ホーム>オフィシャルブログ>ライフスタイル

ライフスタイル

洗剤とシャンプーを使わない生活をスタートしました。

自分が変える事ができるのは、自分自身だけ。
そこで、自然と調和した生活を送る事を、まず自分から実践してみようと、
手始めに、洗剤とシャンプーを使わない生活を始めました。

具体的には、台所と風呂場に、テネモスの活水器を2台取り付けました。
費用は、活水器の組み立てキットが2台で約2万円。配管用のフレキパイプが
2本で2千円程でした。
あと、好みによって、炭、セラミックス、珊瑚、石などを入れる事ができます。

テネモスの活水器は、「圧力の高いところにエネルギーが流れ込む」と言う、
たった一つの自然の法則に基づいて設計されています。
ですから、活水器の内部が外よりも圧力が高くなるような構造にしているだけの、
非常にシンプルな作りです。中で水が壁にぶつかって細かく振動するのもミソ。

マナキット.jpg

シンプルなので、組み立てるのにかかる時間は、10分程度。
ただ、配管だけは、経験がなかったので結構苦労しました。
自信のない方は、配管だけ街の水道屋さんに頼んでもいいと思います。

台所.JPG

風呂.JPG

あと、お風呂に水道の元口が表に出ていない場合などは、
活水器の入口にシャワーホースをつなぎ、出口にもシャワーホースをつなぐ方法が
最も簡単のようです。

シャワー2シャワー.jpg

さて、この活水器を通って来た水にどんな変化が生まれるかと言うと、
いろいろありますが、主だったところでは、

①放射性核種を原子変換して、非放射性元素にします。
レヨメータで確認してみたら、たとえば、放射性セシウムは、安定したバリウムに変換さてれいました。
また、塩素や他の有害物質を中和します。

②油を溶かしやすい性質に変化します。
食器の油汚れも、洗剤を使わなくてもきれいに落ちます。
洗濯も、前の晩にこの水に浸けておいて、あとはすすぐだけでOKです。
お風呂ではシャンプーでなく自然に分解される石鹸を使うようにします。

③水自体が、放出系から吸引系のサイクルに変化します。
つまり、死んだ水から、活きた水に変化します。
そして、周囲のものの生命力を高めます。
しなびた野菜がしゃきしゃきしてきます。
お風呂に入れば、人間もしゃきしゃきしてくるかも。

などです。
詳しくは、以下の動画をご覧ください。

ENN取材 テネモス(水・空気編)
http://www.youtube.com/watch?v=iNqjIG5ANcg&feature=player_embedded

ENN取材 テネモス(応用品紹介編)
http://www.youtube.com/watch?v=lzBS-IC4Vjc&feature=player_embedded

活水器の組み立てキットは、以下のサイトで購入できます。
活水器の他にも、以前ご紹介した「空気清浄機」や「フリーエネルギーモーター」などの
組み立てキットもあります。
たった一つの自然の法則を学びながら、自然と調和したライフスタイルを模索していきませんか。
その入口は以下にあります。

マナウォーター組み立てキット
http://ai-yuuki-kansha.com/tenemos/index.php?kit_manawater
 

調和への道II 生活スタイル

※以下の文章は、サンジーヴィニのヒーラーズガイドから抜粋しました。
-------------------------------------------------------------------------------

この書を読む人の多くは、ここに述べたことの大半のことはすでに実行しているでしょう。しか し、ヒーラーとして、「印刷」したガイドラインを手にもっていることは役に立つと思います。も しあなたに時間がなければ、それをコピーして手渡すことができるからです。

生活スタイルとは何か

目覚めたときから、眠りにつくまでの時間、私たちがなすこと(できなかったことも)のすべて が生活スタイルです。 もし来る日も来る日も官能的欲望を満足させるテレビを見、本や雑誌を読んでいるとしたら、も し低次元の感情をかきたてるだけの音楽を聞いていたら、もし平和に反する、また神に反する(誰 かに反すると広く解釈してください)活動に従事するために、私たちの手を使っているとしたら、 もし、官能をかき立てるためにつくられた香水の臭いをかいでいるとしたら、来世でも否定的な サンスカーラ(輪廻転生)に永久にとどまることになるでしょう。さらに今世においても、いく つかの恐ろしいに病気にかかるかも知れません。

