ホーム>耳より情報 > オートファジーを阻害するマイコプラズマ・ファーメンタンス

オートファジーを阻害するマイコプラズマ・ファーメンタンス

■2016/10/31 オートファジーを阻害するマイコプラズマ・ファーメンタンス
前回に引き続き、もう一つ「ワクチン」によって身体に入って来たものが見つかりました。それは、ワクチン製造過程で偶発的に感染した「マイコプラズマ・ファーメンタンス」です。ケムトレイルによって撒かれたと推定される、「マイコプラズマ・ファーメンタンス・インコグニタス」とは別物と考えられます。

「難病」の原因としてのマイコプラズマ」⑨~マイコプラズマの感染経路
http://atanaha-clinic.jp/blog/?tag=%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%B9

(転載開始)

マイコプラズマはそれ単独では培養が困難なのですが、ヒト細胞を使った実験系においてはマイコプラズマ感染の汚染(コンタミ)が非常に起こりやすいのです。コンタミが起きると実験結果に影響を及ぼしますが、一度実験系の細胞に感染すると完全に排除するのはほぼ不可能だそうで、いかにそれを防ぐかが研究者の悩みのタネになっている、というくらいです。もちろんすべてのヒト細胞を使ったワクチンが汚染されているわけではありませんし、恐怖をあおるつもりでもないのですが、残念ながら、人間がやっていることですから、そういうこともあるのだ、という認識は必要なのかもしれません。

(転載終了)

今回までで、「ワクチン」由来の有害物質を4つご紹介した事になりますが、それらは基本的にはワクチン製造過程での偶発的な汚染によるものと考えられます。そして、何に汚染するかは、下記の通り、ワクチン製造に用いている培地に依存してしているものと考えられます。

<ワクチンに混入している有害物質>  <培地>
 ラウス肉腫ウィルス          ニワトリ胚細胞
 SV40ウィルス             サル腎細胞
 マイコプラズマ・ニューモニエ     感染マウス
 マイコプラズマ・ファーメンタンス   ヒト二倍体細胞

このような偶発的な汚染を完全に排除するのは不可能ではないかと言われているようです。ワクチンは100%安全なものでない事を認識しておきましょう。ケムトレイルや黄砂から逃れる事は出来ませんが、ワクチンを打つかどうかは自分で選択できます。

さて、今回ご紹介している「マイコプラズマ・ファーメンタンス」はどんな害をもたらすのか?
調べてみたところ、今話題の「オートファジー」を阻害している可能性が見えて来ました。と言うのは、下記の記事の中で紹介されている「オートファジー関連遺伝子」がいずれも「マイコプラズマ・ファーメンタンス」と結びついてアレルギーを作っていたのです。つまり、マイコプラズマ・ファーメンタンスが、オートファジー関連遺伝子の働きを阻害していると考えられるのです。

オートファジーと疾患
http://leading.lifesciencedb.jp/3-e006/

 <疾患>   <関連遺伝子> <オートファジーにおける機能>
 Vici症候群   EPG5      オートファゴソームの成熟及び分解
 SENDA病     WDR45     オートファゴソームの形成
 クローン病   ATG16L1    オートファゴソームの形成
 パーキンソン病 PARK2     マイトファージの誘導
 パーキンソン病 PARK6     マイトファージの誘導
 がん      BECN1     オートファゴソームの形成
 がん      SQSTM1     オートファジーに選択的な基質

上記の、オートファジー関連遺伝子以外にも、マイコプラズマ・ファーメンタンスに結びついているアレルギーは幾つか見つかっています。この後の中で更に研究していきたいと思います。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
すこやかの庄
http://www.taikosui.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都府中市押立町2-1-1 車返団地1-8-503
TEL:090-8109-9101
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/TXE8
Twitter:http://p.tl/jaXn
mixi:http://p.tl/tF0f
アメブロ:http://p.tl/ac8R
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ページの先頭へ戻る