2017年11月

しばらくの間セラピー間隔が開くかもしれません。

ブログの記事で、100年前から始まったワクチン接種により、私たちは尋常でない数のアレルギーを蓄積する事になってしまった事を書きました。ワクチンに結びついたアレルギー群は、当初30程見つかり、その後どんどん増えて120程が見つかっていました。そして、そのほとんどは遺伝子に結びついたアレルギー群で、唯一遺伝子ではないのが「カテキン」に結びついたアレルギー群でした。

その後、遺伝子以外のアレルギー群が1つだけと言うのは、「ちょっと変かな?」と思い探索していた中で、以下の意外なアレルゲンの組み合わせを見つけました。

(糠(ぬか)、カテキン、プロラミン)

上記のアレルゲンの組み合わせが、ワクチン製造過程で使われる、「合成液体培地」と結びついていた事から、恐らくワクチンに混入していたと言う事が推測されます。

糠は「ぬか漬け」でおなじみですし、カテキンは緑茶にも多く含まれています。プロラミンは、小麦などに含まれる「グルテン」の主要な成分ですので、いずれも古くから日常的に食物から摂取してきているアレルゲンであり、本来はそんなにアレルギーを作るものではないはずです。ただ、これらが注射によって直接血液の中に入り込んで来た事によって、アレルギーを生んだと考えられます。

上記の3つのアレルゲンとワクチンが結びついたアレルギー群を探索したところ、約50のアレルギー群が見つかりました。そして現在これらのアレルギー群を減感作する為に、アレルゲンの組み合わせを探索しているところです。1つのアレルギー群は、15程度のアレルギーの集合で、それら全てのアレルギーについてアレルゲンの組み合わせを探索するのには約3時間以上かかります。それを、50のアレルギー群について行うには150時間以上かかる事になります。

セラピーをお休みして、上記の作業に専念する訳にも行きませんので、毎日少しずつ進める事にしております。つきましては、現在セラピーを受けて頂いているお客様へのお願いですが、しばらくの間セラピー間隔が1週間程度に伸びてしまう事をご了承頂きたいと考えております。上記の状況をご理解の上よろしくご協力をお願い致します。