ホーム>オフィシャルブログ>2012年5月

2012年5月

調和への道II 生活スタイル

※以下の文章は、サンジーヴィニのヒーラーズガイドから抜粋しました。
-------------------------------------------------------------------------------

この書を読む人の多くは、ここに述べたことの大半のことはすでに実行しているでしょう。しか し、ヒーラーとして、「印刷」したガイドラインを手にもっていることは役に立つと思います。も しあなたに時間がなければ、それをコピーして手渡すことができるからです。

生活スタイルとは何か

目覚めたときから、眠りにつくまでの時間、私たちがなすこと(できなかったことも)のすべて が生活スタイルです。 もし来る日も来る日も官能的欲望を満足させるテレビを見、本や雑誌を読んでいるとしたら、も し低次元の感情をかきたてるだけの音楽を聞いていたら、もし平和に反する、また神に反する(誰 かに反すると広く解釈してください)活動に従事するために、私たちの手を使っているとしたら、 もし、官能をかき立てるためにつくられた香水の臭いをかいでいるとしたら、来世でも否定的な サンスカーラ(輪廻転生)に永久にとどまることになるでしょう。さらに今世においても、いく つかの恐ろしいに病気にかかるかも知れません。

私たちが人生の持ち場に従って行うべき義務を果たすことができなかったなら、(妻、母、夫、 父、娘、息子、雇用者、雇い主など)、私たちはアダルマ、罪深い行為にふけっているのです。 まず私たちの生活スタイルから除去する必要のあることをリストし、その理由を述べます。次に 私たちの目的、展望、最終的には幸福に質的な変化をもたらすために、私たちの人生に付け加え るべきことを述べます。

私たちの生活スタイルから何を取り除かなければならないか

心を汚す本や雑誌、テレビ、低俗的な官能的音楽、ゴシップ、批判、裁くこと、香水、不正な、 アダルマな活動を取り除いてください。 私たちの体と心は口で何を食べるかによって養われるだけでなく、私たちの感覚器官を通して入 るすべてのものによっても養われているのです。

なぜ、テレビ、心を汚す本、雑誌、写真を私たちの人生から取り除くべきなのでしょうか。

私たちの目で食べるものからはじめましょう。私たちの見るものの多くは「不随意」、すなわち、 それを制御できないものなのです。制御できることがここで議論するテーマとなります。何を読 むかは選択できます。テレビのスイッチを入れるかどうかは選択できます。けがれた映画のポス ターを見るかやめるかは選択できます。

ババはテレビをテレビシャムを呼びました。ビシャムとは毒という意味です。ババが言っている ことを私たちは本当に理解しているのでしょうか。かれはテレビは毒だといっているのです。 大半の人はババのテレビの非難は、番組が心に否定的な影響を与えるからだと思っています。こ れは真実ですが、半分しか真実でありません。大半の人が気づいていないことは、テレビは現実 に放射線を出しているのです。テレビからの放射線が、子供にてんかんのようなひきつけを起こ したり、様々なタイプの貧血を起こしたり、子供たちの皮膚疾患、行動疾患をひきおこしたりす るといういう証拠が増えてきています。もっとも不安なことは、テレビやコンピューターの画面 に長いことさらされてきた母親から生まれた子供に、生まれつきの障害があるということです。 テレビが心に与える影響は、いくら強調してもし過ぎることはありません。すべての世代がこの 空からの侵入者の犠牲となっています。でもスイッチは私たちの手の中にあるのです。ジャンク 番組は、それ以外に呼びようがありませんが、私たちの心を汚染し、文化的価値を腐食させ、暴 力と道徳の退廃に対して鈍感にしてしまいます。暴力と不道徳は今では正常なものとして受け入 れられてしまっています。

15年前まではテレビは私たちの人生にほとんど意味のないものでした。せいぜいその一部にし か過ぎませんでした。その後、家族間の人間関係は急落してきました。なぜなら、誰も話さなく なったからです。愚者の箱が最優先されるのです。食事をテレビの前で食べるようになりました。 会話は昨日の連続番組について交わされるようになりました。

この毒をあなたの人生から取り除くようにしてください。コンセントを抜いてください。どこか にしまってください(あるいはそれをニュースだけ最小限見るようにしてください)。そして違い を見てください。

次に本について語りましょう。書物は最良のサットサング(善良で聖なる仲間)にもなりますし、 また、最悪の「悪い仲間」にもなります。すべて本と雑誌の選択にかかっています。ポルノ文学、 恋愛小説、ゴシップ雑誌を読むのをやめた人は、これらの官能の貯蔵庫を書棚にしまっておかな いようにしてください。他の人に与えたり売ったりしないでください。燃やしてください。その ような本を見たいという気は二度と起きないでしょう。

低俗・官能的音楽、ゴシップ、批判をなぜ除く必要があるのか

私たちの聴覚、嗅覚、触覚、味覚は、同じようにごみが私たちの体に入る門となることがありま す。ゴシップ、批判、官能的な音楽は、あきらかに体と心にとって「よい食べ物」のカテゴリーに は入りません。音楽は魂の食べ物といわれています。しかしこの崇高な目標に到達するためには、 その音楽は私たちを高次の意識レベルに引き上げるものでなければなりません。

官能を刺激する香水、アフター・シェーヴ・ローションなどをなぜ除く必要があるのか

私たちの嗅覚がいかに強力か、自覚している人は多くありません。臭いの記憶はコンピューター の記憶装置のように、漂ってくる香りによって、想像にもしていなかった光景の完璧なフラッシ ュバックが記憶の中でよみがえります。窓や他の人から漂ってくる香りをコントロールすること はできません。しかし、私たちが身に付ける香りの種類は、コントロールできます、現代の香水 の大半は、官能をかき立てることが唯一の目的で作られています。さらに、子供にてんかん様の 発作をひきおこしたり、喘息の発作、アレルギー性のくしゃみの発作、頭痛、吐き気、他の症状 の主因となります。あなたが毎日出会う罪のない子供たちにこれらの問題を引き起こしたいとお 思いでしょうか。

不正な行い、アダルマな活動はなぜ除かなければならないか

触覚には私たちの手が従事する活動すべてを含んでいます。いかなる神に反する活動(人に反す る活動と読んでください)は私たちを安楽、健康と調和の理想的な状態から遠くに引き離してし まうでしょう。

私たちの生活スタイルに何を付け加えるべきか

・よい気分を高揚させる本と雑誌
・献身的な、古典的な、高貴な音楽- 歌あるいは楽器
・真理、正義、平和、愛、非暴力、慈悲、忍耐、調和の永遠の価値を教える聖人のサットサング、 人間の兄弟愛の育成に導く。
・無私の奉仕-マーナヴァ・セヴァはマドゥーヴァ・セヴァ(人類への奉仕は神への奉仕) - 自己の浄化となること
・適度な運動- ヨーガの太陽礼拝一通り行うことはよい出発点となります。
・深く息を吐き、深く息を吸いことに注意を払うことによる深い呼吸

最後に

「序章」の最初に、私たちは貧しい人たちが収奪の病気にかかり、富める人たちが豊満、 過剰の病気にかかっていると述べました。 持てる人たちが持たざる人と血を兄弟姉妹として見始めたとき、真の調和は私たちのこの 美しい世界を支配するようになるでしょう。富める人たちの10%でも、その生活スタイ ルと食事習慣を病気に陥らないように変えようと決意すれば、全世界の収奪の病気は、完 全に根絶できる資源は十分にあると私たちは確信しています。

よく考えるべきこと

わたしたちのだれもが自分自身のやり方で始めることができます。恵まれない人々を一人 か二人、自分の家で面倒を見ることもできます。飢えも収奪も病気も必要ありません。 私たちの意識を自分の狭い人生から移行させ、自分自身を美しい「全体」の非常に小さな 部分として見る必要があります。

「沈黙を実践しなさい。なぜなら、神の声は舌が静かになったときのみハートに中で聞こ えるからだ。沈黙は霊的探求者の言葉である。柔らかい甘美な言葉は、真の愛の表現であ る。嫌悪は甲高い叫び声であり、恐怖はきーきー声である。うぬぼれはトランペットの様 な声である。しかし、愛の歌は子守歌であり、心を和らげ、くつろがせる。」
バガヴァン・シュリ・サチャ・サイ・ババ

調和への道 I 食事

※以下の文章は、サンジーヴィニのヒーラーズガイドから抜粋しました。
-------------------------------------------------------------------------------

食事から何を除去すべきか

まず食事から何を除くべきか、そのリストをあげ、次にその理由を手短に述べます。これは食事 に関する手短なメモであり、論文ではありません。ここに述べたことは一般的に応用できます。 何が本当によいかは一人一人違っているので、私たちのほとんどにとって害のあるものをここで 非常に手短な理由と共にリストします。

除去すべきもの

肉、鶏肉、魚、卵(すべてのノンベジ食品)
精製糖、甘いお菓子、チョコレート、清涼飲料水、炭酸飲料、
ポテトチップス、スープ、コーンフレーク、ソースなどの包装食品
牛乳、プロセスチーズ、アイスクリーム
精製油、精製塩、精製小麦粉、白米を含む精製された食品
調理したトマト
アルコール飲料、タバコ、ドラッグ