私たちが人生の持ち場に従って行うべき義務を果たすことができなかったなら、(妻、母、夫、 父、娘、息子、雇用者、雇い主など)、私たちはアダルマ、罪深い行為にふけっているのです。 まず私たちの生活スタイルから除去する必要のあることをリストし、その理由を述べます。次に 私たちの目的、展望、最終的には幸福に質的な変化をもたらすために、私たちの人生に付け加え るべきことを述べます。

私たちの生活スタイルから何を取り除かなければならないか

心を汚す本や雑誌、テレビ、低俗的な官能的音楽、ゴシップ、批判、裁くこと、香水、不正な、 アダルマな活動を取り除いてください。 私たちの体と心は口で何を食べるかによって養われるだけでなく、私たちの感覚器官を通して入 るすべてのものによっても養われているのです。

なぜ、テレビ、心を汚す本、雑誌、写真を私たちの人生から取り除くべきなのでしょうか。

私たちの目で食べるものからはじめましょう。私たちの見るものの多くは「不随意」、すなわち、 それを制御できないものなのです。制御できることがここで議論するテーマとなります。何を読 むかは選択できます。テレビのスイッチを入れるかどうかは選択できます。けがれた映画のポス ターを見るかやめるかは選択できます。

ババはテレビをテレビシャムを呼びました。ビシャムとは毒という意味です。ババが言っている ことを私たちは本当に理解しているのでしょうか。かれはテレビは毒だといっているのです。 大半の人はババのテレビの非難は、番組が心に否定的な影響を与えるからだと思っています。こ れは真実ですが、半分しか真実でありません。大半の人が気づいていないことは、テレビは現実 に放射線を出しているのです。テレビからの放射線が、子供にてんかんのようなひきつけを起こ したり、様々なタイプの貧血を起こしたり、子供たちの皮膚疾患、行動疾患をひきおこしたりす るといういう証拠が増えてきています。もっとも不安なことは、テレビやコンピューターの画面 に長いことさらされてきた母親から生まれた子供に、生まれつきの障害があるということです。 テレビが心に与える影響は、いくら強調してもし過ぎることはありません。すべての世代がこの 空からの侵入者の犠牲となっています。でもスイッチは私たちの手の中にあるのです。ジャンク 番組は、それ以外に呼びようがありませんが、私たちの心を汚染し、文化的価値を腐食させ、暴 力と道徳の退廃に対して鈍感にしてしまいます。暴力と不道徳は今では正常なものとして受け入 れられてしまっています。

15年前まではテレビは私たちの人生にほとんど意味のないものでした。せいぜいその一部にし か過ぎませんでした。その後、家族間の人間関係は急落してきました。なぜなら、誰も話さなく なったからです。愚者の箱が最優先されるのです。食事をテレビの前で食べるようになりました。 会話は昨日の連続番組について交わされるようになりました。

この毒をあなたの人生から取り除くようにしてください。コンセントを抜いてください。どこか にしまってください(あるいはそれをニュースだけ最小限見るようにしてください)。そして違い を見てください。

次に本について語りましょう。書物は最良のサットサング(善良で聖なる仲間)にもなりますし、 また、最悪の「悪い仲間」にもなります。すべて本と雑誌の選択にかかっています。ポルノ文学、 恋愛小説、ゴシップ雑誌を読むのをやめた人は、これらの官能の貯蔵庫を書棚にしまっておかな いようにしてください。他の人に与えたり売ったりしないでください。燃やしてください。その ような本を見たいという気は二度と起きないでしょう。

低俗・官能的音楽、ゴシップ、批判をなぜ除く必要があるのか

私たちの聴覚、嗅覚、触覚、味覚は、同じようにごみが私たちの体に入る門となることがありま す。ゴシップ、批判、官能的な音楽は、あきらかに体と心にとって「よい食べ物」のカテゴリーに は入りません。音楽は魂の食べ物といわれています。しかしこの崇高な目標に到達するためには、 その音楽は私たちを高次の意識レベルに引き上げるものでなければなりません。

