ホーム>耳より情報 > 放射能や電磁波による健康被害の仕組みが見えて来ました。

放射能や電磁波による健康被害の仕組みが見えて来ました。

■2015/11/20 放射能や電磁波による健康被害の仕組みが見えて来ました。
前の記事で、私たちの身体は、体内で常時働いている「(Keap1-Nrf2)制御システム」により酸化ストレスから守られている事をご紹介しました。「Keap1」が酸化ストレスのセンサーの役割を果たし、「Nrf2」が防御遺伝子の発現を誘導して防御を実行すると言う役割分担のようです。ところで、現在の研究では、Keap1が感知する酸化ストレスは、活性酸素種や食物に含まれる親電子性物質などの、物質的なものが想定されているようですが、アレルギーの探索をしてみると、目に見えない電磁波がアレルゲンの組み合わせの中に存在している事がわかりました。つまり、Keap1は物質によるものだけでなく電磁波による酸化ストレスについても感知していたと考えられます。

この発見は大きな衝撃でした。と言うのも、今まで電磁波が人に及ぼす健康被害がどう言う仕組みで生まれるのかは、ほとんど分かっていなかったと言っても過言ではありませんでした。それが、(Keap1-Nrf2)制御システムに結びついたアレルギーの中に全て埋め込まれていると分かったのです。具体的には、(Keap1-Nrf2)制御システムと電磁波が結びついたアレルギーは以下の構成になっています。

(Keap1-Nrf2)+(電磁波ミックス)+(遺伝子ミックス)

この構成の中で、電磁波が人に及ぼす害は、一番右の(遺伝子ミックス)に入っています。近年遺伝子と病気の関係が精力的に研究されるようになり、特定の遺伝子の働きが阻害される事によって、どんな病気が引き起こされるかが分かってきました。ですから、それと付き合わせる事によって、電磁波の人に及ぼす害が明確に見えて来たのです。

一方、(電磁波ミックス)には、以下のアレルゲンが入ります。現在アレルギーの中に見つける事ができた電磁波に関わるアレルゲンになります。

・ジオパシックストレス(断層、水脈、広域碁盤目)
・紫外線

・高圧電線
・家庭電源(低周波交流磁界)

・携帯電話(0.8/1.5/1.7/1.9/2/2.1 GHz)
・PHS 1.9 GHz
・e mobile 1.7 GHz
・WiMAX 2.5/2.6 GHz
・LAN 2.4/5 GHz

・放射能(セシウム、トリチウム、放射性硫黄、プルトニウム、ストロンチウム、コバルト、ウラン)


■「ジオパシックストレス」及び「紫外線」は、人類誕生時からずっと引き継がれて来ているアレルギーであり、その分、結びついている遺伝子の数も非常に多いようです。「家系」に特有な病気などはこのアレルギーの中に刻み込まれています。全員が持っているアレルギーと考えられますが、以下の3つのパターンのアレルギーを持っています。アレルギーは、アレルゲンの組み合わせが複雑なほど強くなるようで、(3)のアレルギーが一番強いと考えられます。

(1)(Keap1-Nrf2)+ ジオパシックストレス +(遺伝子ミックス)
(2)(Keap1-Nrf2)+ 紫外線 +(遺伝子ミックス)
(3)(Keap1-Nrf2)+(ジオパシックストレス、紫外線)+(遺伝子ミックス)

■「高圧電線」及び「家庭電源」は、戦後急速に普及して来たもので、せいぜい70年の歴史しかありません。アレルギーの増え方としては、まず(3)の電磁波ミックスに「高圧電線」及び「家庭電源」が追加される形だと考えられます。その後、被曝量の多い人に、(4)の単独アレルゲンのアレルギーが追加されてくるのではないかと思われます。

(3)(Keap1-Nrf2)+(ジオパシックストレス、紫外線、高圧電線、家庭電源)+(遺伝子ミックス)
(4)(Keap1-Nrf2)+ 高圧電線 +(遺伝子ミックス)

■携帯電話以下は、最近の20年、とりわけここ10年で急速に普及して来ました。携帯電話は常時身に付ける人が多くなり、家庭では夜も無線LANの電波を浴びる人が多くなっているようです。アレルギーの増え方は上記と同じで、まず(3)の電磁波ミックスに次々に追加され、(3)のアレルギーはより複雑になり、さらに強いアレルギーに育っていきます。携帯電話の使用頻度の高い方は、新たに(5)のアレルギーを作ります。(PHS以降、同様にアレルギーが追加されてゆきますが省略します。)

(3)(Keap1-Nrf2)+(ジオパシックストレス、紫外線、高圧電線、家庭電源、携帯電話(0.8/1.5/1.7/1.9/2/2.1 GHz))+(遺伝子ミックス)
(5)(Keap1-Nrf2)+ 携帯電話(0.8/1.5/1.7/1.9/2/2.1 GHz) +(遺伝子ミックス)

■2011年の福島原発事故以降、低線量被ばくが継続しています。ほとんどの人に(セシウム、トリチウム、放射性硫黄)の組み合わせのアレルギーがあり、一部の人に(セシウム、トリチウム、放射性硫黄、プルトニウム、ストロンチウム、コバルト、ウラン)の組み合わせのアレルギーがあります。この場合も、まず(3)の電磁波ミックスに「放射能」が追加される形でアレルギーが追加されたと考えられます。ですから、最初の放射能の影響としては持病の悪化と言う形で表れていたはずです。その後、被曝量の多い方に、(6)のアレルギーが生まれ、新たな症状が追加されて来ていると思われます。

(3)(Keap1-Nrf2)+(ジオパシックストレス、紫外線、高圧電線、家庭電源、携帯電話(0.8/1.5/1.7/1.9/2/2.1 GHz)、放射能)+(遺伝子ミックス)
(6)(Keap1-Nrf2)+(放射能)+(遺伝子ミックス)


このように、様々な環境変化によって、電磁波ミックスの組み合わせが、100年前と比べると驚くほど複雑になってしまいました。それに伴い、アレルギーの強さは増し、これで病気にならないのが不思議なくらいになって来ています。これらの環境変化は個人ではどうしようもないものも多いのですが、携帯電話や家庭での無線LANなどは、まだ個人の選択余地があります。特に家庭での無線LANは、無防備な就寝中に電磁波を浴び続ける事になり、とてもアレルギーを生みやすい条件で、事実多くの方がアレルギーを持っています。そこで私はスマートホンも持たず、家庭では無線LANを使わないようにして、便利さを捨てて健康を選択しました。人生は選択の連続で、何に重きを置いて選択するかが問題ですが、是非健康を最優先に考えていただきたいと思っています。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
すこやかの庄
http://www.taikosui.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都府中市押立町2-1-1 車返団地1-8-503
TEL:090-8109-9101
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/TXE8
Twitter:http://p.tl/jaXn
mixi:http://p.tl/tF0f
アメブロ:http://p.tl/ac8R
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ページの先頭へ戻る