 

最小限にすべきもの

薬の使用、体に自分自身を癒す機会を与えるために

手短な理由

なぜ、畜肉、鶏肉、魚、卵を含むノンベジタリアン食品を除去しなければならないのか

これらの食品は数時間以内に腐敗します。私たちは元来24 時間以内に排泄物を出すようにでき ていないので、私たちの内部で腐敗が起こります。私たちのうちに腐れ行く死体(これ以上絵画 的に説明できません)を運んでいると、小腸と大腸の精妙な裏地は、生成する毒を吸収してしま います。これが肉を大量に消費する国では、大腸癌にかかる率が高い理由なのです。

もし、私たちが長生きし、強く、勤勉に働くことを望むなら、自然から学びましょう。象、牛、 馬(馬力として力の単位になっています)はみなベジタリアンです。象は100 年以上生きます。ラ イオンや肉食獣は他方せいぜい15 年しか生きません。ライオンは邪悪で、暴力的で、食物とし て殺すためにしか一生懸命はたらきません。残りの時間は眠りに費やされます(1 日20 時間)

バーナードショーがベジタリアンになったとき、彼の知り合いの医師たちはそんな食事をすると 死んでしまうと警告しました。彼が高齢になったとき、なぜ、ベジタリアンがこんなにもよかっ たか、その医師たちのところに行って見せつけてやらないのかと質問を受けました。彼は「した いのはやまやまだが、彼らは何年も前にみんな死んでしまったのさ。」と答えました。

私たちの胃はこれらの食品を消化するために、もっとたくさんの酸を生成しなければなりません。 その食品自体大変酸性(尿酸を大量に生成する)なのです。それで、だれかが、潰瘍、関節炎、そ の他の皮膚病、腎臓病にかかっているなら、その原因を探すのに苦労する必要はないのです。

副腎ホルモン、別名ストレスホルモンは、動物が捕獲され、と殺されている間、非常に活発には たらきます。そうして産み出された副腎ホルモンは人間に再利用されます。こうしてそれが不必 要なパニック、ストレス、恐怖を引き起こすのです。(現代の精神病の問題はこれに由来すると 思われます。)

さらに、家畜は肥らせるためにあらゆる種類のホルモンや薬を与えられます。これらも人間に再 利用されて、男性も女性もひどいホルモン障害を受けるのです。抗生物質は餌に常時入っていま す。これらを摂取していると、万一それらの抗生物質が必要となったとき、効かなくなってしま います。

さらに、肉食は経済面から、また世界の食糧不足の観点からも意義がありません。500g の肉(た った二人分の分量です)を生産するのに、5kgから10 kgの植物(動物の餌として)を必要と します。

地球の水資源も枯渇しつつあります。1kgの小麦を育てるために、60リットルの水を必要と します。1kgの豆を育てるためには、200リットルの水を、1kgの卵を生産するためには、 3000リットルの水を、1kgの鶏肉を生産するには、8200リットルの水を、1kgの豚 肉を生産するためには、16400リットルの水を、1kgの牛肉を生産するためには、5万リ ットルの水を必要とします(出典高度な味「推薦図書」参照)

北アメリカのオガララ水源は、おそらく世界最大の地下水源であり、氷河時代からの人類の贈り 物でした。数年間でそれは完全に枯渇してしまいました。アフリカと南米の熱帯雨林は、世界の 肉食の人々のために、ハンバーガー生産用の牛に与える穀物を育てる場所を確保するために伐採 されてきました。 私たちは祖先からこの地球を相続したのではありません。それを将来の世代のために借りている のです。あなたが肉を食べるごとに、この地球を永遠に破壊しつづけているのです。

恐ろしいことには、数千リットルの血や他の廃物が、と畜場からインド中の川に毎日流れ出てい ます。 このことが今日のインドの若い人々に、胆石が高率に起こる理由になっているのではないでしょ うか。

道徳的にも霊的にも、自分たちの舌を満足させるために、他の動物を殺すことはどうして正当化 できるでしょうか。唯一の神しかありません。神は動物も創造しました。私たちが病気や困った ときに慈悲を求めて祈っているのはその神なのです。私たちが無慈悲に不必要に神の創造物を殺 したり、害したりしているのに、どうして神から慈悲を期待することができるでしょうか。よく 考えてください。

「我々は日曜日には私たちが歩む道の足もとを照らす光を求めて祈る。戦争にはうんざりしてい る。戦いたくない。それなのに、我々は死体をいっぱい腹に詰め込んでいる。」
ジョージ・バーナード・ショー

卵について言えば、それも肉や魚と同様早く腐ります。卵は大量のコレステロールをもっていま す。さらに無精卵は化学工場さながらに生産されます。雌鶏は非常にショッキングな状態で飼わ れています。決して日のあたるところを自由に歩くことはできません。いつもひとところに座っ て組み立てラインのように卵を産んでいきます。雌鶏はホルモン(もっと生産量を増やすために) や合成の黄色色素(子供の行動障害の最悪の原因の一つです)を与えられ、卵がもっと食欲をそそ るように見えるようにします。無精卵は雌鶏の排泄物に過ぎないのです。

卵は「濃縮された栄養の塊」であるというのは、私たちがずっと鵜呑みにしてきた神話です。ひと つの卵には鉄はほとんど含まれていませんが、1200 IU のビタミンA、大量のビタミンD を 含んでいます。コレステロールも入っています。一束のドラムスティックの葉には6000 IU のビタミンA が、一束のコリアンダーの葉には10000 IU のビタミンA が含まれています。

比べてみて下さい。ビタミンD は太陽から得られます。太陽の作用により、皮膚にじかに形成さ れます。そして、植物食品はコレステロールはまったく含まれていません。 多くの寄生虫病、潰瘍、関節炎、にきび、喘息、精神病、心臓病、血圧、癌、腎臓病は、ノンベ ジタリアン食品を食事からすべて除去すると劇的に速く効果が出ます。

なぜ、精製糖、甘味料、チョコレート、清涼飲料、炭酸飲料などは除去すべきなのか

これらはのものは栄養価がないからです。これらは体が燃やさなければならない「空のエネルギ ー」なのです。いわゆる、容器に入ったジュース、フレッシュジュースは濃縮されたものか、純 粋な化学物質からできています。それらは水、砂糖、合成香料、クエン酸、保存料を含み、栄養 はまったく含んでいません。 しかし、意識状態は非常に低く、専門家の間でもそうなので、この種のジュースが近代的な病院 の中でも重症な患者にも食品として提供されているのです。

砂糖は酸性です。砂糖は私たちの組織を疲弊させ、あらゆる種類の苦難へと向かわせます。精製 過程には、いくつかの腐食性の化学薬品を砂糖に加えることが必要です。砂糖によって引き起こ されたり、誘発されるたくさんの病気が本に満載されています。(実際それに関するとてもいい 本があります。「シュガー・ブルース」という本です)私たちはその一般的な病気を少数あげるこ とにとどめます。-子供の行動障害(過活動、かんしゃく、低い集中力、勉強についていけない、 勉強に興味がない、不眠、すぐに気分が変わる)潰瘍、皮膚病、関節炎、腎臓病。 砂糖は私たちのバランスを崩し、脳の嵐を引き起こします。精神障害、うつ状態、恐怖症、恐怖、 偏執症、強迫観念、てんかんにかかっている人は、食事から精製糖、砂糖を含む食品を除去すべ きです。

多くの人がコーヒーや紅茶に砂糖を加えることを控えるのを見てきました。(もちろん、それも 一つの成果です)。ところが、次の瞬間に、お菓子やチョコレートを食べたり、コーラやソフト ドリンクをがぶ飲みしたりして、物事を台無しにしてしまいます。250mlのソフトドリンク には、小匙8杯の砂糖が含まれています。2.5 センチ平方のチョコレートには、小匙20杯ほど の砂糖が含まれています。ソフトドリンクは決してあなたの体にはソフトではありません。砂糖 のほかにリン酸を含んでいます。それは腐食性があり、体がカルシウムを利用することを妨げま す。それは子供の歯を溶かし、肉体と心の成長を遅らせます。カフェインを含む飲料(どのコー ラでも)は習慣性があり、腎臓を悪くすることがあります。「ダイエット」と書いている飲料は、 砂糖を含んでいませんが、他の甘味料を加えています。それらは非常に危険であり、ある国では 「タバコ」と同様、法律で警告表示を必要としています。

私たちは学校の手におえないので退学するように勧告された子供たちを見てきました。ある学校 では彼らに「知恵遅れ」のレッテルを貼りました。実際にそうなりつつあったのです。皮肉なこと は、それは両親が子供たちに何を食べさせていたかによるのです。 私たちは親や教師によい子だった報酬としてチョコレートやジャンクフードを与えないように切 に訴えてきました。それは矛盾しているからです。子供たちのよい行為に対し、子供たちにとっ て有害な物質で報いてはいけません。