官能を刺激する香水、アフター・シェーヴ・ローションなどをなぜ除く必要があるのか

私たちの嗅覚がいかに強力か、自覚している人は多くありません。臭いの記憶はコンピューター の記憶装置のように、漂ってくる香りによって、想像にもしていなかった光景の完璧なフラッシ ュバックが記憶の中でよみがえります。窓や他の人から漂ってくる香りをコントロールすること はできません。しかし、私たちが身に付ける香りの種類は、コントロールできます、現代の香水 の大半は、官能をかき立てることが唯一の目的で作られています。さらに、子供にてんかん様の 発作をひきおこしたり、喘息の発作、アレルギー性のくしゃみの発作、頭痛、吐き気、他の症状 の主因となります。あなたが毎日出会う罪のない子供たちにこれらの問題を引き起こしたいとお 思いでしょうか。

不正な行い、アダルマな活動はなぜ除かなければならないか

触覚には私たちの手が従事する活動すべてを含んでいます。いかなる神に反する活動(人に反す る活動と読んでください)は私たちを安楽、健康と調和の理想的な状態から遠くに引き離してし まうでしょう。

私たちの生活スタイルに何を付け加えるべきか

・よい気分を高揚させる本と雑誌
・献身的な、古典的な、高貴な音楽- 歌あるいは楽器
・真理、正義、平和、愛、非暴力、慈悲、忍耐、調和の永遠の価値を教える聖人のサットサング、 人間の兄弟愛の育成に導く。
・無私の奉仕-マーナヴァ・セヴァはマドゥーヴァ・セヴァ(人類への奉仕は神への奉仕) - 自己の浄化となること
・適度な運動- ヨーガの太陽礼拝一通り行うことはよい出発点となります。
・深く息を吐き、深く息を吸いことに注意を払うことによる深い呼吸

最後に

「序章」の最初に、私たちは貧しい人たちが収奪の病気にかかり、富める人たちが豊満、 過剰の病気にかかっていると述べました。 持てる人たちが持たざる人と血を兄弟姉妹として見始めたとき、真の調和は私たちのこの 美しい世界を支配するようになるでしょう。富める人たちの10%でも、その生活スタイ ルと食事習慣を病気に陥らないように変えようと決意すれば、全世界の収奪の病気は、完 全に根絶できる資源は十分にあると私たちは確信しています。

よく考えるべきこと

わたしたちのだれもが自分自身のやり方で始めることができます。恵まれない人々を一人 か二人、自分の家で面倒を見ることもできます。飢えも収奪も病気も必要ありません。 私たちの意識を自分の狭い人生から移行させ、自分自身を美しい「全体」の非常に小さな 部分として見る必要があります。

「沈黙を実践しなさい。なぜなら、神の声は舌が静かになったときのみハートに中で聞こ えるからだ。沈黙は霊的探求者の言葉である。柔らかい甘美な言葉は、真の愛の表現であ る。嫌悪は甲高い叫び声であり、恐怖はきーきー声である。うぬぼれはトランペットの様 な声である。しかし、愛の歌は子守歌であり、心を和らげ、くつろがせる。」
バガヴァン・シュリ・サチャ・サイ・ババ

健康と調和のための食事と生活スタイルガイドライン

※以下の文章は、サンジーヴィニのヒーラーズガイドから抜粋しました。
-------------------------------------------------------------------------------

はじめに

今日の世界には多くの苦しみがあります。「生活水準」はどの国も向上しました。 しかし、「健康水準」は最低です。世界のどこかの病院を少し訪ねてみてください。 人間の「水準」がどんな状態かわかるでしょう。 自然災害は別として、今日の苦しみの大半は人間が作り出したものです。

貧しい人たちは「剥奪」の病気に苦しんでいます。これらのものには栄養不足(ベリベリ、 壊血病、極端な場合にはエチオピアのようにマラスムスも含む)、盲目、また赤痢、コレ ラ、チフス、マラリア、黄疸のような不潔な生活状態によってかかる病気も含まれます。

他方、金持ちは「豊満」や「過剰」の病気に苦しんでいます。これらには糖尿病、リウマ チ、関節炎、高血圧、心臓病(コレステロール)、腎臓病、喘息、骨粗鬆症、鬱状態、皮 膚病、パーキンソン病、前立腺疾患、癌、胃酸過多や胃潰瘍、胆石、脊椎症、甲状腺疾患、 偏頭痛、肥満やそれに関連する病気、多発性硬化症、痔、副鼻腔炎、敗血症などが含まれ ます。リストし続けてもきりがありません。

