ホーム>オフィシャルブログ>2013年12月

2013年12月

「冷え症」が1回の減感作で解消しました!

アルツハイマー型認知症の原因は、海馬や大脳皮質における異常タンパク質の沈着とされていますが、
その異常タンパク質の沈着を引き起こす背景には「脳の血流不足」があるはずだと前の記事で書きました。
と言うもの、セラピーで確認してみると、「認知症」の兆候を持った方は、ほぼ例外なく「脳の血流不足」
になっていたからです。

そして、つい最近、「脳の血流不足」もアレルギーの仕業で、そのアレルギーを減感作してやると、
「脳の血流不足」が改善する事が分かりました。
人によって、そのアレルゲンの組合せは若干異なりますが、共通しているのは、
「延髄」「椎骨動脈神経節」「マイコプラズマ属」「ジオパシックストレス」が必ず含まれていました。

「脳の血流不足」のアレルギーのアレルゲンの組合せを見つけるきっかけになったのは、
「手足の冷え」のアレルギーを減感作して、その効果がすぐに現れた事からでした。
従来、「手足の冷え」いわゆる「冷え症」は、とても厄介な症状でそう簡単に改善されるものではない、
と思っていたところが、あるお母さんの「冷え症」を減感作してすぐに、以下の報告をいただいたのです。

   冷え性のセラピーをして以来、本当に不思議なんですが、
  あんなに冷たかった手足が全然大丈夫になりました。
  また、冷たい水を触って一時的に冷えても 以前ならいつまでも冷たかったのが、
  今は次第にぽかぽかしているのですから不思議です。

驚きました。本当に1回のセラピーで「冷え症」が解消されてしまうなんて・・・。
その時の減感作の、アレルゲンの組合せは以下になります。

  マイコプラズマ属、ジオパシックストレス 
  中頸神経節、脳脊髄液、カビ、ホルモン腺、プロピレングリコール、イミダゾール塩

血液の循環に関わるアレルゲンとして「中頸神経節」があり、減感作と同時に血行が改善されたのもうなずけますが、
一番気になったのは、「マイコプラズマ属」と「ジオパシックストレス」の組合せでした。
マイコプラズマは、ケムトレイルによって撒かれているもので、誰の体のなかにも蓄積されていますし、
ジオパシックストレスも誰もが常にその影響を受けています。どうもこの組合せが怪しいと感じました。

そこで、この組合せをベースに考えて、「脳の血流不足」のアレルゲンを探索してみる事にしたのです。
そして、「脳の血流不足」を減感作できる組合せを見つける事が出来ました。
上にも書きましたが、「延髄」「椎骨動脈神経節」「マイコプラズマ属」「ジオパシックストレス」は
誰にも共通して含まれ、人によってこれに幾つかのアレルゲンが追加されます。

脳の血流不足の時と同じように、慢性的な症状で厄介と思われる症状を減感作する時にも、まずこの「マイコプラズマ属」と
「ジオパシックストレス」の組合せをベースにしてみたところ、うまく減感作出来るようになりました。
どうも、世の中で難病と呼ばれている、なかなか治らない病気には、ほとんど
この「マイコプラズマ属」と「ジオパシックストレス」が関わっているのではないかと思われます。

さて、アレルギーは親から子供に受け継がれる事が多いのですが、上に出て来たお母さんの場合も、
「脳の血流不足」や「手足の冷え」のアレルギーが子供に受け継がれていました。
巷では「子供は風の子と言う言葉はもう死語になってしまった。」と言う嘆きの声が聞こえますが、
今の子供は、生まれた時から重い荷物を親から引き継いで来ているんですね。

「手足の冷え」なら、まだ笑い話で済ませられるかもしれませんが、「脳の血流不足」の方は、
自然治癒力を司る脳の働きを弱め、あらゆる病気に関わって来ると同時に、脳の成長を妨げる
事になりかねません。小さいお子様をお持ちの方はもちろん、これから子供を産む可能性のある方に、
アレルギー総合セラピーをお受けになる事をお勧めします。


★「脳の血流不足」と「手足の冷え」の減感作は、それぞれ、1回コース、2,500円で、
 アレルギー総合セラピー:症状別減感作 で承ります。
 ※症状別減感作は、アレルギー総合セラピー:基本栄養素 終了後のオプションになります。