なぜ、あらゆる包装加工食品を除去しなければならないのか。
チップス、スープ、ソース、コーンフレークなど

これらの商品の添加物に注意してください。大半の添加物は発癌性があります。栄養的にもこれ らの袋詰めのお菓子は、どう想像力を働かせても、「食品」に分類することができません。MSG (グルタミン酸ソーダ)は、これらのほとんどの食品の中に入っていますが、神経に損傷を与え て、子供の精神的な成長を遅らせることがあります。過活動、集中力のなさ、頭痛、首の痛みの 一因となっています。

一般に信じられていることと反対に、コーンフレークは言われているほど栄養がありません。コ ーンフレークは80%の砂糖と精製小麦(栄養的にはゼロ)と残りの20%はおかしな名前のつい た化学物質です。「ビタミン添加」も策略のひとつです。現実にこれらは私たちの体には同化吸収 することが不可能であり、結局、私たちの体はそれらを毒として扱います。もちろんそれは私た ちの肝臓と腎臓が痛めつけられているということを示しているのです。

私たちは完璧に善良で健康な子供たちが、悪化して、家でも、学校でも手におえない悪魔になっ ていくのを見ました。これらの子供たちや親たちの心の傷は見つめていく必要があります。しか し、真実のところ、彼ら自身が作り出したのです。これらの90年代の「ジャンキー」はジャンク フードを食べて生きてきたのです。

なぜ、ミルク、プロセスチーズ、ミルクをベースとした菓子を除去しなければならないか

西洋では意識が高まっていますが、インドや発展途上国ではミルクがどれほど害を与える食品で あるかまだ理解されていません。以下にミルクを飲まない方がよい理由をいくつかあげます。そ のテーマに関する本を読んでさらに自己教育されることをお勧めします。(付録参照推薦図書)

常識を使ってみていくことにしましょう。自然界の中で母乳から離乳した後、他の動物のミルク を飲む動物がほかにいるでしょうか。子牛でもいったん離乳すると、牛乳を飲みません。なぜ、 人間だけがそうするのでしょう。ペット(犬や猫)はミルクを飲みます。私たちがペットにそうす るように堕落させたのです。

ミルクのカルシウムは、カゼインと結合しています。カゼインと乳糖は、それぞれレンニンとラ クターゼによってからだの中で分解されます。これらの酵素は3歳までには人間の体からなくな ってしまうのです。多くの場合もっと早くなくなってしまいます。(牛乳は人乳より300倍の カゼインが含まれています)。ついでながらカゼインはにかわの原料となる物質です。ミルクの 中の粘着物質は、体の中で消化されず、小腸の粘膜にこびりつきます。小腸はそれを洗い流すた めに、さらに粘液を分泌して反応します。細菌がそれを食べることによって、それは分解し、腐 敗しはじめます。この腐敗した物質は体の中で押し出されますが、決して離れず、体がそれを出 口まで押し出そうと努力して、さらに粘液を分泌させます。もしあなたが、扁桃腺炎、気管支炎、 副鼻腔炎、耳の感染症、喘息、膿んだ目、おりもの、アメーバ症、偏頭痛、仙痛にかかっている なら、ミルクをやめてください。

ミルクのカルシウムは実際には役に立ちそうに見えて役に立ちません。私たちはそれを求めると、 あらゆる病気を引き受けることになります。実際はミルクを飲めば飲むほど、カルシウム欠乏症 にかかりやすいのです。ミルクの高いリンの含量によって、血液がリンとカルシウムとの間で維 持している微妙なバランスを崩されてしまいます。リンの含量が高いため、血液はカルシウムを 健康な骨や歯から引き出してこなければなりません。それで、ミルクを飲むことは、骨粗しょう 症を引き起こしたり、歯を悪くする原因になることがあります。もっとも骨粗しょう症が多い国 はどこでしょうか。ミルクをがぶ飲みする国です。スエーデン、USA、フィンランド、イギリ スの骨粗しょう症の率が最も高い国です。 そのようにして血液によって運ばれた過剰のカルシウムは、軟部組織に蓄積し、腫瘍、白内障、 腎結石、胆石、脊椎症、坐骨神経痛、甲状腺症、前立腺疾患、動脈硬化、その他多くの病気のも ととなります。

ミルクを飲んだとき、からだが行う最初のことは何でしょうか。体は、消化のために胃の中に長 く滞在させるために、ミルクを凝固させる酸性の酵素を生成します。 それでミルクの直接の作用は即座に体の中に酸を作り出すことなのに、どうして胃潰瘍の患者が ミルクでよくなると期待できるのでしょうか(ここでは常識を使いましょう)。もちろん「冷たい ミルク」を取らなくてはだめだということを聞いたことがあるにちがいありません。なぜ、冷た いミルクなのでしょう。なぜ熱いミルクではいけないのでしょうか。もう一度常識を使いましょ う。一時的に楽になるように作用するのは「冷たさ」なのです。ミルクではありません。それな ら、冷たい水のほうがもっとよいのです。

とっていけないといわれているものは、酸っぱいものです。実際は、レモン水もタマリンド水も 強力な抗酸性剤なのです。(医者がこれらのものは酸性だといいつづけているのは奇妙に聞こえ ます)実験室の「顕微鏡」下で見えるものは、体の中で見えるものとは必ずしも一致していません。 体の中ではどちらも酸を取り除きます。私たちの伝統的な食事パターンからヒントを取り出して みましょう。私たちの食べるチャツネ、チャート、サンバー、ラサムはどれも辛いものです。潰 瘍を引き起こす辛さを解毒するために、いつもタマリンドを使います。

辛さを解毒する他のものは、純粋なデシ・ギー(純化したバター)です。もう一度、南インドの 食事からヒントを取り出してみましょう。給仕するご飯にはデシ・ギーを自由につけ合せます。 辛いサンバーやラサムの辛さを解毒するためです。手術の対象となるような胃潰瘍、十二指腸潰 瘍の人は、単にこれら2つのことを変えるだけで、外科のメスからのがれることができます。

(a)ギー(すべてをギーで料理してください。油ではだめです)、バター、自家製のヨーグルト以 外のノンベジタリアン食品、卵、乳製品を断念すること
(b)朝目覚めたときに新鮮なレモンと水を飲むこと。(蜂蜜は加えてもかまいませんが、塩や砂糖 はだめです。)

試してみてください。私たちの言葉を鵜呑みにしないで下さい。10~15日以内に違いがわか るでしょう。数日間は寒気がして悪化したように見えるかもしれません。しかしそれは過ぎ去り ます。それは体が蓄積したごみを放出するために予期しない変化が起こっているのです。尿酸が 関節から出てき始めると、関節に痛みを感じるでしょう。1月もすると新しい人間になったよう な気がするはずです。

体重も減少するでしょう。このことは多くの人が「弱く」なったとパニックを引き起こすかもしれ ません。残念なことに、インドでは「健康」を太っていることだと連想しているのです。意識レベ ルが非常に低いのです。医学の世界では患者に太っていることは健康でないと教育して注意を払 う人はわずかしかいません。多くの人は40歳の年齢では肥満はよくないということは知ってい ます。しかし、肥満の原因は子供時代に敷かれるということを理解している人はほとんどいませ ん。すべての病気のもとは、子ども時代の条件付けで獲得した間違った食事パターンによって始 まるのです。

親や祖父母がこの情報に対して「でも子供たちは子供時代を楽しまなくては」といって反応する のはばかげています。そうです。子供時代を毎月医者に通って、抗生物質をがぶ飲みして楽しん でください。そして大人なってから高血圧、糖尿病、腎臓病、心臓病、関節炎、癌にかかって苦 しんでください。

なぜミルクは消化できないのか

レンニンやラクターゼは昔は体内に生成されていました。なぜ現在では人間の体はこれら の酵素は生成するのをやめたのでしょうか。なぜミルクの消費が人間にとって災いになっ たのでしょうか。次のことを考えて下さい。我々は牛のことを母牛といいます。なぜなら、 母親のように我々にミルクを与えてくれるからです。実際には母親以上です。なぜなら、 自分の赤ちゃんを犠牲にして我々にミルクを与えてくれるからです。

この母牛をどう扱ってきたか。近代的な牧場に行き、牛がどのように取り扱われているか 見て下さい。この穏やかな草食動物には、薬で過剰の飼料を与えられ、その飼料の中に鶏 の骨が与えられています。母牛は愛情のある牛飼いによってやさしく搾乳されてはいませ ん。その代わり、牛の乳房は機械につながれています。1 年中、このがさつな方法でミル クを分けるために長い間立っています。牛のミルクはホルモンの力で生成されています。 この偉大な非暴力の国、インドでは、状況はもっとショッキングです。オキシトシンは産 婦人科医が出産の時に使うホルモンです。子宮の収縮が不十分な時に使われます。オキシ トシンは子宮を収縮させるからです。

インドの搾乳業者は1日に2回このオキシトシンを注射します。1日に2回動物に産みの 苦しみを与えています。そうするのはミルクの流れがよくなるからです。オキシトシンは 世界中で動物に使うことが禁止されています。しかし、インドではたやすく手に入ります。 ほとんどの搾乳業者がそれを使っています。人間がそれが入ったミルクを飲むといくつか の疾患を引き起こしますが、それだけでなく、動物にはひどい苦痛を与えます。