かつてこういうシステムがあったときいています。古代中国では、家庭医は月のおわりに お金をもらいます。ただし、家族の誰もその月の間病気にならなかったときのみです。も し、誰かが病気になったなら、その人をよくするのが医者のつとめで、しかも医者はその 月はお金をもらいません。なぜでしょう。医者は自分の仕事をきちんとしていなかったか らです。「予防的な」健康法を実施すること、肉体と精神の健康を維持できるように家族 の食事や生活習慣を指導することが医者のつとめだったのです。言い換えれば、医者は あなたが病気にならないことで利益を受けていたのです。

今日ではその過程は逆になっています。私たちは医者のところに行き、病気になったとき にお金を払います。正直のところ、医者たちにはこのことに対して責任はないのです。私 たちが私たちのみがこれを変えることができるのです。

「健康管理」という言葉が使われるとき、私たちはワクチン、予防接種、健康診断、生検、 前立腺テスト、尿検査、血液検査、CTスキャン、超音波スキャン、MRIなどを考える ようにプログラムされています。 世界中のどの政府も「健康」省、「健康」事業、「健康」保険を持っています。健康はそ れがないことによって目につきます。私たちが実際に有しているものは、「病気」省、「病 気」事業、「病気」保険なのです。何10兆円ものお金が毎年「健康管理」に費やされて います。医療技術の最先端にある国で特に顕著です。しかも、健康でなくて、不健康が日 常の様態です。

なぜでしょうか。

なぜなら、みなさん、健康は薬局では買えないからです。それはお金を「消費」しません。 健康は健全さへの妥協なき追求を要求するのみです。母なる自然と、そのすべての被造物 との平和で調和のとれた共存の道こそが、唯一の健全な道なのです。 皮肉とは思いませんか。私たちはまず不健康を得るためにお金を費やします。(無分別な 過度の享楽)それから、健康を回復しようとして、たくさんのお金と膨大な国家的、人的 資源を費やします。

気になりませんか。私たちは医者や病院に通っているときでも、大量の間違った食品をが つがつ食べ、享楽的で怠惰な生活を続けています。そのどれも災いを付け加えるだけです。

 

現代の病気に対する反応

病気は私たちに否応なく襲いかかってきます。そして、私たちはその場しのぎの「解決手 段」を求めています。 例を取りましょう。私が頭痛がするとします。私の反応はどうでしょうか。痛みどめの薬 を口にほうりこみます。痛みは消えます。しばらくの間だけです。数時間、数日、数週間 後にまた痛みが戻ってきます。さらにたくさんの錠剤を口にほうりこみます。痛みが戻っ てくるごとに、痛みはひどくなってきます。頻度も大きく、持続時間も長くなってきます。 すぐに飲む錠剤の数を増やさねばなりません。なぜなら、痛みはもはや「反応」しなくな ったからです。

これはさらに悪化していき、「偏頭痛」に打ちのめされます。さらに悪いことには、胃酸 過多(これは鎮痛剤の副作用です)になり、ついには胃潰瘍になってしまします。このた めに、制酸剤を飲み始めます。それはしばらく立つと肝臓をいためるでしょう。腎臓をい ためるのもその延長上にあります。その場しのぎの「解決手段」はドミノ効果があり、私 たちの重要な機能がすべて破壊されるところまできてしまいます。 一方、私は次のような病気を生み出す「食品」の一部かすべてで自分を満たし続けていま す。

1.消化できない食品、私たちの身体に緩慢な毒として作用する。たとえば、牛乳、精製 油など
2.暴力的な食品(ノンベジ食品)、これは私たちの身体を腐敗した墓地に変えてしまい ます。
3.発癌性、神経を破壊する食品添加物、合成着色料、保存料、着香料、グルソー。加 ほとんどの工食品、飲料に入っています。
4.苛性ソーダ、ホルマリン、尿素、オキシトシン(女性ホルモン)皆牛乳に入っていま す。
5.放射線照射食品、電子レンジ食品、それらが悪影響があることはいまやっと理解され 始めてきました。

病気に対してどのように対応すべきでしょうか

先ほどの頭痛の例に戻りましょう。痛みは病気ではありません。それは深いレベルで問題 が存在すると言うことを、身体が私たちに告げる方法なのです。 身体は私たちに何を期待しているのでしょうか。 身体は私にもっと知的に責任のある態度で応答することを期待しています。そんな状況下 でなすべきもっとも容易で最良のことは、通常の食品から遠ざかることです。希釈した新 鮮なフルーツジュース、果物、野菜スープで済ませることです。何よりもいいのはレモン 水と蜂蜜で断食することです。このように応答すると、私と私の身体との間に対話のチャ ンネルが開けてきます。数時間のうちに私は何が問題だったのかわかるようになります。 たいていの場合、便秘か不活発な肝臓のためなのです。