●QOL回復セラピー<3回コース>
 料金:3,000円(小学校以下のお子様は無料)
1回目:身体の中に溜まった放射能の中和
2回目:放射能由来の病気の芽の摘み取り
3回目:サンジーヴィニの放射能から身体を守るヒーリング

●アレルギー総合セラピー:基本栄養素<4回コース>
 料金:7,500円(QOL回復セラピーと同時申込で、6,000円、お子さまは、3,000円)
アレルギー総合セラピー(12回コース)の中から、全ての方に必須の減感作をピックアップしました。
あらゆる毒素を蓄積しない身体作りを、リーズナブルな料金で実現できます。
従来、QOL回復セラピーを定期的にお受けになっておられた方は、今後受ける必要が無くなります。
1回目:ジオパシックストレスの減感作。神経系、及び、ホルモン系の主要アレルゲンの減感作。
2回目:基本栄養素1~8の減感作。
3回目:基本栄養素9~15の減感作。
4回目:主要10アレルゲンの減感作。(ワクチン保存料、農薬、吸入性アレルゲン、経皮吸収アレルゲン、
    にがり、放射能、電磁波、食物漂白剤、遺伝子組換え食品、ケムトレイル)

●アレルギー総合セラピー:基本栄養素 のお申込みは、まず
「QOL回復セラピー」に申込み、通信欄に「アレルギー総合セラピー:基本栄養素 希望」とご記入下さい。
http://www.taikosui.com/contents/contact/
 

根深い「ジオパシックストレス」の関わり

以前にも「ジオパシックストレス」の影響が大きい事を記事に書きました。
それを機に、「ジオパシックストレス」の減感作をアレルギー総合セラピーの最初にするように変更しました。
その判断は正解で、それ以後、セラピーでの減感作がだいぶ安定してきました。
それでも、時々最初に減感作した「ジオパシックストレス」が元に戻ってしまう事がありました。

それは、たぶん「ジオパシックストレス」と、他のアレルゲンの組合せで強いアレルギーがある為だと考えました。
まず、「金属歯科材料」は、断層や水脈などの微弱な電磁波のアンテナになりやすい事と、身体の一部である事から、
一番可能性が高いと考えました。実際、この組合せのアレルギーを持っている人は結構いて、
それを減感作してやると、かなり「ジオパシックストレス」の減感作が落ち着いて来ました。でも、まだ完全ではありませんでした。

次に、金属の装身具について調べてみると、「指輪」「ネックレス」「ブレスレット」などにも、
「ジオパシックストレス」との組合せでアレルギーを持った方がおられたのです。
更に、厄介な事に、「金属歯科材料」と「指輪」、「指輪」と「ブレスレット」と「ネックレス」など、
複数の組合せでもアレルギーを持った方もおられ、多い人で最大15種類の組合せを減感作しなければなりませんでした。

また、上の、4つのアレルゲンの中で、「金属歯科材料」は、口の中にありますから、
食品などと常に接触しますし、唾液や血液などの体液や、口内常在菌とも接触します。
その為、アレルギー体質の方は、「金属歯科材料」と「ジオパシックストレス」の組合せに、
さらに他のアレルゲンが結び付いたアレルギーを抱えている事が分かってきました。

具体的に結び付いているアレルゲンとしては、以下のものがありました。

 ◇食品:糖蜜、ナス、米、クマリン、シュウ酸、重曹
 ◇体内生産物:成長ホルモン放出ホルモン、エストロゲン、硫化水素、胃酸、グルタチオン
 ◇常在菌:虫歯菌、歯周病菌
 ◇鼻から吸い込むもの:花粉、ハウスダスト、カビ、ダニ、マイコプラズマ・ニューモニエ
 ◇感情:厄介、無関心、怒り、きまり悪い、批判、無視、失望

★ちなみに「指輪」「ネックレス」「ブレスレット」は、他のアレルゲンに常時接触する事はあまりない為、
 以下のように、感情だけが結びついているようです。

 ◇指輪:愛、拒絶、不名誉、罪悪感
 ◇ネックレス:不安、関心、絶望、むかつく
 ◇ブレスレット:情熱、厄介、嫌悪、不安定性、自暴自棄

単純に考えて、たとえば「糖蜜」単独のみのアレルギーを持った人と、「糖蜜」と他のアレルゲンの組合せの
アレルギーも持った人とでは、他のアレルゲンとの組合せのアレルギーを持った人の方が、
「糖蜜」のアレルギー反応が強く出ると考えられます。