もしそれでも十分に出ない場合は、インドの搾乳業者は鉄棒を牛の子宮に押し込み、痛み を引き起こすほど乱暴にゆすります。彼らはそうすることによってミルクの出がよくなる と信じているのです。これがどんな感じがするか想像できますか。このような拷問を受け て、牛は我々にどんな種類のミルクを与えてくれると思いますか。栄養のあるもの?あな たがその牛だと想像してみて下さい。人間に対し、どのような感情をいだくと思いますか。 ミルクでよく育つように人間を祝福しますか。人間が苦しむように呪いますか。撒いた種 を刈り取らなければなりません。おそらく人間は世界中の牛の集団的な呪いに苦しんでい ます。

マネカ・ガンジーの[頭と尾」を読んで下さい。そこには牛の檻について、雄牛が生まれ たらどうなるかについて(それらは飢え死にさせられます)、間違った経済的な理由でボ ンベイだけで毎年何千頭もの健全な牛や水牛が殺されているということについての恐ろし い物語が書かれています。そうするとあなたはなぜ牛乳がそんなにたくさんの病気を生じ させるか理解するでしょう。

母性は神のもっとも貴重な贈り物である。母親は国の幸福、不幸の作り手である。魂の筋 肉でそれらを作り出す。これらの筋肉は母親たちが教えるべき2つの教訓によって強くな る。罪をおそれること、徳を好むことである。どちらもすべての内なる動機のもととなる 神への信仰に基づいている。その国がどれだけ進歩しているか知りたければ、母親を知り なさい。母親たちは恐怖や不安がないか、すべてのものに対する愛情に満ちているか、忍 耐と徳の訓練を受けているか。もしあなたが文化の輝きを身につけたければ、母親を見な さい。ゆりかごをゆらしている、食事を与えている、養育している、教えている、赤ちゃ んを愛撫している母親をみなさい。母親と同様に、国は進歩していく。母親と同様に、文 化の芳香がある。
バグヴァン・シュリ・サッチャ・サイ・ババ

なぜ、精製油、精製塩、精白小麦、白米を含むすべての精製された食品を除去しなければならな いのか

「精製」という言葉が使われる場合、自然が供給する自然状態の生産物が、栄養素を除去され、製 品のシェルライフを長くするために、いくつかの化学物質が付加され、だいなしにされたことを 意味しています。 その製品はよくは見えます。味もおそらくよくなっているでしょう。しかし、私たちの健康には よいでしょうか。

精製油-アメリカには精製油を健康によいと宣伝すると違法になる法律があることを知っていま すか。なぜでしょうか。なぜなら、諸研究によると、精製過程で油に加えた化学物質は、癌を生 じるからであり、また、精製油は心臓病の予防にはバターやギーほどよくはないからです。イン ドのマスコミには、精製油のほうがいいと宣告する広告が大手をふっています。条件付けは非常 に強力なので、医療の専門家たちもだまされて、医者が広告の中で提供された情報を、不幸な患 者に提供しているを目にします。精製しない油のほうがはるかによいのです。それぞれの地域に は、特産の油があります。菜種油、ココナッツ油、ごま油、オリーブ油などです。

精製塩-海塩、岩塩は自然によって供給され、それが食すべき形態なのです。インドは塩に対す る独立の戦いを行い、勝ちました。私たちは塩に対してもう一つの戦いをしなければなりません。 病気の戦いというべきでしょうか。海塩は神がもっとも自然で精妙な状態で与えてきたのに、塩 にヨウ素を加えるという口実で、商業は一般の人から神が与えようとした塩を摂取する権利を奪 ってしまいました。今では自然の海塩を見つけることがほとんど不可能だということを知れば、 恥ではないでしょうか。

「科学者たち」(彼らは商業によって資金を与えられています)は、甲状腺の病気はヨウ素の不足 の結果だと政府を説得しました。しかし、現在ほど多くの甲状腺の病気をかつて見たことがあっ たでしょうか。これらの甲状腺の患者にどちらの塩を取っていたか聞くと、答えはほとんどいつ も「精製塩」なのです。 ヨウ素は劇物の化学物質です。どうして一律に全部の塩に加えることなんてできるでしょうか。 ある人々は塩を少ししか食べません。一方たくさん食べる人もいます。インドのピクルスは塩を たくさん使います。たしかに、もしヨウ素が不可欠の化学物質であるならば、制御できる仕方で 供給されなければなりません。 いいえ、みなさん、それは商業的な利益に合わないのです。それで彼らは包装し、宣伝し、法外 な価格で売ろうとしているのです。ヨーロッパの国々では、人々は選択する権利を持っています。 自然の海藻、海塩、精製塩を選択する権利を持っています。インドでは政府が私たちみんなにか わって選択する権利をもっていると当然のことのようにふるまってきました。

精製塩は酸性です。体はそれ自身の知性を持っていますが、この酸性を中和するために水を保留 します。水の保留により、組織はつまってしまいます(雨でぬかるんだスラム街のように)、さ らにそれは毛細血管、動脈、静脈を詰まらせ、これらの経路に圧力をひきおこします。高血圧に なるのです。これに加えて、不消化のミルクのカゼイン、肉、卵、チーズのコレステロールのか すが残ります。(それらは血液によって運ばれ、動脈の中にあちこちに溜まります)、そして、あ なたはバイパス手術、脳溢血という完全な病気となるのです。

高血圧患者には利尿剤が与えられます。水を体外に排泄するのを促進する薬です。残念なことに は、酸は残ってしまいます。それが利尿剤を飲んでいる高血圧患者が必然的にひどい皮膚炎を起 こす理由なのです。これは皮膚から酸を排泄しようとしているのです。また、多くの高血圧患者 はこの酸のために腎臓を傷めてしまいます。

精白小麦-小麦はすばらしい食品です。たいへん栄養があって、健康的な食品です。それが「精 製」されると、いいものが全部除去されてしまいます。「胚芽」と「繊維」は剥ぎ取られてしまいま す。スーパーでのシェルライフを長くするためにです。「ビタミン」、「アミノ酸」添加の小麦粉 を買うことは役に立ちません。なぜなら、それらは自然のものでなく、体に吸収されることがで きないからです。全粒小麦にとどまってください。インドでは小麦製粉機(石挽き法を使ったも の)があります。精白していない全粒小麦が手に入れば、製粉機であなたの目の前で小麦粉に引 くことができます。

黒パンを買おうとして、罠にはまらないでください。それは通常色がつけてあるだけです。あな たが買いたいのは、全粒小麦パンなのです。あなたの地元のパン屋に全粒粉で、添加物、卵、着 色料、ミルクを入れずにパンを作ってくれるように要望しましょう。パン屋は通常1オーダーで 10斤のパンを作ります。それは2~3家族がいっしょに注文し分け合えばいいのです(近所全 部が健康なパンに切り替えるまでは) 注:小麦に対してアレルギーを引き起こす人がたくさんいます。また、食べた一粒一粒の小麦が 粘液に変わって、慢性副鼻腔炎、耳だれ(メニエル氏症候群、耳鳴りにいたる)、気管支炎などの 病気を引き起こす人もいます。

白米-小麦粉の場合と同様、白米もいいところが除去されてしまいます。私たちが食べるべきな のはパーボイルドライスです(北インドではセラ米として知られています)この米はもみの中に入 っている間にボイルされ、それでよいものは米の中に浸透しています。この過程を経た後に米は 精米されます。 玄米は栄養的には非常によいのですが、大半の人々にとっては消化することが大変難しいのです。 あなたが玄米を消化できるのならば、それを用いてください。

なぜ調理したトマトを食事から除去するのか

トマトは料理すると非常に酸性になります。「酸性を生じる」食品を私たちの食事から除くこと(多 くの病気は酸性にその原因があり、または酸性食品によって悪化します)が私たちの努めですか ら、トマトを使うことには、料理せずにしかも熟したものを使う限り、意味があります。

さらに、トマトは近年(インドでは数百年前)に私たちの食事に入ってきました。そしてタマリン ドに取って代わりました。タマリンドはフッ素と結合するユニークな性質を持っていて、フッ素 を私たちの体から除去し、フッ素含量の高い水道水を飲んでいる人々のフッ素病を防いでくれま す。アンドラプラデッシュの多くの村は非常に高い率でフッ素病にかかっています。その理由は この村では一挙にトマトに切り替え、タマリンドの使用をやめてしまったからです。

なぜ、タバコ、アルコール、ドラッグを除去しなければならないか

これらの物質に有害であるという意識レベルは非常に高まっています。タバコを吸わない人が気 づかなければならないことは、たえず受動的な喫煙を受けていることがあるということです。あ なたの子供やあなたがタバコの煙のない空気を吸う基本的な権利を奪われていると感じたなら、 ためらわず声を出して主張しましょう。あなたの家庭で誰かがタバコのみ、酒飲みがいたら、彼 等に依存症サンジーヴィニ(「精選サンジーヴィニ複合剤」の中にある依存症複合剤を参照してく ださい)を試してみることを提案します。このサンジーヴィニは、慈しみと理解と共に与えられ ますと、多くの人がタバコ、酒を含む依存症を放棄することを助けてきました。

