ホーム>すこやかな日々 > 「玉葱を切った時の目の痛み」と、その後日談

「玉葱を切った時の目の痛み」と、その後日談

■2014/08/11 「玉葱を切った時の目の痛み」と、その後日談
アレルギー総合セラピーを、ご両親とお子様3人で受けて頂いているご家族で、上のお子様2人が、「玉葱を切った時にとても目を痛がる」との事でお相談を頂きました。「涙が出る」と言うのはごく普通にある事ですが、それとは次元の違う痛がり方と言う事で心配されていました。

そもそも「玉ねぎを切ると涙が出る」理由は、以下の記事にありました。つまり、玉ねぎを切った時、玉ねぎに含まれているアミノ酸に玉ねぎの中の酵素が作用して硫化アリル(syn-プロパンチアール-S-オキシド)という物質を発生するからだそうです。この硫化アリルという物質は、専門的には催涙性(さいるいせい)物質とよばれ、涙腺を刺激し、涙が出るという原理だとの事です。

なぜ?玉ねぎを切ると涙が出る理由と4つのアプローチで涙対策
http://loco.my-farmer.jp/content/929

今回ご相談いただいたお子様の症状は、単なる「涙」でなく次元の違う「痛み」と言う事ですが、まず、玉葱から出る催涙性物質「硫化アリル」に対するアレルギーを疑って見る事にしました。しかし、調べてみると「硫化アリル」には、単独のアレルギーはありませんでした。そこで、症状からアレルゲンの組み合わせを探索してみたところ、以下のアレルギーが見つかりました。

(第1,2,3,4,5,6,7チャクラ)+(松果体、胸腺、嗅珠、副鼻腔、副甲状腺、リンパ腺)+硫化アリル

「硫化アリル」に、7つのチャクラと、6つのホルモン腺が組み合わさった、なんとも複雑なものです。このご家族5人のうち、このアレルギーがあったのは、ご相談をいただいた2人のお子様だけでした。でも、今回ご相談いただいた2人のお子様はいずれも小学生ですので、この複雑なアレルギーを自分でゼロから作り出したとはとても思えません。骨格部分はたぶん親から引き継いでいるにちがいありません。

そこで、上の組み合わせの中の、6つのホルモン腺のグループ(松果体、胸腺、嗅珠、副鼻腔、副甲状腺、リンパ腺)と結びついたアレルギーが他にないかどうか探索してみました。その結果出てきたのが下記のアレルギーでした。

(松果体、胸腺、嗅珠、副鼻腔、副甲状腺、リンパ腺)+鉄酸化菌、硫黄酸化菌、硫黄、歯周病菌、皮膚の常在菌

このアレルギーは、お母様と3人のお子様に共通してありました。つまり、お母様からお子様に引き継がれたアレルギーと言えます。そして、対応する症状を探してみると、どうも「首ののう胞」であることが分かりました。お母様と上のお2人のお子様には、首にいくつものう胞があると最初にお聞きしていました。また、鉄酸化菌や硫黄酸化菌が組み合わさっているという事は、のう胞の原因が「電磁波」である事が推測できます。

上の6つのホルモン腺のグループについてさらに調べてみると、35個の感情と結びついている事が分かりました。多くの感情と結びついたアレルギーは、どうも新たにアレルギーを作りやすいようです。それで、2人のお子様自身が、新たに「硫化アリル」と結びついたアレルギーを作る事になったのだと思います。新しいアレルギーを作り出さない為に、感情と結びついたアレルギーを探し出して、それを減感作して行く事が大切と感じました。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
すこやかの庄
http://www.taikosui.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都府中市押立町2-1-1 車返団地1-8-503
TEL:090-8109-9101
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/TXE8
Twitter:http://p.tl/jaXn
mixi:http://p.tl/tF0f
アメブロ:http://p.tl/ac8R
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ページの先頭へ戻る