私たちが食べたものを消化するには、他のどの活動よりも「エネルギー」をとられます。 頭痛があるときには、食べることをやめるか、果物(果物は自己消化する)のみを食べる ことが、私が身体のためにできるもっとも親切なことなのです。身体から老廃物を除去す ることは、食べることよりもはるかに重要なことです。この活動も「エネルギー」を必要 とします。身体は「ゴミ」を除去するために手持ちの資源を利用することができれば、非 常にありがたいと思うでしょう。ゴミは私たちの中で「悪臭」を放ちます。この悪臭が頭 痛なのです。

頭痛は便秘によるのでなくて、副鼻腔の詰まりによるのだとします(目の周囲と背後には 9つの副鼻腔があります)。「断食」で応答することは、その場合も最良の応答になりま す。詰まった副鼻腔はゴミ捨て場です。体によって生成された過剰の粘液がある(ミルク、 乳製品が主犯です)と、体はその粘液を外に出そうとして副鼻腔に注ぎます。それで体の 正常な機能を営むことができます。副鼻腔は空の空気のポケットです。体の内蔵するゴミ 袋なのです。そして、唐絵だの叡智はそれらをこのように使います。それらがほとんどい っぱいになった場合、額部分に圧力が形成され、そのために頭痛が起こるのです。

私が断食で対応するとき、身体は粘液を排出するというエネルギーボーナスの利点が得ら れます。私は鼻からひどく鼻水がでる重い風邪の症状にかかったことがありました。する と頭痛は直におさまっていきました。ゴミは私の内側にあるより外側にある方がよいとい うことに気づいて、私は自分の「風邪」に幸いだと感じました。私はレモン水と蜂蜜で断 食を続けるか、果物だけを食べ続け、サンジーヴィニで免疫システムを強化し、可能であ れば、1日、重い日常の仕事を休みます。 ゴミが排泄されると、私は自分と、私の内にあるシャクティと、波長を合うようになりま す。そして、私の本能は私に何を食べるべきか語るようになります。

病気を理解する

嫌悪、嫉妬、怒りのような否定的な感情は、私たちの内部に化学反応を引き起こします。 そして、それが自己破壊を引き起こします。私たちの誰もが、遺伝によって引き継がれた、 ある病気にかかりやすい潜在的な傾向をもっています。

病気とは何でしょう。

私たちの欲望は火のごとくです。それに燃料を供給すればするほど、あかあかと燃えさか ります。欲望は必ずしもいつも達成できるとは限らないので、葛藤、怒り、嫌悪の念が入 り込んできます。 病気とは私たちの過度の放逸による自己破壊への飽くなき努力に対する母なる自然の応答 です。病気は私たちを減速させる自然の道です。自然は慈悲をこめて、私たちが崖っぷち に向かっていることを、まず軽い病気で警告してくれます。私たちが頑固に耳を傾けるこ とを拒むと、自然は重い病気で私たちを制限します。

一方、健康は調和へもどる喜びの旅です。欲望、物質の所有、感覚の満足は、それら本来 のあり方で眺められています。愛、信仰、慈悲、分かち合い、援助が、否定的な感情にと って代わります。こうして私たちは内なる導き手に触れるようになります。もし私たちが 耳を傾け、波長を合わせれば、内なるガイドは決して私たちを導き損なうことはありませ ん。

サナタナ(時間を超えたー自然の)のヒーリングの方法においては(この中に私たちは次 のものを含めます。アユルヴェーダ、自然療法、ヨーガ、鍼、指圧、反射療法、ホメオパ シー、ラディオニックス、波動ヒーリング、スピリチャル・ヒーリング、ホリスティック ヒーリングシステム、すなわち、患者は体、心、霊からなると見なされ、治療はその3つ のレベルでなされるシステム)、身体自身のいやしの力を目覚めさせます。その宇宙エネ ルギーはバランスがとれると、あらゆる存在段階のあらゆる狂いをただしてくれます。こ の癒しの力は様々な名前で知られています。ヨーガではプラーナと言います。鍼灸では気 として知られています。ホメオパシーや他の自然療法では、生命力として知られています。 それゆえ、サナタナの健康法では、私たちはその癒しの力を、生かし、目覚めさせ、活性 化し続けるように働きかけるのです。