タバコは肺、動脈、骨を損ないます。アルコールは肝臓を損ないます。どちらもあなたの人生を 破壊します。ドラッグは私たちの心と知性を破壊します。さらには、私たちの体と魂を破壊しま す。 抵抗すべきことは、タバコ、アルコール、ドラッグの最初に一服です。仲間の圧力にも責任があ ります。しかし、私たちは自分の人生を自分のために生きていて、仲間のためではないのだとい うことを忘れないでおきましょう。他人が自分をどう思っているかに過度の重要性を払ったなら、 私たちは操り人形になり、他人が望むまま自分の人生を生きてしまうのです。

食事に何を加えるべきか

・水、新鮮な季節の果物、新鮮な季節の野菜、バター、ギー、自家製ヨーグルト、バターミルク
・全粒穀物(季節による)、例えば、小麦、大麦、パーボイルドライス、玄米
・レンズマメ、ダル、豆類(常にタマリンドも加えます)、ナッツ、種子、ごま、ひまわり、
アーモンド、胡桃、ピスタチオ、ココナッツ
・(冬に)ドライフルーツ
・新鮮なレモン水(砂糖を入れないで)
・タマリンド-レンズマメに(フッ素病と酸性を防ぎます)
・もやし
・小麦若芽、リジュヴェラック(別の章を参照してください)
・注:フライを食べなければならないなら、精製していない油のみ使ってください。体調が悪け れば、フライは最小限にしてください。

成長する子供に対しては- ごまから作ったミルク、スイカの種、大豆、小麦、ココナッツ、ア ーモンド、デーツと蜂蜜と合わせ、カルダモンで香りづけしたピーナッツ、サフラン、天然のバ ニラなどを加えます。これらは何らかの理由で母乳が十分でない場合には、乳児にも与えること ができます。そのレシピは「レシピ」の章にあります。

いくつかの共通の疑問

どこでたんぱく質、カルシウム、ビタミンA、ビタミンB12、鉄を補給するか

たんぱく質-たんぱく質はアミノ酸からできています。アミノ酸に欠乏することは決してありません。 地上に育つものは、すべてアミノ酸を持っているのですから。象、牛、馬はアミノ酸をどこから得てい るのでしょう。穀類と草から得ているのです。 穀類すべて、豆類、野菜類すべてはアミノ酸に富んでいます。

カルシウム- 自然はそれを豊かに持っています。また、リンとマグネシウムがちょうどよい 比率含まれ、吸収しやすい形になっています。すべての緑黄色野菜、種実類、ごまとアーモンド においては特にそうです。もし何らかの理由で母乳が十分でなかったなら、小さな赤ちゃんでも ごま、ココナッツ、小麦、アーモンド、大豆から作ったミルクを与えることができます。

ビタミンA - 緑黄色野菜、黄色の果物、マンゴ、パパイア、ニンジン、桃にはビタミンA が 豊富に含まれています。ドラムスティックの葉、花、果実、コリアンダーの葉、ミント、これら はビタミンA のもっとも多い給源です。

ビタミンB12 - これは動物性食品のみに由来するといわれています。そうです。小腸管の中 に住む動物、友好的な細菌から得られます。もし抗生物質でそれらを殺さなければです。もし抗 生物質を受けていたら、手作りのヨーグルトを好きなだけ(日没後はとらないでください)、また、 レジュヴェラックをとってください。通常、あなたが自然療法に入れば、抗生物質は直接的にも 間接的にも入ってこないでしょう。心配することはありません。あなたの体は自分のバランスを とり方を知っています。

鉄- 緑黄色野菜には、ドライフルーツや大半のフルーツと同様にたくさん鉄分が入っていま す(カットしたり、皮を向いた後、そのまま放置しておくと褐色になるものにはたくさん含まれ ています)。鉄分の必要量を満たすにはミルク、肉、卵が不可欠だというのは、商業的な利益団 体が私たちに吹聴した物語です。一鉢のほうれん草には240リットルのミルクに匹敵する鉄分 が含まれています。卵には鉄分はほとんど含まれていません。

私たちは食べ物をどのように食べるべきか

私たちは意識して食べなければなりません。私たちが何を食べているか意識するだけでなく、食 べ物に対し、どれだけ感謝して食べなければならないか、鋭い意識をもって食べる必要がありま す。

おしゃべりしないで食べるようにしてください。最初に神に感謝の祈りを言ってください。何千 までは行かなくとも、何百のジグゾーパズルが合わさって、この皿の食べ物があなたのところに やってきたということをイメージに描いてください。

食べ物を正しくかんでください。「液体のものは食べること、固形のものは飲むこと」というこ とわざがあります。その意味はジュースなどは非常にゆっくり、口の中で移動させながら、唾液 とよく混ぜ合わせてから、飲み込むということです。他方固形食品はまずよくかんで液体にして、 それから飲む込むということです。消化の多くの部分、特にでんぷんでは口の中で行われます。 胃に半分の量だけ食べてください。残りは消化液で食べ物を「料理」するスペースをとっておいて ください。

あなたが病気か調子悪い場合、食べることをまったくやめるか、果物だけ食べてください。(果 物の方がそのジュースよりそれを咀嚼するのでその分いいのです)、そして蜂蜜を加えたレモン 水飲み飲んでください。食べ物は消化のためにエネルギーを使います。私たちが回復するのに必 要なエネルギーを使います。

注:この章で述べたことは一つの見方にすぎません。あなたの常識に訴えることのみ受け入れて ください。それ以外は捨ててください。これは自然療法の論文ではありません。これは自然と合 致して生きるという探求の出発点にすぎないのです。あなたの健康はあなたの手の中にあります。 ここからどこまで遠くに行くかはまったくあなた次第なのです。あなたの個人的な素質(プラク リティ)を理解するようにお勧めします。「推薦図書」を見てください。トリドーシャを理解する と、あなた自身の食事の要求に完全に同調することができます。

サトヴィック(純粋で健康を推進する)食事とは、我々が口を通して摂取する食べ物だけではない。 鼻を通して呼吸する純粋な空気、目を通してみる純粋な光景、耳を通して聞く純粋な音、足や手 を通して触れる純粋なものもそうである。五感を通して摂取するものは、食事といってよいであ ろう。悪い音、悪い光景、悪いものに触れることは、サトヴィック食とならない。
バガヴァン・サッチャ・サイ・ババ

健康と調和のための食事と生活スタイルガイドライン

※以下の文章は、サンジーヴィニのヒーラーズガイドから抜粋しました。
-------------------------------------------------------------------------------

はじめに

今日の世界には多くの苦しみがあります。「生活水準」はどの国も向上しました。 しかし、「健康水準」は最低です。世界のどこかの病院を少し訪ねてみてください。 人間の「水準」がどんな状態かわかるでしょう。 自然災害は別として、今日の苦しみの大半は人間が作り出したものです。

貧しい人たちは「剥奪」の病気に苦しんでいます。これらのものには栄養不足(ベリベリ、 壊血病、極端な場合にはエチオピアのようにマラスムスも含む)、盲目、また赤痢、コレ ラ、チフス、マラリア、黄疸のような不潔な生活状態によってかかる病気も含まれます。

他方、金持ちは「豊満」や「過剰」の病気に苦しんでいます。これらには糖尿病、リウマ チ、関節炎、高血圧、心臓病(コレステロール)、腎臓病、喘息、骨粗鬆症、鬱状態、皮 膚病、パーキンソン病、前立腺疾患、癌、胃酸過多や胃潰瘍、胆石、脊椎症、甲状腺疾患、 偏頭痛、肥満やそれに関連する病気、多発性硬化症、痔、副鼻腔炎、敗血症などが含まれ ます。リストし続けてもきりがありません。

かつてこういうシステムがあったときいています。古代中国では、家庭医は月のおわりに お金をもらいます。ただし、家族の誰もその月の間病気にならなかったときのみです。も し、誰かが病気になったなら、その人をよくするのが医者のつとめで、しかも医者はその 月はお金をもらいません。なぜでしょう。医者は自分の仕事をきちんとしていなかったか らです。「予防的な」健康法を実施すること、肉体と精神の健康を維持できるように家族 の食事や生活習慣を指導することが医者のつとめだったのです。言い換えれば、医者は あなたが病気にならないことで利益を受けていたのです。

今日ではその過程は逆になっています。私たちは医者のところに行き、病気になったとき にお金を払います。正直のところ、医者たちにはこのことに対して責任はないのです。私 たちが私たちのみがこれを変えることができるのです。

「健康管理」という言葉が使われるとき、私たちはワクチン、予防接種、健康診断、生検、 前立腺テスト、尿検査、血液検査、CTスキャン、超音波スキャン、MRIなどを考える ようにプログラムされています。 世界中のどの政府も「健康」省、「健康」事業、「健康」保険を持っています。健康はそ れがないことによって目につきます。私たちが実際に有しているものは、「病気」省、「病 気」事業、「病気」保険なのです。何10兆円ものお金が毎年「健康管理」に費やされて います。医療技術の最先端にある国で特に顕著です。しかも、健康でなくて、不健康が日 常の様態です。