実際に、けっこう重篤なアレルギー症状を抱えた方は、上記のような組合せのアレルギーをたくさん
お持ちなのです。ですから、アレルギーが強いと言うのは、それだけ他の様々なアレルゲンと組合わさったアレルギーを
持っている事に他なりません。アレルギーを解消するには、その組合せを一つひとつ見つけ出して、
根気よく減感作してゆくしかありません。

さて、上記の「金属歯科材料」と「ジオパシックストレス」の組合せに結び付いたアレルゲンの中で、
「認知症」の兆候をお持ちの方に反応があったのが、以下の5つのアレルゲンでした。
これらのアレルギーが認知症に強く関わっていると考えられます。
ほんとうに認知症には、以前の記事に書いたものも含めると、実に多くのアレルギーが関わっているようです。

◇糖蜜、
◇ナス、
◇成長ホルモン放出ホルモン、
◇硫化水素(神経伝達物質)、
◇マイコプラズマ・ニューモニエ

「アレルギー総合セラピー:基本栄養素」の中では、上記の「ジオパシックストレス」と組合わさったアレルギーを
出来るだけ減感作して行く事にしました。



●QOL回復セラピー<3回コース>
 料金:3,000円(小学校以下のお子様は無料)
1回目:身体の中に溜まった放射能の中和
2回目:放射能由来の病気の芽の摘み取り
3回目:サンジーヴィニの放射能から身体を守るヒーリング

●アレルギー総合セラピー:基本栄養素<4回コース>
 料金:7,500円(QOL回復セラピーと同時申込で、6,000円、お子さまは、3,000円)
アレルギー総合セラピー(12回コース)の中から、全ての方に必須の減感作をピックアップしました。
あらゆる毒素を蓄積しない身体作りを、リーズナブルな料金で実現できます。
従来、QOL回復セラピーを定期的にお受けになっておられた方は、今後受ける必要が無くなります。
1回目:ジオパシックストレスの減感作。神経系、及び、ホルモン系の主要アレルゲンの減感作。
2回目:基本栄養素1~8の減感作。
3回目:基本栄養素9~15の減感作。
4回目:主要10アレルゲンの減感作。(ワクチン保存料、農薬、吸入性アレルゲン、経皮吸収アレルゲン、
    にがり、放射能、電磁波、食物漂白剤、遺伝子組換え食品、ケムトレイル)

●アレルギー総合セラピー:基本栄養素 のお申込みは、まず
「QOL回復セラピー」に申込み、通信欄に「アレルギー総合セラピー:基本栄養素 希望」とご記入下さい。
http://www.taikosui.com/contents/contact/
 

認知症の改善に耳ツボのマッサージが有効

前の記事で、「認知症の症状の改善の為には、アレルギーの解消だけでは、まだ不十分。異常タンパク質が
沈着する原因として、どうも脳の血流不足があると思われる。また、脳の血流不足は、認知症の症状改善にも
大きく影響すると考えられる。神経細胞は海馬で新たに作られると言われているが、血流不足では神経細胞
を作る事ができないからだ。」と書きました。

脳の血流不足をもたらすアレルギーはいくつかあります。たとえば、認知症のほとんどの方に「脳動脈硬化症」の
レメディがヒットしますが、この「脳動脈硬化」に関わるアレルギーとして、「硫化水素」と「エストロゲン」と
「マイコプラズマ」の組合せがあります。その他に、脳の血流を阻害しがちな「星状神経節」に関わるアレルギーも
考えられます。

この「星状神経節」というのはあまり聞きなれない名前ですが、ペインクリニック(痛みの診療を専門とする科)
においては、「星状神経節ブロック療法」と言う手技が50年前から行われるようになり、成果を上げているようです。
この手技は、「1つの治療で、多くのさまざまな病気を治し、副作用はまったくみられない。」と言う、
西洋医学では非常に稀有な治療法だそうです。

