、自然は一番気付いてくれそうな日本人にメッセージを送り続けています。
悲惨な原発事故が、どうして日本で起きたのか。それには、ちゃんと訳があるのです。

原発事故以降、放射能による健康被害を一番受けているのは、アレルギー体質の方です。
言うなれば、自然から遠く離れて生きて来た人たちです。
だから、より大きな苦難を与えて、早く気付いて欲しいのです。
それでも気付いてくれなかったら、次はきっと数年後に命にかかわる試練を用意しているにちがいありません。

幸いな事に、東日本大震災以降、気が付いて声を上げだした人が増えて来ました。
中には、電気のない生活を始めた人もいます。
私も、いきなりそこまでは出来ないけれど、まず、洗剤やシャンプーを使わない生活を始めました。
自然の法則を活用した製品によって、誰でも無理なく実践できる方法を次回ご紹介します。
 

こんなに簡単にアレルギーが治ってしまったら逆に困るかな?

「QOL回復セラピー」を始めてから、そろそろ1年。
その間は、まさにびっくりするような気づきの連続でした。
そして最近は、アレルギーについて探求して来た結果、人の免疫システムの成長過程が見えて来たような気がします。

スターライトセラピーで、アレルギーの有無を判定するツボがあります。
スターライトのカップの中にアレルゲンを入れて、このツボを測定した時に、
そのアレルゲンに対しアレルギーがあれば、測定の音が落ちます。
花粉症の原因になる花粉の種類を特定する時などによく使います。

しかし、このツボで確認できるのが、アレルギーの有無だけではない事に最近気が付きました。
それは、本来、身体に必要でない物質は、免疫力によって体外に排出されるはずなのですが、
全く初めて身体に入って来た物質は、身体がどう処理すべきか分からずに、
本来必要ないものでも、一時棚上げされて身体に蓄積されているようなのです。
その、一時棚上げされているかどうかを、このツボで確認する事が出来るのです。

たとえば、放射能で見ると、原発事故で放出されたような人工放射能は、
ほとんどが、一時棚上げされた状態になっている事が分かりました。
「人工放射能は、自然放射能と違って、自然排出されない。」と言われているのは、
そのせいなのかと納得がいきました。

ところが、これはスターライトでアレルギーセラピーを行う事によって、
免疫システムが身体に必要ないものだと学習して、せっせと排出してくれるようになるようです。
たとえて言えば、現在の放射線廃棄物の状態と同じで、今は、最終処分地や中間保管地が決まって
いないために、除染で出た破棄物の行き場がない状態ですが、これが、最終処分地が決まり、
中間保管地も決まってくれば、廃棄物が片付くと言う訳です。

つまり、スターライトのアレルギーセラピーは、
免疫システムに最終処分場までの道筋を付けると言う役割を果たしてくれるのです。
これによって、自然排出されないと考えられていた人工放射能が、免疫の力によって
排出されるようになれば、内部被曝の軽減につながり、健康被害に対する不安も軽減されると思われます。

あと、放射能と同様、「アスベスト」「ダイオキシン」「黄砂」「PM2.5」なども、軒並み、一時棚上げされた状態になっていました。
そして、同じくスターライトでアレルギーセラピーを行う事によって、排出が促進されるようになるようです。

ご存知のように、以前は「ダイオキシン」がなかなか排出されなくて、植物繊維の助けを借りても、
4回くらいのセラピーを必要としていたものが、アレルギーセラピーを併用する事で、
2回のセラピーで排出出来るようになりました。 すばらしい!!

となると、上記以外にも「化粧品」や「薬」「洗剤」「シャンプー」「食品添加物」などなど、
上げていったらきりが無いほど、一時棚上げされて体内に蓄積しているものがあるはずです。
体内毒素が、ある限界を超えた時に、アレルギーが発症すると言う考えに従えば、
それらが、すべて排出出来れば、今アレルギーの症状に苦しんでいる人も、
簡単にアレルギーが治ってしまうかもしれません。

でも、個人的には、そんなに簡単にアレルギーが治ってしまってはちょっと困るかなと思っています。
それは、アレルギーを通して、「いかに自然と調和した生き方をする事が大切か」に気がついて欲しいからです。
でないと、人類は近い将来滅亡してしまうかもしれません。