なぜでしょうか。

なぜなら、みなさん、健康は薬局では買えないからです。それはお金を「消費」しません。 健康は健全さへの妥協なき追求を要求するのみです。母なる自然と、そのすべての被造物 との平和で調和のとれた共存の道こそが、唯一の健全な道なのです。 皮肉とは思いませんか。私たちはまず不健康を得るためにお金を費やします。(無分別な 過度の享楽)それから、健康を回復しようとして、たくさんのお金と膨大な国家的、人的 資源を費やします。

気になりませんか。私たちは医者や病院に通っているときでも、大量の間違った食品をが つがつ食べ、享楽的で怠惰な生活を続けています。そのどれも災いを付け加えるだけです。

 

現代の病気に対する反応

病気は私たちに否応なく襲いかかってきます。そして、私たちはその場しのぎの「解決手 段」を求めています。 例を取りましょう。私が頭痛がするとします。私の反応はどうでしょうか。痛みどめの薬 を口にほうりこみます。痛みは消えます。しばらくの間だけです。数時間、数日、数週間 後にまた痛みが戻ってきます。さらにたくさんの錠剤を口にほうりこみます。痛みが戻っ てくるごとに、痛みはひどくなってきます。頻度も大きく、持続時間も長くなってきます。 すぐに飲む錠剤の数を増やさねばなりません。なぜなら、痛みはもはや「反応」しなくな ったからです。

これはさらに悪化していき、「偏頭痛」に打ちのめされます。さらに悪いことには、胃酸 過多(これは鎮痛剤の副作用です)になり、ついには胃潰瘍になってしまします。このた めに、制酸剤を飲み始めます。それはしばらく立つと肝臓をいためるでしょう。腎臓をい ためるのもその延長上にあります。その場しのぎの「解決手段」はドミノ効果があり、私 たちの重要な機能がすべて破壊されるところまできてしまいます。 一方、私は次のような病気を生み出す「食品」の一部かすべてで自分を満たし続けていま す。

1.消化できない食品、私たちの身体に緩慢な毒として作用する。たとえば、牛乳、精製 油など
2.暴力的な食品(ノンベジ食品)、これは私たちの身体を腐敗した墓地に変えてしまい ます。
3.発癌性、神経を破壊する食品添加物、合成着色料、保存料、着香料、グルソー。加 ほとんどの工食品、飲料に入っています。
4.苛性ソーダ、ホルマリン、尿素、オキシトシン(女性ホルモン)皆牛乳に入っていま す。
5.放射線照射食品、電子レンジ食品、それらが悪影響があることはいまやっと理解され 始めてきました。

病気に対してどのように対応すべきでしょうか

先ほどの頭痛の例に戻りましょう。痛みは病気ではありません。それは深いレベルで問題 が存在すると言うことを、身体が私たちに告げる方法なのです。 身体は私たちに何を期待しているのでしょうか。 身体は私にもっと知的に責任のある態度で応答することを期待しています。そんな状況下 でなすべきもっとも容易で最良のことは、通常の食品から遠ざかることです。希釈した新 鮮なフルーツジュース、果物、野菜スープで済ませることです。何よりもいいのはレモン 水と蜂蜜で断食することです。このように応答すると、私と私の身体との間に対話のチャ ンネルが開けてきます。数時間のうちに私は何が問題だったのかわかるようになります。 たいていの場合、便秘か不活発な肝臓のためなのです。

私たちが食べたものを消化するには、他のどの活動よりも「エネルギー」をとられます。 頭痛があるときには、食べることをやめるか、果物(果物は自己消化する)のみを食べる ことが、私が身体のためにできるもっとも親切なことなのです。身体から老廃物を除去す ることは、食べることよりもはるかに重要なことです。この活動も「エネルギー」を必要 とします。身体は「ゴミ」を除去するために手持ちの資源を利用することができれば、非 常にありがたいと思うでしょう。ゴミは私たちの中で「悪臭」を放ちます。この悪臭が頭 痛なのです。

頭痛は便秘によるのでなくて、副鼻腔の詰まりによるのだとします(目の周囲と背後には 9つの副鼻腔があります)。「断食」で応答することは、その場合も最良の応答になりま す。詰まった副鼻腔はゴミ捨て場です。体によって生成された過剰の粘液がある(ミルク、 乳製品が主犯です)と、体はその粘液を外に出そうとして副鼻腔に注ぎます。それで体の 正常な機能を営むことができます。副鼻腔は空の空気のポケットです。体の内蔵するゴミ 袋なのです。そして、唐絵だの叡智はそれらをこのように使います。それらがほとんどい っぱいになった場合、額部分に圧力が形成され、そのために頭痛が起こるのです。

私が断食で対応するとき、身体は粘液を排出するというエネルギーボーナスの利点が得ら れます。私は鼻からひどく鼻水がでる重い風邪の症状にかかったことがありました。する と頭痛は直におさまっていきました。ゴミは私の内側にあるより外側にある方がよいとい うことに気づいて、私は自分の「風邪」に幸いだと感じました。私はレモン水と蜂蜜で断 食を続けるか、果物だけを食べ続け、サンジーヴィニで免疫システムを強化し、可能であ れば、1日、重い日常の仕事を休みます。 ゴミが排泄されると、私は自分と、私の内にあるシャクティと、波長を合うようになりま す。そして、私の本能は私に何を食べるべきか語るようになります。

病気を理解する

嫌悪、嫉妬、怒りのような否定的な感情は、私たちの内部に化学反応を引き起こします。 そして、それが自己破壊を引き起こします。私たちの誰もが、遺伝によって引き継がれた、 ある病気にかかりやすい潜在的な傾向をもっています。

病気とは何でしょう。

私たちの欲望は火のごとくです。それに燃料を供給すればするほど、あかあかと燃えさか ります。欲望は必ずしもいつも達成できるとは限らないので、葛藤、怒り、嫌悪の念が入 り込んできます。 病気とは私たちの過度の放逸による自己破壊への飽くなき努力に対する母なる自然の応答 です。病気は私たちを減速させる自然の道です。自然は慈悲をこめて、私たちが崖っぷち に向かっていることを、まず軽い病気で警告してくれます。私たちが頑固に耳を傾けるこ とを拒むと、自然は重い病気で私たちを制限します。

一方、健康は調和へもどる喜びの旅です。欲望、物質の所有、感覚の満足は、それら本来 のあり方で眺められています。愛、信仰、慈悲、分かち合い、援助が、否定的な感情にと って代わります。こうして私たちは内なる導き手に触れるようになります。もし私たちが 耳を傾け、波長を合わせれば、内なるガイドは決して私たちを導き損なうことはありませ ん。

サナタナ(時間を超えたー自然の)のヒーリングの方法においては(この中に私たちは次 のものを含めます。アユルヴェーダ、自然療法、ヨーガ、鍼、指圧、反射療法、ホメオパ シー、ラディオニックス、波動ヒーリング、スピリチャル・ヒーリング、ホリスティック ヒーリングシステム、すなわち、患者は体、心、霊からなると見なされ、治療はその3つ のレベルでなされるシステム)、身体自身のいやしの力を目覚めさせます。その宇宙エネ ルギーはバランスがとれると、あらゆる存在段階のあらゆる狂いをただしてくれます。こ の癒しの力は様々な名前で知られています。ヨーガではプラーナと言います。鍼灸では気 として知られています。ホメオパシーや他の自然療法では、生命力として知られています。 それゆえ、サナタナの健康法では、私たちはその癒しの力を、生かし、目覚めさせ、活性 化し続けるように働きかけるのです。

 

食事の習慣と本能

私たちの食事の習慣は次のものによって導かれています。

a.味覚

b.宣伝による条件付け(医学の専門家たちが得る知識の多くも、広告によるものだとい うことを覚えておいてください。これは直接テレビから得る場合もあります。また、さら に悪いことには、間接的にしかももっと狡猾な方法で、定期的に「研究」を報告する既得 権者によるばあいもあります。その研究は「彼らの製品」は健康によいということを示す 目的があるのです)医学専門家は、商業的利益の手中で知らず知らずに人質になっている のです。

c.社会的な人間関係による条件付け。これには私たちが子供の頃受け取った条件付けも 含まれます。
多くの東洋の国では、客人を厚くもてなすことで知られています。インドではこういうこ とわざがあります、それは、「予期しない訪問客は神である」ということわざです。私た ちは皆外に出向き、訪問客を「神」のごとくにもてなすのです。私たちは訪問客の前にご 馳走を並べます。それらのごちそうは化学的に翻訳すると、病気を引き起こす消化できな い毒物なのです。(このことを理解するために、様々な「食品」に関する関連のある箇所 を参照してください)
そのような食品には害があるということについて、一般の認識は欠けています。もっとも 心が痛み、不幸なことには、気がついている人々でさへも、これらの不消化の食べ物を提 供し続けていることです。それが礼儀にかなったことだからであり、訪問客はもし渇きを いやすために清涼飲料水を、また舌を喜ばせるためにミルクから作った甘い菓子を与えな いと気分を害するにちがいないという言い訳からそうするのです。
私たちが乗り越えなければならないことは、まさにこのような条件付けと仲間の圧力なの です。

