ホーム>オフィシャルブログ>サンジーヴィニ

サンジーヴィニ

深刻化する食品汚染。これから先何十年も、気がぬけません。

昨年の春から夏にかけて長野の実家の母の具合が悪かったのですが、それは結局、放射能による内部被曝のせいだったと、以前のブログにも書きました。そして、このお正月も実家に帰ったら、また母が具合悪いと言うのです。また山のきのこを食べているのかなと思っていると、案の定、お雑煮にきのこがたっぷり入って来ました。せっかく作ってくれたものを「食べない」と言うのも気が引けたので、試しに食べてみました。すると次の日、さっそく軽い鼻血と歯ぐきからの出血がありました。やっぱり放射能だ、とその時確信しました。

そして、東京に帰ってからすぐに、家族全員の「QOL回復セラピー」を行いました。
数日後、実家に電話して母の具合を聞いてみると、だいぶ元気になって来たとの事、ひと安心しました。

私の場合、放射能に汚染されているものを食べても、あとですぐに排出出来るので、あまり神経質になっていません。でも、普通の方はそう言う訳にはいきませんので、気をつけて下さい。毎日、食品から体に入ってくる放射能は、ほんのわずかかも知れません。でも、人工の放射能は自然排出されないので、体の中に溜まる一方です。ですから、時が経つに従って、着実に健康被害のリスクは高まって来ます。

それに加えて、これから汚染度が高くなってくるのは海産物です。原発事故直後、日本列島に撒き散らされた膨大な量の放射能は、雨で山から川に入り、湖に溜まり、海に流され、河口近くに集積していると言います。同時に、福島原発からは、今も大量の汚染水が海に廃棄されています。放射能は海流に乗って広範囲に拡散し、海底に沈殿してホットスポットを作ってゆきます。それらの放射能は、海の生物の食物連鎖によって生体で濃縮され、やがて私たちの食卓に上って来るのです。

現在の食品の出荷基準は、セシウムについてのみ、100ベクレル/Kg以下ですが、100ベクレル/Kg以下だからと言って、安全と言う訳ではありません。ドイツのように8ベクレル/Kg以下にしても、完全に安全とは言えないのです。ほんの僅かでも、毎日食べていれば必ず体内に蓄積してゆきます。日本列島、及び、周りの海が、これだけ汚染されてしまったら、いくら基準値を厳しくしたところで、また、検査を徹底したところで、放射能は無情にも私たちの身体の中に入って来ます。

そこで私は、自宅では、サンジーヴィニ財団の「中和カード」を冷蔵庫に入れておいて、野菜など買ってきたら、まず冷蔵庫に入れて放射能の中和をしてから料理に使います。これだけでも、「QOL回復セラピー」後の頭のスッキリ感はかなり長く維持できます。でも、最終的には「QOL回復セラピー」のお世話にならざるをえません。

サンジーヴィニ_中和カードのサムネイル画像
「中和カード」でセシウムが消えた?!
http://www.taikosui.com/blog/2012/08/post-14.php
 

日本人、地球、世界の動物に、癒しのバイブレーションを

今の日本には、
自分の命を守るために自由に発言したり行動する事に対し 、
自分のメンツや権威、利益を守る為に圧力をかける思想が、
どこかし こにはびこっています。
なんとも重苦しい空気に覆われています。

この状態から、どうしたら抜け出る事ができるでしょうか。
放射能が、私た ちの心に影響して、分かり合う事を妨げ、
対立を増長しています。
放射能の私たちの心に対する影響は、日に日に増すばかりで、
改善の方向性が見 えてきません。

絶望的なこの状況の中で、私たちには祈る事しかできな いのでしょうか。
神に帰依して、無私の心で、ひたすら祈るしかないのでし ょうか。

そこで、Webで無償で公開されている、
インドのサンジー ヴィニ財団のヒーリングツールを使用して、
日本人に対し、地球に対し、世 界の動物に対し、
遠隔で、癒しのエネルギーを送る事にしました。

サンジーヴィニの遠隔ヒーリング1
日本人に対しては、放射能から身を守ると同時に、
放射能によって傷つけられた傷を癒すバイブレーションを

地球に対 しては、人がエゴから地球環境を破壊し続けて来た、
虐待の傷跡を癒すバイ ブレーションを

世界の動物たちには、人が食物や装飾品にするために行 ってきた、
残虐な行為、その虐待の傷跡を癒すすバイブレーションを

24時間休まず送り続ける事にしました。



近い将来、 今の日本の医療体制では、とても対応できない状況が
来るかもしてません。 そんな時は、あなたが無私の精神で
このヒーリングシステムを活用して下さ い。
以下のURLから、無償で入手できます。

エネルギーセラピー 研究所
http://www.ethera.org/index.php?FrontPage

左のメニュー から「サンジーヴィニ」をクリック。

一番下の「ヒーリングガイドブッ ク 」のセクションの
リンクからダウンロードできます。
 

「中和カード」でセシウムが消えた?!

インドにサンジーヴィニ財団という団体があるそうです。
1990年代に 、図形を利用した波動ヒーリングを開発し、
インドのどんなに貧しい農村に も、このヒーリングが行き渡るように、
すべて無償でホームページに公開し ています。

そのサンジーヴィニ財団は、世界中のサンジーヴィニヒーラ ーに対し、
日本の地震の被災者の方々に遠隔ヒーリングを送るように
メ ッセージを出しています。
また、日本人のために放射能から身を守るヒーリ ングを2つ提供しています。
そのうち、特に「中和カード」を使う方法は簡 単なのでご紹介したいと思います。
無償で提供されておりますので、どなた でも自由に使う事ができます。

「中和カード」は、放射能、農薬、化学 物質、その他の不純物などの毒性を中和します。
現代医学で用いられる薬の 副作用を中和する為に使う事もできます。

とは言え、日本ではまだほと んど紹介されて来ませんでしたので、
本当に効果があるのか、よくわかりま せん。

そこで、ちょっと簡単な実験をしてみました。

ビーカー に水道水を汲み、レヨメータのカップに置きます。
そして、レヨメータでセ シウムの周波数でハーモナイズを始めます。
すると、レヨテストはすぐに直 線運動を始めました。
確かに、セシウムは含まれているようです。

レヨメータで水道水チェック

次に、水の入ったビーカーを、サンジーヴィニの「中和カード 」の上に
1分間置きます。

サンジーヴィニ_中和カード

再度、ビー カーをレヨメータのカップに置き、
セシウムの周波数でハーモナイズを始め ます。
すると、今度は、レヨテストは回転運動を始めました。
えっ!  セシウムが消えてしまった?
それとも、セシウムの毒性が消えた?
何ら かの変化が起きた事が確認できました。


このカードは、身につけて いてもいいし、部屋の壁に貼っておいてもいいそうです。

自分の中の怒 り、貪欲、嫌悪、嫉妬、敵意などの否定的な波動を中和するために、
1日に 数回、意識的に自分の手をそのカードにしばらく置きます。

外食で、放 射線や化学物質が心配の場合には、
食べる前にこのカードの上にしばらく置 いておいてから食べます。



いろいろな使い方が出来そうです。
以下のURLから、無償で入手できます。

エネルギーセラピー研究 所
http://www.ethera.org/index.php?FrontPage

左のメニ ューから「サンジーヴィニ」をクリック。

「放射線から身を守る方法」 のセクションの
「中和カードのダウンロード」からダウンロードできます。
 

ページの先頭へ戻る