故田中角栄元首相の顔面神経麻痺を治した治療法と聞けば、きっと皆さまも興味を持つのではないでしょうか。
田中元首相は、自分の病気を治したこの治療法を自ら探し、周囲の反対を押し切ってこの治療を続けたそうです。
何を隠そう、この療法は、西洋医学の中ではほとんど顧みられない「自然治癒力」を賦活する療法だったのです。
今思えば、角栄さん、日本列島ではなく、日本の医学界の改造をやって欲しかったですね。

さて、星状神経節は首の根元、第1胸椎の横に位置し、胸から上の交感神経が集まった中継地です。
ブロック療法の意味は、交感神経が働かないように麻酔を注射してブロックしてしまう療法です。
それによって何が起こるかと言うと、筋肉が弛緩して、血流が増えるのです。もちろん脳の血流も増加します。
特に、視床下部の周辺の血流が増加し、自然治癒力を回復し、高める大きな役割を演じるそうです。

最初に述べたように、この「星状神経節ブロック療法」は、様々なメリットのある療法ですが、首に麻酔を注射する
事が恐怖感を与える、また、この療法をやっている医療機関が限られている、事がデメリットとしてあります。
ところが、この療法と同じ効果を、首に麻酔を注射することなく、耳のツボをもむだけで実現した人がいました。
西東京市で鍼灸治療室を営む塚見先生です。今から15年前に始めたそうです。

塚見先生は鍼灸師ですから、本式には耳のツボに鍼を打つ方法で治療しているそうですが、耳のツボをもむ
だけでも同じ効果が得られる為、毎月第1、又は、第2水曜日に、その方法を一般の方に指導しているそうです。
私も、12月4日にお邪魔して指導して頂きました。最初は、コリコリとした軟骨をつぶすようにもむので、
痛いかもしれませんが、しだいに痛みは和らぎ、上半身から足先までポカポカして来るのが分かりました。

これは確かに、認知症の改善に有効かもしれません。
認知症神経再構築セラピーと併用していただければと思い、ご紹介します。
また、お近くの方は、一度塚見先生に直接指導を受けてみて下さい。

<耳の星状神経節のツボをもみます>
①両手の親指を上に立て、他の4本の指を握りしめます。
②その状態で、親指を耳の後ろに置き、親指と人差し指で耳を挟みます。
③コリコリとした軟骨を、親指で握りつぶすような感じで20回以上押すようにもみます。
※暇があれば、1日に何回もやって下さい。

耳ツボマッサージ.jpg

耳の穴もみ ~手軽にできる耳ツボ療法~
http://www.mimiharitsukami.com/mimitubo/

西東京ショッピング情報:塚見鍼灸治療室
http://nishitokyo.shop-info.com/tsukami/

------------------------------------------------------------------
アンチエイジングに役立つ耳ツボを使った女性の美容と健康作りに効く
『耳の穴もみ 若返り法』を無料でを実践指導

2014年1月8日(水)  13:00~15:00

場所 保谷駅前公民館 
   西武池袋線 保谷駅 駅に直結しているビル(1Fから3Fまでが西友です)です
   池袋駅から20分位です
   各駅停車のみの停車となりますのでご注意下さい

主催 健康を考える会

講師 塚見鍼灸治療室 院長 塚見史博 

予約制 事前にお電話でご予約下さい
 電話:042(424)2611
------------------------------------------------------------------

★認知症神経再構築セラピー 無料モニター募集します!

今まで、認知症の減感作は1回のセラピーで行っていますが、その後、症状が改善されるまでには
相当時間がかかるだろうと思っています。
そこで、認知症の症状改善をサポートするセラピーを新たに始めたいと思っています。
とりあえず、無料モニターとしてご協力頂ける方を募集したいと思います。

期間は、1ヶ月間で、1日おきに15回セラピーを行います。
内容は、
●スターライトの、失読症の為に開発された「神経再構築セラピー」16分
 ドイツ振動医学の ①周波数数レンジテストに用いられる周波数(500個)
             ②12経絡の全経穴の周波数(約360個)
 をレメディとして使用します。

QOL回復セラピー 3回コース 3,000円 
アレルギー総合セラピー:基本栄養素 4回コース 6,000円
アレルギー総合セラピー:症状別減感作(記憶力&認知症)1回コース 2,500円
をお受けになった方が対象になります。

8~10名程度募集したいと思います。

ご協力頂ける方は、問合せフォームでおしらせ下さい。
http://www.taikosui.com/contents/contact/
 

ページの先頭へ戻る