私たちの味覚は、ただ健全でバランスのとれた食品のみ摂取することを確認する道具とし て神から与えられたものです。しかし、感覚が私たちを支配するようになって以来、すべ てのバランスは失われてしまいました。私たちは今や五感の奴隷となり、私たちの舌は識 別能力を失ってしまいました。私たちにとってよいものだけを食べるという本能を失って しまったのです。

野生の中では、動物には医者がいません。動物の本能が病気におそわれたとき、どうした ら健康状態に立ち返るか教えるのです。私たちも同じ本能を持っています。味覚の中に隠 れています。健康に立ち返る本能を持っているのです。機会を与えれば、体は自分をどう いやしたらよいか知っています。

私たちが自然と調和していないとき、神の恩寵を汚しているとき、私たちの惑星、母なる 大地、動物、恵まれない人々が、私たちの利己的な目的のために彼らに積み重ねた悪用に より泣き叫んでいるとき、私たちの本能は麻痺し、ゆっくりと死んでいきます。 私たちはマスコミや社会、仲間の圧力によりたえず浴びせられていた条件付けを乗り越え なければなりません。私たちは自然に、調和に帰らなければなりません。環境への調和と 自分自身の調和に帰らなければなりません。ゆっくりとしかも確実に、私たちの本能は目 覚めはじめ、私たちを生き生きとした健康な状態に導いてくれるでしょう。

どうしたら、病気をなくし、生き生きとした健康を取り戻すことができるか。 調和への道に従うことによって、私たちは健康と活力を回復することができます。 健康を取り戻す唯一の永続する道(それは可能です)は、私たちの人生の中で何が病気を引き起 こしているか鋭い意識をもつことによります。誠実な反省を行い、勇気と決断力をもって、変化 のプログラムに乗りださければなりません。では何を変化させるのでしょうか。

1.私たちの食事と生活スタイルから間違ったもの、病気を招くものをすべて除去すること
2.私たちの食事と生活スタイルによいもの、健康を推進するものすべてを付け加えること。

強い意志は最良の強壮剤である。その意志はあなたが自分を神の恩恵を受けている永遠の 子供、人間だと知るとき強くなる。医薬、入院は、この医者の方があの医者よりもうまい とか、この薬の方が他のどれよりもよく効くとか、疑ったり、ためらったり、議論したり している人々のためのものである。至上の医者に帰依しているものは、彼の名前が癒やす 薬である。
                                                                バガヴァン・シュリ・サッチャ・サイ・ババ

「スピン反転」と言うユニークな概念

電子のスピン反転のサムネイル画像

私は、「スターライト」と言う波動機器でセラピーをしています。
その中で、まず最初に出てくる概念が「スピン反転」と言う概念です。

ミクロコスモスでは、電子は原子核の周りを、自転しながら公転しているそうです。
あたかも、地球が太陽の周りを回っているように。
「スピン反転」と言うのは、その電子の自転の回転方向が逆になっている状態を言います。
たとえとして、地球の自転が逆回転しだしたらどうなるか考えてみて下さい。

大変な事ですよね。

そんな事が、体の中で起こっているのです。

一般的なネジは、右回転で締まり、左回転で緩みます。エネルギーも右回転では集中し、左回転では拡散するそうです。

人の体を、エネルギー体と見た時にエネルギーを取り入れるのはチャクラの役割です。
チャクラが一生懸命エネルギーを取り入れても、「スピン反転」していると、そのエネルギーは体に蓄積されずに漏れ出て行ってしまいます。
そうすると、体は常にエネルギー不足ですから、更にエネルギーを要求し、チャクラは年がら年中働きっぱなしで、疲れ果ててしまいます。
ですから、「スピン反転」していると、いつもなんとなく疲れた感じの自覚症状があります。

体がそんな状態だと、スターライトの測定でスターライトが体に問いかけても、体から返事が戻ってきません。
それは、あたかも、消耗した乾電池では電子機器が正常に作動しないのに似ています。
ですから、体が「スピン反転」の状態に陥っていたら、まず最初にそれを元に戻してやることがセラピーの出発点になります。
 

レヨメータ_ポラライザーのサムネイル画像 オーラインモーション 私は、スターライトの他にも、オーラインモーションと言うオーラとチャクラを測定できる機器と、レヨメータという特定の周波数でチャクラを調整できる機器を持っていますので、「スピン反転」している時のチャクラの状態について何か特徴がないか調べてみました。

その結果、分かってきた事として、

通常は、チャクラにエネルギーブロックがあるとオーラインモーションでチャクラの活性度が低く出る傾向があり、活性度の低く出たチャクラをレヨメータで調整してあげる事によってバランスが改善されます。

しかし、「スピン反転」していると、チャクラにエネルギーブロックがあるなしに関係なく、全てのチャクラの活性度が100%に近く高く出て来ます。しかし、レヨメータで見てみると、チャクラの活性度は高くてもエネルギーブロックはあるのです。

この事から、「スピン反転」している状態では、体にエネルギーが足りない為に、全てのチャクラを無理にフル回転させて、エネルギーを取り入れている状況が伺い取れました。

この様な事をみてくると、

「スピン反転」している状態では、体の生理的な反応やエネルギー的な反応も、通常のスケールに乗っかって来ない事が考えられますので、いろいろ検査やセラピーを受ける前にまず「スピン反転」を修正しておかないと、無駄な時間とお金を使う事になりかねないと言えそうです。

現代社会の中で、「スピン反転」を引き起こす要因はとても増えてきています。最も顕著なのは、電磁波の影響ですが、その他にも精神的・感情的ストレスの増加、有害重金属や化学物質などの体内への蓄積などが考えられます。

何か体と心がシャキっとしない、慢性的に疲れた感じがするそれでいて、検査しても異常はないと言われるという自覚症状がある場合は、まず、スターライトのセラピーを受けてみる事をお勧めします。
 

Biontology(バイオントロジー)

バイオントロジーは、スターライトの開発者、「ヨハン・ボスウィン クル博士(Dr.Johan Boswinkel)」が提唱している考え方で、単にセラピー にとどまらず、人の生き方にかかわる考え方です。以下に、博士自身の言葉でご 紹介します。

バイオントロジーとは?

 バイオントロジーとは、Bio( 生物)とOntology(本質論)の二つを組み合わせた造語です。バイオと いう言葉はよく知られておりますが、命あるもの全てに関わります。そして、オ ントロジーとは、自然界における究極の真理を追究する学問のことです。

バイオフォトン 肉体が放つ 光「バイオフォトン」を利用した私たちのセラピーは、バイオ ントロジーの一部にすぎません。あるとき私たちは、バイオフォトンのみを扱う 以上のことを行っていることに気付きました。バイオフォトンは、肉体の潜在意 識とコミュニケーションを取るには、大変優れた方法です。それによって、細胞 に刻み込まれた記憶をみることができるのです。 バイオフォトンは、肉体に起 こる現象や幻想の裏にある真実や、自然の真理を見つけ出すために導いてくれる ものです。

 科学は、それ自体は非科学的なのです。なぜなら、その正当性は疑わしい ものがあるからです。科学においては、全てのことはある一定の条件下で再現性 がなければなりません。しかしながら、現実はほんの少しかもしれませんが、絶 えず変化しているのです。つまり、同じものは一つも存在しないのです。 その ため、科学的なことは現実とはかけ離れてしまうのです。死んでしまった場合は 、全てが同じになる可能性はありますが。科学とは、死んだものにだけ働きかけ ており、命を扱ってはいないのです。

真実の立方体

真実の立方体 私たちは、現実を見つめ るとき三次元として見ています。長さ・広さ・深さです。ここで、少し大きな立 方体を想像してみてください。その立方体は六面体です。そして、各面にそれぞ れ違う色を与えてみましょう。 まずは底面を黒とします。そして、上面が白、 側面はそれぞれ緑、黄、赤、青とします。もし、あなたが青い面の前に立ってい るとしたら、あなたはこの立方体は青色だというでしょう。そして、他の人が違 う側面の前に立っているとしたら、その人は立方体は黄色だというでしょう。こ の二人の両方がそれぞれの真実を述べていることになります。しかしながら、そ れは真実のある一部にすぎません。そしてこの二人がそれぞれ自分の真実を全て だと思っていると、そこに落とし穴があるのです。これが現在の科学が行ってい ることなのです。

 もし、この二人がそれぞれ立方体の角へ移動すると、そこで二つの側面を 見ることになります。どの方向に移動したかにもよりますが、二人はここでそれ ぞれ違った二つの側面を見ることになります。もしかすると、お互いが共通の側 面を見ることになるかもしれません。もしこの二人が移動し続ければ、さらに多 くの真実を発見することになります。 柔軟に動き続けることで、あなたの意識 がより広がっていきます。立ち止まった時点で、あなたは何かに固執し、そして 成長が止まってしまうのです。 例えば絵画を見るときにも、同じようなことが いえます。近づき過ぎると、見えてくるものが少なくなるのです。こうしたこと が、ある専門家にとっては一つの問題となります。例えば、ある一つの課題に固 執し、その先にいけなくなってしまうのです。専門家は、全体像を見失ってしま うのです。