 

食事の習慣と本能

私たちの食事の習慣は次のものによって導かれています。

a.味覚

b.宣伝による条件付け(医学の専門家たちが得る知識の多くも、広告によるものだとい うことを覚えておいてください。これは直接テレビから得る場合もあります。また、さら に悪いことには、間接的にしかももっと狡猾な方法で、定期的に「研究」を報告する既得 権者によるばあいもあります。その研究は「彼らの製品」は健康によいということを示す 目的があるのです)医学専門家は、商業的利益の手中で知らず知らずに人質になっている のです。

c.社会的な人間関係による条件付け。これには私たちが子供の頃受け取った条件付けも 含まれます。
多くの東洋の国では、客人を厚くもてなすことで知られています。インドではこういうこ とわざがあります、それは、「予期しない訪問客は神である」ということわざです。私た ちは皆外に出向き、訪問客を「神」のごとくにもてなすのです。私たちは訪問客の前にご 馳走を並べます。それらのごちそうは化学的に翻訳すると、病気を引き起こす消化できな い毒物なのです。(このことを理解するために、様々な「食品」に関する関連のある箇所 を参照してください)
そのような食品には害があるということについて、一般の認識は欠けています。もっとも 心が痛み、不幸なことには、気がついている人々でさへも、これらの不消化の食べ物を提 供し続けていることです。それが礼儀にかなったことだからであり、訪問客はもし渇きを いやすために清涼飲料水を、また舌を喜ばせるためにミルクから作った甘い菓子を与えな いと気分を害するにちがいないという言い訳からそうするのです。
私たちが乗り越えなければならないことは、まさにこのような条件付けと仲間の圧力なの です。

私たちの味覚は、ただ健全でバランスのとれた食品のみ摂取することを確認する道具とし て神から与えられたものです。しかし、感覚が私たちを支配するようになって以来、すべ てのバランスは失われてしまいました。私たちは今や五感の奴隷となり、私たちの舌は識 別能力を失ってしまいました。私たちにとってよいものだけを食べるという本能を失って しまったのです。

野生の中では、動物には医者がいません。動物の本能が病気におそわれたとき、どうした ら健康状態に立ち返るか教えるのです。私たちも同じ本能を持っています。味覚の中に隠 れています。健康に立ち返る本能を持っているのです。機会を与えれば、体は自分をどう いやしたらよいか知っています。

私たちが自然と調和していないとき、神の恩寵を汚しているとき、私たちの惑星、母なる 大地、動物、恵まれない人々が、私たちの利己的な目的のために彼らに積み重ねた悪用に より泣き叫んでいるとき、私たちの本能は麻痺し、ゆっくりと死んでいきます。 私たちはマスコミや社会、仲間の圧力によりたえず浴びせられていた条件付けを乗り越え なければなりません。私たちは自然に、調和に帰らなければなりません。環境への調和と 自分自身の調和に帰らなければなりません。ゆっくりとしかも確実に、私たちの本能は目 覚めはじめ、私たちを生き生きとした健康な状態に導いてくれるでしょう。

どうしたら、病気をなくし、生き生きとした健康を取り戻すことができるか。 調和への道に従うことによって、私たちは健康と活力を回復することができます。 健康を取り戻す唯一の永続する道(それは可能です)は、私たちの人生の中で何が病気を引き起 こしているか鋭い意識をもつことによります。誠実な反省を行い、勇気と決断力をもって、変化 のプログラムに乗りださければなりません。では何を変化させるのでしょうか。

1.私たちの食事と生活スタイルから間違ったもの、病気を招くものをすべて除去すること
2.私たちの食事と生活スタイルによいもの、健康を推進するものすべてを付け加えること。

強い意志は最良の強壮剤である。その意志はあなたが自分を神の恩恵を受けている永遠の 子供、人間だと知るとき強くなる。医薬、入院は、この医者の方があの医者よりもうまい とか、この薬の方が他のどれよりもよく効くとか、疑ったり、ためらったり、議論したり している人々のためのものである。至上の医者に帰依しているものは、彼の名前が癒やす 薬である。
                                                                バガヴァン・シュリ・サッチャ・サイ・ババ

ページの先頭へ戻る