20121126235549.png ここでいう四つの側面は 、ある面の上に積み重ねられた肉体的な症状ということができます。それは、底 面である黒い部分です。ここは、私たちは見ることができません。しかしながら 、ここが全ての基礎となるのです。ここは、五感だけでは見ることができません が、六感によって見ることができます。 立方体の四つの側面は三次元で確認す ることができる肉体的なことです。そして、底面は、三次元界ではなく、他の次 元に存在しています。言い換えれば、三次元で起こる全ての事象は、他の次元の 上に成り立っており、普通は、見たり、聞いたり、匂ったりすることはできませ ん。

 多くの方にとって、見えないもの、聞えないもの、匂わないものは存在し ないものと捉えているでしょう。しかしながら、同時にこうした方であっても、 あなた自身の考えや感情、思考を受け入れています。明らかに三次元に存在しな い「もの」を受け入れているのです。 つまり、肉体の基となっているものは、 立方体の底面である見えない暗い部分だということなのです。もし肉体の世界で 何か問題が起こったならば、その根底にあるものを見ていかなければならず、決 して簡単なことではりません。単に意識を広げるだけでなく、深く追求していか なければなりません。

 肉体の潜在意識にアクセスすることが大切になります。なぜなら、そこに 原因があるからです。こうした肉体の潜在意識というのは、あなた自身の潜在意 識とは別のものです。なぜなら、あなた自身はあなたの肉体ではないからです。 もちろん、肉体の潜在意識は絶えずあなたにアクセスしていますので、あなた自 身の潜在意識に原因がある場合もあります。 芸術とは、この(あなた自身と肉 体の)潜在意識にいかに気付き、何を伝えるかということなのです。

 多くのセラピストが、病気の原因の殆どが精神(魂)に起因していると誤 って信じています。もちろん、そうした可能性もありますが、肉体の潜在意識に も起因しているのです。もし100人の方が同じ症状を持っていたとしても、100通 りの異なった原因があるのです。症状とは、何を掘り下げていけばいいかという 方向性を与えてくれるサインではありますが、症状に固執するのは間違いです。 見るべきところを示してくれているだけなのです。

引き寄せ  あなたの人生に起こる様々な出来事には全て意味があります。なぜなら、あな た自身が自分の人生を創造しているからです。どんな些細なことでさえ、あなた が創り出しているのです。もしあなたが泥棒を恐れているのであれば、あなたの 家は泥棒に入られます。さて、これは誰のせいなのでしょうか。泥棒?それとも あなた自身?実は、あなた自身が泥棒を招いてしまったのです。意識を向けたこ とが作用するというのが、宇宙の法則なのです。 もしあなたが癌になったら、 それはあなた自身が癌になることを恐れていたのが原因となります。多くの肺の 専門家が、肺癌で亡くなっています。なぜでしょう?なぜなら、彼らは癌という 恐怖、そして癌になった人の話に囚われているからです。誰一人として、自分自 身の経験に伴ってはいないのです。恐れは、何を知っているかではなく、何を思 ったかということによって生まれます。恐れは、私たちの脳でつくられます。で すから、実際には考えなければ、事象として現れないのです。

診断について

撃つ 診断を行うとき、私た ちはそれは永遠に続くものと思っています。しかしながら、診断はある一瞬の状 態にすぎません。命あるものにおいて、永遠に続くことはありえません。一般的 な医療は、「死(殺すこと)」を目的としています。薬や抗癌剤、放射線治療な ども、全て何かを死滅させるためなのです。 抗癌剤は、化学兵器の一つである 「マスタード・ガス」が基となっています。第二次世界大戦時代の科学者が抗癌 剤を発見しました。それはまさに、ヴォル博士が電気針治療器を発明したときで もあります。

 現代において、鳥インフルエンザの脅威がありますが、亡くなられた方は 鳥インフルエンザそのものではなく、薬によって亡くなったのです。 このよう な記事を含め、読んだものは信用してはいけません。これは単に知識であって、 何の役にも立ちません。役に立っことは「直感」、つまりは内なる声だけです。

こうした直感は、経験を伴った智慧によってもたらされます。しかしながら 、それがもたらされたかどうかは、経験して初めて知るのです。今生かもしれま せんし、過去生から引き継いだものかもしれません。それでも尚、これは知識か ら得たものなのか、それとも直感から得たものなのかということを問わなければ なりません。直感だけが真実であり、ほんの一瞬しか続かないかもしれません。 その直後には、既に真実は別のものへと変化している可能性があります。 その ため、あなたは立方体の底面を探求する必要があります。そこで初めて、起こっ ている現実の基にある原因を探し出すチャンスとなります。

幻想と現実

 起こっている現実は、幻想の上に成り立っていることもあります。特に、 アメリカでは「見せかけのショーが続いている」のです。ヨーロッパでも、同様 です。しかし、このようなナンセンスなことが明らかになれば、私たちはこうし たショーを信じなくなるでしょう。 全てのことに対する真実を探し出す必要が あります。例えば政府による発行物に書かれていたように、医療的診断の70%が 誤りだと言っています。診断は、多くの病気の原因となるような恐れをつくり出 しているのです。

 

 立方体の他の側面や底面を調べていくとどこへ導か れているのかを知ることでしょう。それは、上面です。そう、白い面へと導かれ ているのです。 あなたが、自分自身を高める努力をしたとき、立方体の上面を 見ることができます。そして、どんな経路を辿ったとしても、結局は上面へ導か れていることを知るでしょう。

 そこには一つだけ条件があります。あなたは、あなた自身の通ってきた道 に従うということです。たとえどんな現象であろうと、その現象の基にあるもの を見ることができるでしょう。そこで、あなたは光を見るでしょう。 底面を調 査することが出来るようになるまでに、まず闇の中に足を踏み入れなければなり ません。つまり、あなたは目覚めなければならないということです。

瞑想 あなた方の殆どが、 考えることを考えるというように育ってきました。「どのように」考えるかでは なく、「何を」考えるかを学んできました。そして、学校や専門学校、大学など で、知識を得てきました。あなた方は、こうした情報がどんな現実に基いている かを確認したことがありますか?その「知識」は、あなた自身の経験と一致しま すか? 感覚は、心の中にあります。頭ではありません。そして、心は決してあ なたを裏切ることはありませんが、頭は違います。

 これが、バイオントロジーなのです。いかなることも見つけ出し、全ての 可能性を調査します。もしあなたが真実であると感じなければ、言われたことを 決して信じてはいけません。 感じたことと一致するかどうか、またあなた自身 の経験と一致するかどうかを見極めてください。なぜならそれこそが、現実なの ですから。

どのように目覚めるのか?

 まずは、予防接種の害を中和する必要があります。ポリオは免疫システム に影響がありますし、破傷風は心と頭のつながりをブロックしてしまいます。下 垂体が全てのことに対して判断する中枢となります。何がよくて、何がいけない のかを判断しなければなりません。もしこうした機能が予防接種などにより妨害 を受けていたとしたら、免疫機能も働きません。また、松果体も破傷風の予防接 種によって影響を受けます。そのため、カルシウム代謝が正常に働かず、心と頭 の伝達もブロックされてしまいます。こうしたブロックがあなたの目覚めを妨げ ているので、それらを外す必要があるのです。 一度調和してしまえば、再び機 能し始めます。あなたの身体は、あなた自身とともに働き始め、全ての伝達経路 が動き始めれば、不可能なものはなくなります。

光 私たちは不自然な形で、本 来の性質を変えられてきたのです。ある団体の人々は、私たちが自然の一部とし て生きている人間であることを忘れさせようとしています。ある冷血な人々は、 私たちが想像を超えた神のような可能性をもっていることを忘れさせようとして います。さらには、私たちから人間性を奪う方向に働きかけ、自分たちと同じよ うに私たちをしようとしています。 自由ではなく、感情に囚われているのです 。 こうして仕組まれた考えは、書き換えることはできません。まさに革命と同 じということができるでしょう。

革命は、あるシステムを他のシステムと置き換えるだけなのです。反乱を起 こして、あなたのシステムからごみやちりを払い落とし、また新しいごみと置き 換えるのではなく、手放すのです。あなた自身が、多くの光を灯す人になるので す。  仕組みを置き換えるために、バイオントロジーが必要となります。バイオント ロジーによって、自然界における究極の真理を掴むには、「なぜ?」という疑問 を投げかけ続けるしかありません。もし、いくつかの問題を抱えているならば、 その問題の共通点を探してみてください。そして、共通点が見つかったら、さら に自分自身に「なぜ?」と問いかけてみてください。

 爬虫類ではない私たちは、人間の身体には、限りない可能性があること、 そして治らない病気がないことに気付いていくでしょう。不治の病はなく、人間 がその悪い習慣をやめることができないだけなのです。あなたは、あなた自身の 命に対して責任があります。他の誰かがその責任を取ってくれるということは決 してないのです。 他の誰かの手に委ねてしまった責任を、今あなたが取り戻す ときなのです。

2007年11月雑誌「Explore!」掲載コラムより

 

ページの先頭へ戻る